2015年07月30日

地上80mから街を見下ろす窓ガラスに、手をついて・・・

 


s11793373_842664089146913_1424040503_n.jpg



高層ホテルの、こんな眺望のお部屋に通されて。



思わず胸が高鳴る。

開放的で大きなガラス窓の下方には、
身を乗り出すのに丁度よい高さに張り出した棚状の淵もあるので、

そうしたら、まあ・・・
 


swindow1507a.jpg
こう手をついて、お尻をグッと高く突き上げながら、覗いてみたくなるでしょう?
   


眼下に広がる街並み。 公園。
向かいのオフィスビルからは、もしかしたらこちらが見えていたりして…?

     

抜群の眺めとロケーションの、こんな一室にいるのが
いいオトナ同士ならば、もうやることと言ったらひとつですよ♪




s11793314_842665302480125_562184243_n.jpg


ほら。 バスタブからだって、景色丸見えなんだから黒ハート

  
贅沢すぎる空間で、
あとはどうぞ・・・  ご 自 由 に 。






ssDSCN0270.jpg
というわけで、 所変わって ランカウイ島 からクアラルンプールへ参りました〜!



蜜って、、
旅は大好きなんだけれど、その記録を書き残すことが苦手なのかもしれません…たらーっ(汗)

なぜなら多分、
どうしても旅行って写真撮るので、アップする画像枚数も多くなり、
そもそも常日頃から長ったらしいこのブログが、
さらに長くなって、読者の皆さまも最後まで読まれるのが苦痛なのではと思い、


「 あまりムダなことを書き連ねるのはやめなきゃ! 」
って気持ちが働いちゃうから。

もしくは、むしろ
余計な話 だけ を書いて、 肝心の旅先がどことか一切触れない 記事にするかw
(そんなことも過去にやりました…  ↑ この時ネ )


そうでもしないと、
個人的嗜好と煩悩だけで成り立っているような (ホントだよ) このブログへの
モチベーション? が、蜜自身の中で下がってしまうというか・・・。

写真整理にも時間を要するし、筆がうまく進まない。。
など諸々あって、更新も遅れてしまい、
頻繁に当ブログを読みにいらして下さってる方々には申し訳ないです。
いつもありがとうございます!!






ってことで、さくさく進めていきましょー。


ssDSCN0250.jpg



マレーシア・ランカウイ島で、
異常なほど安い免税アルコールと、サラウンドで波の音を楽しんだ水上コテージ
に別れを告げ、



ssDSCN0259.jpg
一路、クアラルンプールへ☆


マレーシアは、空港から街中までが意外に距離があって、
この ↑ KLIA エクスプレスというのに 30分ほど乗車するのですが、


外国で乗る電車、久々ー!!


で、興奮しまくりw
普段のジャカルタ生活では、そうそう乗ることはありませんからね…。
(地方へ行く長距離列車ならあるけど、電車が日常的な交通手段という国ではないので)




ssDSCN0264.jpg
こっ、、 ここは近未来都市か?!  まるでドラえもんの世界のようだ (言いすぎ)


… いやいや、落ち着け、蜜。

単に、ジャカルタにこういう風景は存在しないだけで、
おぬしの生まれ育った東京の街や、第2の故郷のように思っている上海には
こんなもの、フツーにゴマンとあっただろう?

思い出せ、思い出すんだ!!




ssDSCN0437.jpg

んー・・・   いやしかし、都会だな KL (笑)



田舎っぽさがウリ? の ジャカルタとの差に終始、圧倒されっぱなし。
で、その駅 KL セントラルの真上にある、


ssDSCN0439.jpg
『 左に行くとヒルトン、右に行くとメリディアンでございまぁ〜す♪ 』   ※ バスガイド風


↑ なんだ、この建て構えw


ずいぶん… 変わったエントランスの作り方です。
ホテルグループも違うのにね?

でも、フロントがこうなるのも無理はないというか、本当にこの2軒隣り合ってます。



ssDSCN0267.jpg
宿泊したル・メリディアンの一室、大きな窓辺からの素晴らしい眺望♪


・・・の下に見えるプール、これ両ホテル共用ね (笑)


まぁ、おかげさまで広々してるし、ウォータースライダーまであって楽しかったけど♪
そんなプールの真後ろに、
棟は別ながら、同じ形のビルが2つ横に並ぶヒルトンとメリディアンです。





さっそく、市内観光とゴハン。

ssDSCN0315.jpg
蜜といえば、 チャイナタウン にまずは繰り出すのですよ、やっぱり。


懐かしさを求めてね。

なにを買うわけでもないのだけれど、ゴチャッとした活気の中に身を置いて、
漢字と中国語の飛び交う市場や露店に来ると、落ち着くの。


ssDSCN0328.jpg
んで、こういう屋台系でゴハンを食べさせると、蜜はムダに元気がみなぎるの☆


こういう所、ほんと大好きー。
しかも、


sIMG_1104a.jpg sIMG_1103a.jpg
ちゃあんとビールあるんだもんね♪ 冷蔵庫で冷えっ冷え、ギンギン!  食も進むよぉ〜♪


決して綺麗とは言い難いローカル屋台で、
おいしい中華まん、焼売、水餃子、湯麺をビールと味わう幸せっ黒ハート

ジャカルタではほぼ無い楽しみ。。




… いや、インドネシアだって
ワルンとかカキリマ自体はあるのよね。  ※ 小さい食堂っぽいのや、移動車屋台のこと
でもアルコールの用意がない。 じゃあその辺で買って持ち込みたくても、

コンビニに、一切のお酒がない。


『 今年4月より、売り場面積○平方m以下の小店ではアルコールを一切販売禁止 』
とか しやがりました どこぞの国とは、雲泥の差なマレーシア☆

同じようにムスリムの多い国、しかもイスラム教を国教にまでしてるのに、
どうしてこうも政府の方針が違うのだろう。。。

インドネシア、好きだけど、お酒に関しては本当に窮屈すぎるたらーっ(汗)





あ、、 つい日頃の愚痴をぶちまけて話が逸れてしまったわっ (汗)


ssDSCN0332.jpg
チャイナタウンをひとしきり楽しんだ後は、近くのセントラル・マーケットまで散策。



・・・が、ここから ヒマを持て余す orz



いや、見るもん買うもんが特にないのよねー。

中華街でたくさん並んでる、ニセモノブランド品には興味なし。
チャイナ風雑貨は、昔すでに一通り買って持ってる。
アジアン雑貨は、似たようなのがインドネシアにも売ってるので目新しくないw


他ですることと言っても・・・
タワー系には、夜景を見に昇りたいから昼間じゃダメだし、
インドネシアから来てるのにモスク見学とかしようとも思わないし (苦笑)
なんか広い公園? は、ホテルの部屋の窓から見えるので十分。。




【 結論 】

ssDSCN0340.jpg
ホテル帰って、プールサイドで飲んで、寝る。w



あまりにも夜までやることがなさすぎて。。
でもさ、こんな気持ちのいい場所で、ほろ酔いで、お昼寝をする。
これが一番のゼータクな時間の使い方かもね?黒ハート




sIMG_1123.jpg
あ、そうだ…  これだけ露店で買った。 10RM (約 320円!)


ってことで、ホントに、、

下半身がいくつあったら足りるんでしょうね、蜜。


ま た も や 買ってしまった… ホットパンツ……
でもだって、たったの 300円ほどで、こんなに可愛いんですよっ?
お買い得すぎて素通りできないよぅ。。





ところで、
マレーシアは、この時期、日が長いようだった。
19時半〜20時ごろにならないと暗くならない。 (あ、今ビミョーに話題すり替えたね?)

で、夜の帳が降りるのを待って、


ssDSCN0353.jpg
KL タワーに昇ろうと、 ようやく再び出かける。



KL タワーだって、丘の上にあるし、展望台は 276m 地点。
なかなかの高さから、夜景を一望できます☆



ssDSCN0371.jpg
ジャカルタとは違いすぎる 街全体を覆うようなイルミネーションの数の多さに感動しながらも・・・


↑ 写真・中心に煌き浮かぶ、この KL の象徴ともいうべきツインタワー。

な、なんと、
レバラン期間中はずっと、タワーの展望台はすべて 【 休業 】
などという、衝撃の商売っけ無さぶり!ww




ってなわけなので、
ツインタワーの上に昇って夜景を望むのは旅程上不可能となったので、
この KL タワーからの眺めだけで早々に諦め、


sIMG_1117.jpg

アロー通りで、またまた楽しいチャイニーズ屋台飯よ♪



蜜、これしかしてない気がする… (笑)
が、とにかく美味しいローカル中華を食べまくりたくて仕方なかったの♪

すごい活気の裏通り。 いるだけで、たのしーー!
中国らしい洗濯物の干し方さえ、蜜にノスタルジーを感じさせてくれる。



ssDSCN0397.jpg
迷うほどある屋台に並ぶ食べ物は、みーーんな馴染みのある、好きだったお料理ばっかりだし☆


sIMG_1106.jpg sIMG_1107.jpg
でも折角のマレーシアなので、ラクサも食べました◎  冷たいビールに、貝、エビ、豚肉! 幸せ!!



本当は、この後、
KLCC 周辺の夜景がきれいなバーとかにも行こうと思ってたんだけど、
部屋にも結構な量のお酒 (ランカウイから持ち込んだもの)
があるので、ホテルで飲むことに。



で、その翌日は、


ssDSCN0417.jpg

またまたローカル中華w



まったく・・・たらーっ(汗)
ホンットに、これしか楽しんでないクアラルンプール滞在のような気もするけど、


sIMG_1101.jpg
小奇麗じゃない、路面店の気軽な食堂巡りが、アジア旅行の醍醐味の1つだと思うの。


大好きなのよ。 そこに冷えたビールさえあれば黒ハート
もっちろん、このお店でもキンキンよぉ! (笑)



ssDSCN0419.jpg
実は ↑ ここだけはガイドブックを頼って行った所なのです☆  「ソー・キー」 という老舗。


ブキッ・ビンタン周辺 (14, Medam. Imbi) だけど、
モールやバーなどが立ち並ぶ派手な通りからはだいぶ外れた場所にある。
『 るるぶ 』 に載っていた、ここの名物、


ssDSCN0431.jpg

エビソバ が、どーーーしても食べたくて。 これ絶品!!!



固焼きそばみたいな麺の上に、
ドドーン! と大きなエビ1匹を半分に割った身と、
ふんだんに染み込んだ海老のエキスに生姜、卵などが入ったあんかけが絶妙◎◎


sIMG_1100.jpg
豚肉チャーシューの炒めも最高。  でもなにより立派すぎるエビの乗ったソバ、美味しい☆★





最終日に、念願の 「ソー・キー」 の味を楽しんだら、
なんかもう KL 満足しちゃって、


ssDSCN0458.jpg

ツインタワーへの感動は薄かった。。 (苦笑)



というかですね、


ssDSCN0453.jpg

「 もう定員なので、今日は昇ることはできません 」


って言われて、展望台チケット売り場から追い返されたんだもの・・・。
そりゃあ萎えるでしょ?


レバラン中はしっかり休業する上に、定員制だなんて、
その激しく商売っけのなさすぎる営業態度に、かえって清々しさすら覚えたわっw

まぁ、またご縁があったら昇ることにします。






さて。。  そろそろ、のんびりした旅行も終わりが近づいて (涙)
これが蜜の、最後の楽しみ!!


ssDSCN0465.jpg

クアラルンプール空港の マレーシア航空ラウンジ探訪よ♪



ジャカルタなどへ戻る近距離路線側のターミナルのラウンジは
たいしたことはありません。 普通です。

でも、長距離路線側のターミナルまで足を延ばせば、
マレーシア航空が誇る国際線ラウンジである、ゴールデンラウンジ
に辿り着きます☆

遥かにレベルが違うので、お時間あれば寄る価値大です!!



ssDSCN0468.jpg
シャンパンだって置いてあります。 2杯とも、蜜のよ☆とーぜんw


ものすごく広々〜として、優雅〜なラウンジのダイニングからは
ちょっと外れたバー・コーナーに、アルコール類は固めて提供されています。

食事の方も、なかなかの充実っぷり◎
軽食的なフィンガーフードだけでなく、サラダもあって、
ヌードルバー、スープ、本格的な食事になるようなおかずも数種類!


この楽しさは、
香港 CX ラウンジに勝るとも劣らないレベル ぴかぴか(新しい)

※ スカルノハッタだって、もう少し頑張ってほしいものだ。。 一応、首都空港なんだし。




sDSCN0472.jpg
さぁ、ジャカルタへ帰りましょうか。


この記事で、
マレーシアに比べてどう、とか色々自由に書き散らしましたが、
それでも蜜はインドネシア好きなんですよ?


住めば都、とはよく言ったもんでw
というのもあるけれど、いや 手のかかる子ほどカワイイ じゃないけれども、
なんか 【 出来上がりすぎてないとこ 】 がね・・・

↑ ほ、、 褒めてるんだよっ。
まだまだ未知数で、もっと良い面を探り出したいと思えるから黒ハート






長すぎる記事にお付き合い頂き、ありがとうございました。
↓最後にどうか、下のバナー画像をポチッと お願いします☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
次記事からはまた、話題をジャカルタに戻しますので。 ペコリ。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 



posted by 蜜 at 19:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅>マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

波音チャプチャプ、あっちもチャプチャプ音を立てちゃって。

 


s2553284.jpg




レバラン休暇で旅した、マレーシア。


ランカウイ島では、憧れだった 水上コテージ に泊まって、
海から絶え間なく聴こえる、寄せては返す波の音を BGM に、お酒飲んだり微睡んだり。
 



ssDSCN0117.jpg
そして夜は、お魚たちの真上で熱く激しく乱れようかな♪ っと…
  


ベッドの周りを囲むような波音が大きすぎて、かき消されそうにもなったけど、
あっちの方も、だいぶチャプチャプ言わせてきちゃいました ///
  


ほら・・・  だって蜜って、
きっとたぶん、他の女の子よりは アノ量 が多めじゃないかな? って思うんですよ。。

とっても恥ずかしいんですけれど。







ssDSCN0415.jpg



ね?




いやー (笑)  あのですね、ランカウイ島って、本当にスゴイんですよ!
島全体で免税 っていうね!!ぴかぴか(新しい)

だからお酒とか  ※ 他にもタバコや香水、革製品に化粧品などなども
すべてがもう、めっっちゃくちゃ安い!!!


普段、インドネシアで税金搾り取られまくってるぶん、


あ・ま・り・の破格のお安さ に、目を皿のようにしてアルコール眺めてきました☆




s11780453_840682299345092_325486270_n.jpg s11721389_840674992679156_1425705578_n.jpg
そもそも店頭に並んでいる 量からしてハンパない ですしね! 大多数のお酒が2千円以内ですよ?


↑ 種類がとにかく多いこと多いこと・・・ (感涙)
そして、たとえば

シーバスリーガル 12年が、 58RM = 約 1890円
手頃な白ワインで、 25RM〜 = 約 810円〜
ヨーロッパのビールなど、輸入モノなのに日本以上に激安で 1本 100円未満より!





異常だろ。。   ※ 蜜の脳内 BGM は、ベートーヴェン 『 歓喜の歌 』



いや、異常なのはむしろ、
高値をつけすぎてるインドネシアで買うお酒の方なのかもしれないけど。



ssDSCN0414.jpg  だからもう、喜び勇んで ← こんなに買っちゃってね…


もちろん、
これらをチャプチャプ言わせながら インドネシアに持って帰るには、
免税範囲というものがあるので、旅の途中で半分以上は消費しちゃいましたけどね♪


だいたい、レストランでワイン頼んだって安いんだよぅ〜。
3000円以内でスパークリング1本飲めた。
幸せすぎる。。。




そんな、蜜にとっては天国のようなランカウイ島には、

ssDSCN0012.jpg
島の東側にある、 ウェスティン に1泊して・・・


お部屋のバルコニーから、プールと海が見えるロケーション。
SPG 特典でレイトチェックアウトもできたので、
のんびりホテルステイを満喫。



ssDSCN0056.jpg
AM 11:30 まで楽しめる朝食ビュッフェでは、なんとスパークリングワイン飲み放題☆


↑ やぁーん黒ハート  もう、気分はシャンパンブランチですよ黒ハート
このサービス、最高っ。
個人的に一番テンション上がったかもw





で、その後2泊は、

ssDSCN0173.jpg
ずっと夢だった 水上コテージ 宿泊を、島の最西端にある ベルジャヤ ランカウイリゾート にて。



ssDSCN0094.jpg
リビングの向こうに続く、大きなバルコニーの真下が、海!!!



っていうか、

ssDSCN0169.jpg

部屋全体が、波打ち際の真上!!!!



まぁ、水上コテージなんですから、当たり前っちゃ当たり前なんですが… (笑)

でも、これはものすごーーく新鮮な体験でしたぴかぴか(新しい)
何がって、もう音が。



窓際やベランダからだけでなく、
リビングで TV 見てよーが、ソファでお酒飲んでよーが、寝転んでよーが、
果てはシャワー浴びてても トイレ してたって (!)


四方八方から、サラウンドで
波の音が耳に飛び込んで、途切れることがない



なんて、なんか感動モノよ?






・・・ただですね、


ちょおぉっっっと時期がビミョーでして、、


sBzMwv0ZCQAEsUch1.jpg

NHK をつければ、日本の台風ニュース真っ盛り


なタイミングに、丁度ぶつかってしまい。。。



↑ ご帰国中の方も多かったでしょうから、皆さまご苦労されたことと思います。
でも、それがランカウイにいる蜜にどんな影響を及ぼしたのか? って、


寝ている間、
自分のカラダを 360度包み込む波の音を

高潮 だとか 川の増水 の音とかと 空耳 して、

何度も土砂災害の悪夢 を見ては、目が覚める





… という、
あまりにもこういった水上コテージならではの贅沢さなどに不慣れなのが丸出しの、


ムードもへったくれもない女


に成り下がってしまったのねんたらーっ(汗)



ええ、蜜なんて所詮はその程度の、ロマンも解せない生き物ですよ。。
でもね、寝る前に災害ニュースいっぱい見ちゃった後に、
普段聞き慣れない大きな水音が傍まで襲ってきたら、やっぱビクッてなりません?w




ssDSCN0234a.jpg

まぁ実際、その後 凄い暴風雨 に遭ってるし。



水上コテージ2日目の夜、
ベルジャヤ・リゾート内にある、海に囲まれたレストランで食事しようと♪



sv_thaiR.jpg
こんなふうに 洋上に浮かぶように建てられた、素敵なタイ料理レストラン なんですが・・・。



訪れた、最初のうちは良かった。

ssDSCN0230.jpg
ここでもまた波の音に包まれ、生暖かい海風に吹かれながら飲むビールは最高で☆



お料理も美味しかった。 雰囲気は抜群だった。
ただ、食べ始めて間もなく、
次第に雨が、ポツ… ポツポツ……


ザザーッ! バシャバシャ!!    やん、土砂降り黒ハート


(いや、ハートマーク付けるとこじゃないが)
それはそれはひどいスコールに、運悪く見舞われてしまって、
ひとまず屋根の下の席に避難はしたものの、

もんのすっごい強風 と、それによる 横殴りの大雨、 果ては 。。。




いえ、別に普段ジャカルタに住んでるんですから、
スコールなんて珍しくも驚きもしないんです、もちろん。 ただ、


ssDSCN0237.jpg

場所が悪かった。



↑ 陸の孤島・・・?
いやいや、っていうか海の上だし。 ほぼ 360度、見渡す限り、荒れた夜の海!!!


その海から襲ってくる爆風に、息も苦しいほど。。
タイカレーのペースト、 真横に吹っ飛びましたからねw

雨も吹き込んできて、寒いし。  ※ ここ南国


それに致命的なロケーションゆえ、暴風雨が止むまで帰るに帰れま10。
お試しかっ!
この時、タイ・レストランにいる人たちは運命共同体。
一種の奇妙な連帯感まで生まれ・・・。




ssDSCN0116.jpg
まぁ、そういうのも旅の微笑ましい思い出の1つです♪


ベランダに干しっぱなしだった水着が、
なんとか飛ばされず、床にへばりついてくれてたのが不幸中の幸い☆




ssDSCN0097.jpg
その他はもう、のーーんびり ゆるゆる〜な水上コテージライフを満喫しました黒ハート



約 12時間ごとに巡り来る、干潮と満潮の差を肌で感じて大興奮しながら。

売店で買い込むビールやワインさえ、めちゃ安だしっ。
バルコニーでだいぶ飲んじゃった♪
波の音チャプチャプ、お腹もチャプチャプ、あそこもチャプチャ…


こら、蜜ッ!w





↓「水上コテージいいね!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
sblogmura_bn_a.jpg   
あぁ、もっと大胆に放送コードにチャレンジしたい。。  (もういいよ)

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 





posted by 蜜 at 07:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅>マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする