2017年06月02日

こっそり隠れてゴックンしましょう♪  「SULAIMAN」

 

コッソリ2人で、人目を忍んで何かをする
っていうのは、どうしてあんなにもドキドキするものなのかしらね…?
 

“ 車の中でかくれてキスをしよう ”
なんて、昔のミスチルの歌にもあったけれど。

例えばみんなといる飲み会で、
わざと隣同士に座り、テーブルの下でそっと指を絡め合ったり。
ふと席を立つタイミングを合わせて、大きな柱の陰でイタズラっぽく口づけたり。。
 

車の後部座席で、運転手に気づかれぬよう声をひそめて漏らす吐息。
スカートの奥まで静かに這わされる指。
闇に紛れて、ズボンのチャックの上をまさぐる戯れ。
 


1302225944_1187b.jpg



そう…  ある夜などには、カーテンの向こう側で、
光に反射して、影が向こう側から透けて見えることにも気づかぬほど
夢中で 咥えて、しゃぶって、いっぱいゴックンした

 
そんな乱れた場面もあったわね。。。
                                  
                                  
                                  




s18834675_1331792820234035_623275434_n1.jpg

こっそり隠れて ビールを ゴックンしまくったの♪



だってね! ここは、
奥の、目立たぬところでしか飲ませてくれない お店なんだもの!!

『 こっそり隠れてゴックンしなさい 』 と店側が言ってるw
あ、提供されるのは ビールのみ ねっ。
写真に一緒に並んでる、紹興酒とか白酒は我々の持参品ね (爆)



ちなみに、このお店で、
紹興酒に浸して飲むための千切り生姜  ※ 中国語では、姜絲=ジャンスー という
をちょうだい、と頼むと ↓↓ こうやって出てくる。 毎回たらーっ(汗)

ssDSCN9952.jpg  千切りか、コレ?w



・・・ちょっと話が逸れたけど、
あ、こっそり隠れてゴックンしたのはビールとかお酒ね。
こっそり隠れて咥えて、しゃぶった のは、



ssDSCN9951.jpg

コレね☆  新疆ウィグル自治区風の、羊肉串 ね!



↑ 写真をご覧になって、
「 え? つまり、サテカンビンでしょ? 」
と思われた方、この国においては大多数かと。。 でも、


全然、違うのです。



上海に住んでいた頃は、近所などあちこちにあった、
中国の新疆ウィグル自治区の特色料理である、羊肉串 を外で焼くお店・・・。

魔法の粉 (笑) と呼んでいた、
独特なスパイシーさが絡み合う香辛料を大量にふりかけた羊肉串が蜜の大好物
で、これはインドネシアで一般的な甘いタレのかかったサテカンビンとは、
羊の串なのは同じでも まったく似て非なる食べ物!!




この蜜の、譲れない “新疆風の羊肉串” への愛とこだわり、
それがジャカルタでは見つからず諦めていた無念を、理解してくれた唯一の人が、

ssDSCN9565b.jpg


おそらく… いや絶対に。

ジャカルタでたった1軒しかない

新疆ウィグル料理専門店 「SULAIMAN」



を、ある日教えてくれたことから、
蜜の運命までもが大きく変わった。 これがきっかけ。 本当に。。
だから忘れられない。




sssDSCN9565a.jpg  「SULAIMAN」 のある Jl. Batu Ceper は、

車上荒らしが多く、実際に被害に遭った駐在員もいるとのこと
なので、持ち物への油断にはご注意を。

写真の端が切れちゃっているけど、大きな “ 茶 ” の一文字が目印で、


ssDSCN9566.jpg
看板の 「SULAIMAN」 の文字の下に位置する広い玄関口

… は、 ハラル専用でアルコールの提供が一切無し!!!
飲みたい人の入口は、そっちじゃなくて、



ssDSCN9582.jpg
その右隣。 (いかにも中国風なw) ビニールの カーテンの奥でゴックンするの☆


ハラル用の、真っ白で明るい表玄関とは打って変わった、
ほの暗い橙色の灯りに満ちて、カーテンの向こうが妖しく透けて見える
そんな端っこの一角で、お酒はコッソリ隠れて愉しみなさいとw

※ 別にラマダンの時期とかに限らず、ここは1年中そう。笑



ssDSCN9581.jpg
でもカーテンの内側へ入ってしまえば、そこそこ小綺麗な店内。 円卓の個室も完備◎


sDSCN9569.jpg sDSCN9573.jpg
メニューは、もう開いた瞬間から蜜を大興奮させ…  ※ メニュー写真はクリックで拡大表示できます


懐かしき、中国の地方特色料理がズラリ!!
しかも 中国語オンリー!!! (笑)  この徹底ぶりがそそるの。

おそらく隣のハラル用フロアには、
インドネシア語で書かれたメニューが置いてあるのだと思う。。
未確認だけど。 まぁ全料理、写真付きなので言語はそれほど支障ではない☆



ただ蜜にとっては、過去の上海生活を彷彿とさせる料理ばかりで感涙!

ssDSCN9579.jpg ssDSCN9949.jpg
たとえば、この写真左の ↑ 葱爆羊肉 Rp98,000 なんてね… (羊肉と長ネギの旨塩炒め的な)


上海での住まいの近所にあって、よく通ってた
中国・東北餃子のおいしい 「劉記」 で必ず食べていた大好物の1品ぴかぴか(新しい)

写真右のニラ炒めには、羊肉串と同じ香辛料がどっさりと♪


ssDSCN9948.jpg
手前の木耳 (キクラゲ) の炒めもオツだったし、その後ろにある一皿がまた・・・☆


これも 上海 「劉記」 で絶対に頼んでいた、 地三鮮 という食べ物。
日本でいう肉じゃがのような一般的な家庭料理なのだけど、
お肉は入れないで、じゃがいも・なす・ピーマンで作るのが基本。

それが、こんな遠くジャカルタまでレシピが運ばれてきても何も変わっていない
ところに感動と懐かしさがね。。
地三鮮も葱爆羊肉も、素朴なそのまんまが嬉しいの◎



ssDSCN9571.jpg sIMG_0087.jpg
新疆料理といえば、これも外せない! 涼皮 (Rp48,000)  そして注文失敗の麻婆豆腐。。w


涼皮の麺は、よくウィグル人が店先で両腕いっぱいに伸ばしてるのを見たなぁ。
四川料理とはまた違う独特のエスニックなタレで頂く。

で、その四川料理の代表である麻婆豆腐を、
ここ (新疆料理屋) で食べようっていう試みがそもそも間違いたらーっ(汗)
微妙なのは仕方ない。


・・・けど、同じく四川料理の 辣子鶏 は、
このお店でもフツーに美味しかった♪  ( ↓ 下の写真、左上の唐揚げね)


ssDSCN9574.jpg
そして、 「SULAIMAN」 で一番のお目当て 羊肉串 の絶品さたるや黒ハート


クミンや花椒なども混ざっている新疆料理特有の香辛料に味付けされた
ジューシーな羊肉を、炭火で香ばしく焼いた串。

これにジャカルタで、ようやく巡り会えた時の満足感はね・・・
もう、うまく言葉にならない。



探していたのよ、ずっと。

見つかるとも思っていなかった。
諦めたはずなのに、諦めきれなかった。。  長かったわ。




蜜がコレに激しく愛着が無かったら、おそらく実らなかった繋がり。
結びついた不意なご縁は、
その後の蜜を、何もかも大きく変えて、
やがて… 『 ようやく、報われた 』 という大きな救いを得ることになるのです。






↓「ただの羊肉串が、ずいぶん壮大だね?w」 と思ったら バナー画像をポチッと♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
こういう柄のシャワーカーテンが売ってるんだって。。 記事冒頭の画像は、それに加工をしてみたの♪

↑1日1回ここをクリック ブログランキング応援 お願いします☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■SULAIMAN CHINESE MUSLIM RESTO■ (新疆ウィグル料理)
Jl. Batu Ceper No.73, Kebon Kelapa, Gambir, Jakarta
Reservations: 021-351-1757

 





2017年05月19日

ねぇ、マンチュリアン、、しよ?  悩ましげに誘う 「LITTLE INDIA」

 


s18447942_1315845538495430_1370378716_n.jpg



ねぇ、何をねだっているか、貴方に伝わるかしら・・・?
  

ちょっと恥ずかしい言葉だけど、
今ここで、どんなコトしてみない? って誘惑してるのか当ててみて。
他の誰でもない、貴方と愉しみたいのよ。
 

“ マン チュ リア… ン 黒ハート
   



あぁん、もうっ。 答えを焦らさないで!! 
オンナから誘っているのよ?
 
貴方の耳元に唇を寄せて、悩ましげな吐息を漏らしながら
何度でも囁いてお願いしちゃうわ。。
   

だって、どうしても、貴方とこの悦びを分かち合いたいんだもの・・・・・
                                     
                                     
                                     
                                     

ssDSCN9436a.jpg

チキン マンチュリアン の美味しさをね 黒ハート



ね?!
なんて、いやらしい響きをした名前の食べ物なんでしょ (笑)

マン… を、チュリッと舐めて、アァ〜ン♪   みたいなね? ってコラw



だけど元々インド料理にお詳しい方だったり、
あとは、その語源を知ってしまうとね。。。 別に、なんらセクシーなことはなく、

“ 満州風 ” な味付けをしたチキンの香辛料炒めって意味で、
まんしゅうふう → マンチュリアン と訳されたというだけ。


つまりインドにいる華僑がルーツの食べ物。
特に中国っぽいアレンジを感じるのが、ここに長ネギが入ってるとこかな☆
インドでは、庶民的なメニューとして幅広く食されているようで、



ssDSCN9423.jpg
でもジャカルタではなかなかお目にかかれないのに、このお店 ↑ にはあるんです!!


タムリンレジデンス Level G (日本でいう2階) に並ぶ、
こぢんまりとして、まるでカフェみたいな店構え…  のくせに、

本格的なインド料理が数多く揃う


ちょっと穴場的な、 「LITTLE INDIA」 というレストラン。
目立たない感じでお客さんも少なめ。。



sDSCN9419.jpg sDSCN9422.jpg
なのに、メニューの豊富さはかなりのもの!  ※ メニュー写真をクリックすると拡大表示できます


そのラインナップの、あまりの幅広さと本格度は、
インドに長期滞在していた元・駐在員を唸らせてしまうほど という☆



ssDSCN9429.jpg ssDSCN9431.jpg
ビールもある から、鉄板の上で熱々のスパイシーなケバブとかとの相性も抜群◎



ssDSCN9438.jpg
蜜の大好物! Vindaloo も、もちろんちゃんと置いてあるの黒ハート


カレーと見た目は似てるけど、 辛さのキレと奥行きは数倍違う
(と蜜が思っているw) Vindaloo という食べ物については コチラ でも熱弁したけど、
「LITTLE INDIA」 のそれも間違いなく美味しく、しかも、


sDSCN9425a.jpg
ナンのみならず、ライスだけでもこんなに種類が揃っていて・・・


Jeera Rice という、 クミンで炊いたごはん がまた最高なの♪
独特の風味が、各種カレーや Vindaloo の旨味をさらに引き立ててくれる。




ssDSCN9439.jpg


インド料理によく合う赤ワインなんかを持ち込んで、
カジュアルに、だけど本格的なラインナップを楽しみたい夜などに、ここはオススメ。



少し前に日本の CM で、
『 リッチしよう。 』 と清純派女優さんに言わせるのがエロくてけしからん
ってことで打ち切りになったシリーズがあったのだけれど、

そんな感じで、ちょっと悩ましげに艶っぽく、


“ ねぇ、今夜・・・  マンチュリアン どう? ”


なんて上目遣いで誘ってみたら、
そこで反応してくれない殿方なんてまずいませんって!






↓「え、なにを根拠に断言してるの?w」 と思ったら バナー画像をポチッと♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
そんなに 「エッチしよう」 に聞こえるかなぁ? (そこがまた想像も 股間も 膨らんでイイのにね…)

↑1日1回ここをクリック ブログランキング応援 お願いします☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■LITTLE INDIA RESTAURANT■
Thamrin Residence, Level G Unit RGE11
Jl. Thamrin Boulevard, Jakarta
Reservations: 021-2949-6288

 





2017年05月05日

指がおいしい… と呟いてペロリと舌で舐めまわす夜。 「PONDOK Sedap Malam」

 


ほんのつい先程まで、ちょっと動揺するくらい激しく暴れ蠢いていたモノが、
色味はさらに 鮮やかな赤さ を増し、黒光り してギラついている、
その様子を見たら思わず、
 

「 すごい・・・  大きい。 」
 

と溜め息まじりに呟きながら、つい目を潤ませてしまった蜜に、
『 この黒々とした感じが好きなんだろう? 』
そう言って彼は笑った。
 


えぇ。。 コレが大好きなの、早くしゃぶりつきたいの!
と昂ぶる気持ちを抑えられないまま、そろそろと指を伸ばして、掴む。
 

「 あ、カタい…… 」
 

当たり前のことに、はにかんでしまう。
ちょっと恥じらいながら、指先に付いたドロッとしたのを



syubiname170504.jpg

舌でペロリと舐めまわして。
 


「 あぁ、指がおいしい。。 」

悪戯っぽく、何かを狙うような目つきをして恍惚の表情を浮かべる。
そんな蜜の笑顔と舌使いをご満悦そうに見つめた彼は、
いったい何を想っていたのだろう…?
                                





その晩を共にしたのは、

ssDSCN0546.jpg
ここ。 Jl. Batu Tulis Raya No.9 にある海鮮料理店の 「PONDOK Sedap Malam」


ssDSCN0548.jpg ssDSCN0547a.jpg
Jl. Batu Tulis Raya の通り沿いで漂う、イカンバカール (焼き魚) の香りが目印かな。


「PONDOK Sedap Malam」 は、いくつか支店があるらしく  ※ 看板にも書いてある
その中で蜜が連れていってもらったのは、コタ地区のこの店舗。


ssDSCN0551.jpg ssDSCN0569.jpg
お店の、広〜〜い玄関口には、片側に数々の海鮮が選べる水槽。 もう一方が大きな調理場!


蜜が 「PONDOK Sedap Malam」 に案内された理由は、ただ1つ。
とある 『 黒々とした感じが好きなんだろう? 』 的なモノがここにはあって、
絶対に蜜が喜ぶだろうから連れて行きたい、と。



まずは 選ぶ ところから♪


ssDSCN0550.jpg
↑ コレが、 “ ちょっと動揺するくらい激しく暴れ蠢いていたモノ ”


蟹さーんぴかぴか(新しい)
紐で結んで縛られてはいるものの、まだまだ元気!
指を出したら、危ないかも。 鋭い爪を振りかざしてくるから!!

実際、それで蜜をビクッと脅かしてきたw



そんな 新鮮そのもの な蟹ちゃんを、こうやって調理してとお願いした・・・・


ssDSCN0561.jpg

(茹でたから) 鮮やかな赤さ を増し、
  (ブラックペッパーソースで) 黒光り してギラついている ”


kepiting lada hitam 黒ハート



ブラックペッパークラブ のことね☆
これこそが、蜜の一番大好きな蟹料理の味つけなの!!!

なにせ胡椒を愛してやまないものだから…。
遡ること8年前、 上海からシンガポールを訪れた際に食べさせてもらった
のが、懐かしき最初の出会い。

シンガポールといえば、代表的なのは “ チリクラブ ” のほう
だと思うけど、胡椒マニアな蜜は “ ブラックペッパークラブ ” が何よりも好み♪



・・・というようなことを話したら、
蜜と同類の胡椒狂いな人が 『 それはジャカルタでも食べられるよ! 』
と教えてくれて。。


ssDSCN0564.jpg

「 あぁもう、 (ソースまみれの) 指がおいしいよねっ 」


って、2人で悶絶しながら食べちゃった黒ハート
ブラックペッパーソースが付いてどろどろになった指先を互いに舐めながら。



大きな蟹の、カニ爪が立派すぎて、案外剥きづらく、

ssDSCN0565.jpg

(殻が) カタ〜い。。 」


と甘えてみたら、
男らしくバキバキと割って全部とってくれた!! わーいありがと (笑)

↑ でも、この蜜の甘えが後々アダとなる。。。




ssDSCN0558.jpg  ちゃんと店内には ビールもあるの◎
しかもジョッキはギンギンに冷えているという優秀っぷり☆


ssDSCN0562.jpg ssDSCN0563.jpg
揚げたエビは、telur asin (塩漬け卵) で和えてもらって。 これも蜜の大好物な調理法♪


ソースがけばっかりだと味が単調になって飽きちゃうから。。
基本的には、このお店のメニューは、
対象の食材を決めたら、数種類ある調理法も選んでオーダーするって方法。


ssDSCN0557.jpg
メニューには、 「PONDOK Sedap Malam」 の各支店の紹介も載っている。


↑ この一覧を見て、
場所柄から、華僑系をターゲットにしたお店なんだろうね〜
みたいなことを話しながらビールを飲んで、蜜はちょっと中座させてもらい。。


そして、
席に戻ってきたらコトは起こっていた。



ssDSCN0566a.jpg


き、きっと気を利かせて、
蟹と同じように 剥いておいてくれた んだ、、 と思う。。。。


でも!!!



( 貝って、剥き身が山積みになってても食べごたえ無ーーーい! )  ← 心の声w

いえ、普段こんなに甘やかされることなどないもので…
不慣れだったの黒ハート
その愛情はすごく嬉しかったけど、ただ


貝とはやはり、 くぱぁ〜っとさせて ひん剥く
行為にこそ悦びがあるものでしょ?!







↓「蟹だって甘えんのも大概にしろよ!w」 と思ったら バナー画像をポチッと♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
手掴みシーフードを食べに行くデートって 『おいしい』 よね、いろんなイミで♪

↑1日1回ここをクリック ブログランキング応援 お願いします☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■PONDOK Sedap Malam■
Jl. Batu Tulis Raya No.9, Jakarta
Reservations: 021-3860-280 / 021-3520-509
※ 他にも5軒ほど支店あり。 詳しくは記事中の写真をご参照下さい