2017年11月02日

夜まで待てずに、ナマでピンクな肉襞求めて「KAWI」 そして「SUE KIAW 68」

 


まるで、こちらを挑発するかのように。
 


s23140569_1477624462317536_1670233940_n1.jpg

「 ナマで、ピンクな肉襞を味わって 」
  


・・・そんな誘いを受けてしまったら。
 

ひどく妄想が膨らんで、もう、、 夜までなんて待てるわけないじゃないか!
おねだりポーズでそう言うオマエも、とっくにその気なんだろう?
 
だったら、もったいぶらないで明るいうちに、
綺麗で鮮やかなピンク色に染まったヒダヒダ まで、よーく見せてくれ。 
ナマでいいんだな?
  

さぁ、大きく おっ広げて!!
                                   
                                   
                                   




ssDSCN0342a.jpg

あぁ、なんて新鮮で美味しそうな肉色をした 【 生ハム 】 なのかしら黒ハート


もちろん Babi ですよ? 豚肉です♪

イスラム教信者が大多数のインドネシアで、輸入モノでない生ハムが
お手頃価格で、新鮮! 削ぎたて!!
で入手できるなんて、それはものすごーーく珍しくて価値のあることでしょう?☆



ssDSCN0339.jpg
↑ こんな感じに、生ハムをその場で切ってくれるコーナーが設けられている・・・


ここはどこか? というと、

s22766366_1468307706582545_1075338283_o.jpg


「 TOKO “KAWI” 」 の、
位置するエリアがエリアだけに、コタだから中華ハムじゃなくて?
※ 中華ハムというのは、台湾などでよく人気の、八角の味が強い甘みのある中国独特なハムのこと

というご懸念は、ごもっとも。
蜜も、目の前でこの生ハム屋さんを見るまではそう勘違いしていましたw
でも、こちらのは、

ちゃんとフツーの、いわゆる洋風の 生ハム ですぴかぴか(新しい)




その生ハムを切っている屋台 (屋内だけど) みたいなのは、

ssDSCN0340.jpg
こういった中華食材屋さんの中の一角にあり、お店の入り口を入ると左側の隅っこに。


sDSCN0337.jpg  お値段は、屋台のガラスに貼ってある
※ 上の画像は、クリックすると拡大表示でき、値段が読めます


ssDSCN0338.jpg
蜜たちが近づいたら、生ハムを最初にちょっと削いで試食させてくれました♪


おぉ本当に、フツーの生ハムだ! ちゃんと豚肉だ、ワイン欲しい!!
みたいな気分にさせる (笑) 間違いのないお味◎

これなら安心。
で、お願いした分量だけ切ってパックに詰めてもらい・・・



ssDSCN0343.jpg

さて、ビールと一緒にいただきましょ 黒ハート


やーん、コレ蜜には至福の図ッ黒ハート黒ハート


舞台を移動したんです。
生ハム屋さん 「 TOKO “KAWI”」 のある中華食材店から、
徒歩でほど近いところにある、餃子がめちゃくちゃ美味しいお店へ☆


ssDSCN0348.jpg
「 SUE KIAW 68 」  ・・・勝手に 『 餃子王将 』 とか名乗っちゃってるとこがナイスw


絶対に日本のあの有名店とは関係ない、はず!
商魂たくましいったらww

SANTONG KUO TIEH は、山東鍋貼 の読みを表しているのかと。
鍋貼は、まぁ中国の焼き餃子みたいなもんです (厳密にはちょっと別物だけど)



ssDSCN0341a.jpg

某 「 俺の○子 」 より、もっと旨い焼き餃子のお店


… というので、蜜の周りの中国ツウな仲間たちの間では話題のココ♪


山東餃子、なんて字が看板には書いてあるので、
俺の餃○ などと同様に
いかにも中国っぽい、ぶ厚い皮のを焼いた餃子を想像させるのに、

「 SUE KIAW 68 」 のそれは、
まるで日本の焼き餃子そのもの の食感なんですよ〜!

※ まぁ、そもそも中国でも “鍋貼” っていうのは、そういうモンなんだけどねw




とにかく、ここの焼き餃子はエンドレスでイケちゃう逸品なんですが、

sssDSCN0344c.jpg ssDSCN0347.jpg
ちょっと一休みに、水餃子だって必食の価値アリ☆  残念ながら SIO MAY の方はそれほど。。



「 SUE KIAW 68 」 は、ビールも置いてある

ってのもポイント高いでしょ?
本当は生ハムの持ち込みなんてしてもいいのか許可は取っていないけれど
たぶん中華系の庶民的なローカル店なら、その辺うるさくないのでw


ナマで綺麗なピンク色した肉のヒダヒダ
を大胆に大きく広げながら、餃子にビールを愉しむオトナのジャカルタデート黒ハート
ね? こんな誘惑・・・  夜まで待てないでしょ?






↓「肉襞は、コッソリ広げるのも淫靡よ?」 と思ったら バナー画像をポチッと♪
org_temp2_1183927_kawi.jpg   
「 夜まで待てない! 」 っていうのは、実は この生ハム屋台が何時までやっているかが不明 だからですw

↑1日1回ここをクリック ブログランキング応援 お願いします☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■TOKO “KAWI”■ (生ハム屋さん)
Jl. Pintu Besar Selatan 3 No.28, Jakarta
Reservations: 021-6304-408 / 021-6304-409 / 021-6321-015

■SANTONG KUO TIEH SUE KIAW 68 ■ (餃子屋さん)
Jl. Pancoran Raya No.73, RT.1/RW.6, Pinangsia, Tamansari, Kota, Jakarta
Reservations: 021-6924-716

 





2017年06月02日

こっそり隠れてゴックンしましょう♪  「SULAIMAN」

 

コッソリ2人で、人目を忍んで何かをする
っていうのは、どうしてあんなにもドキドキするものなのかしらね…?
 

“ 車の中でかくれてキスをしよう ”
なんて、昔のミスチルの歌にもあったけれど。

例えばみんなといる飲み会で、
わざと隣同士に座り、テーブルの下でそっと指を絡め合ったり。
ふと席を立つタイミングを合わせて、大きな柱の陰でイタズラっぽく口づけたり。。
 

車の後部座席で、運転手に気づかれぬよう声をひそめて漏らす吐息。
スカートの奥まで静かに這わされる指。
闇に紛れて、ズボンのチャックの上をまさぐる戯れ。
 


1302225944_1187b.jpg



そう…  ある夜などには、カーテンの向こう側で、
光に反射して、影が向こう側から透けて見えることにも気づかぬほど
夢中で 咥えて、しゃぶって、いっぱいゴックンした

 
そんな乱れた場面もあったわね。。。
                                  
                                  
                                  




s18834675_1331792820234035_623275434_n1.jpg

こっそり隠れて ビールを ゴックンしまくったの♪



だってね! ここは、
奥の、目立たぬところでしか飲ませてくれない お店なんだもの!!

『 こっそり隠れてゴックンしなさい 』 と店側が言ってるw
あ、提供されるのは ビールのみ ねっ。
写真に一緒に並んでる、紹興酒とか白酒は我々の持参品ね (爆)



ちなみに、このお店で、
紹興酒に浸して飲むための千切り生姜  ※ 中国語では、姜絲=ジャンスー という
をちょうだい、と頼むと ↓↓ こうやって出てくる。 毎回たらーっ(汗)

ssDSCN9952.jpg  千切りか、コレ?w



・・・ちょっと話が逸れたけど、
あ、こっそり隠れてゴックンしたのはビールとかお酒ね。
こっそり隠れて咥えて、しゃぶった のは、



ssDSCN9951.jpg

コレね☆  新疆ウィグル自治区風の、羊肉串 ね!



↑ 写真をご覧になって、
「 え? つまり、サテカンビンでしょ? 」
と思われた方、この国においては大多数かと。。 でも、


全然、違うのです。



上海に住んでいた頃は、近所などあちこちにあった、
中国の新疆ウィグル自治区の特色料理である、羊肉串 を外で焼くお店・・・。

魔法の粉 (笑) と呼んでいた、
独特なスパイシーさが絡み合う香辛料を大量にふりかけた羊肉串が蜜の大好物
で、これはインドネシアで一般的な甘いタレのかかったサテカンビンとは、
羊の串なのは同じでも まったく似て非なる食べ物!!




この蜜の、譲れない “新疆風の羊肉串” への愛とこだわり、
それがジャカルタでは見つからず諦めていた無念を、理解してくれた唯一の人が、

ssDSCN9565b.jpg


おそらく… いや絶対に。

ジャカルタでたった1軒しかない

新疆ウィグル料理専門店 「SULAIMAN」



を、ある日教えてくれたことから、
蜜の運命までもが大きく変わった。 これがきっかけ。 本当に。。
だから忘れられない。




sssDSCN9565a.jpg  「SULAIMAN」 のある Jl. Batu Ceper は、

車上荒らしが多く、実際に被害に遭った駐在員もいるとのこと
なので、持ち物への油断にはご注意を。

写真の端が切れちゃっているけど、大きな “ 茶 ” の一文字が目印で、


ssDSCN9566.jpg
看板の 「SULAIMAN」 の文字の下に位置する広い玄関口

… は、 ハラル専用でアルコールの提供が一切無し!!!
飲みたい人の入口は、そっちじゃなくて、



ssDSCN9582.jpg
その右隣。 (いかにも中国風なw) ビニールの カーテンの奥でゴックンするの☆


ハラル用の、真っ白で明るい表玄関とは打って変わった、
ほの暗い橙色の灯りに満ちて、カーテンの向こうが妖しく透けて見える
そんな端っこの一角で、お酒はコッソリ隠れて愉しみなさいとw

※ 別にラマダンの時期とかに限らず、ここは1年中そう。笑



ssDSCN9581.jpg
でもカーテンの内側へ入ってしまえば、そこそこ小綺麗な店内。 円卓の個室も完備◎


sDSCN9569.jpg sDSCN9573.jpg
メニューは、もう開いた瞬間から蜜を大興奮させ…  ※ メニュー写真はクリックで拡大表示できます


懐かしき、中国の地方特色料理がズラリ!!
しかも 中国語オンリー!!! (笑)  この徹底ぶりがそそるの。

おそらく隣のハラル用フロアには、
インドネシア語で書かれたメニューが置いてあるのだと思う。。
未確認だけど。 まぁ全料理、写真付きなので言語はそれほど支障ではない☆



ただ蜜にとっては、過去の上海生活を彷彿とさせる料理ばかりで感涙!

ssDSCN9579.jpg ssDSCN9949.jpg
たとえば、この写真左の ↑ 葱爆羊肉 Rp98,000 なんてね… (羊肉と長ネギの旨塩炒め的な)


上海での住まいの近所にあって、よく通ってた
中国・東北餃子のおいしい 「劉記」 で必ず食べていた大好物の1品ぴかぴか(新しい)

写真右のニラ炒めには、羊肉串と同じ香辛料がどっさりと♪


ssDSCN9948.jpg
手前の木耳 (キクラゲ) の炒めもオツだったし、その後ろにある一皿がまた・・・☆


これも 上海 「劉記」 で絶対に頼んでいた、 地三鮮 という食べ物。
日本でいう肉じゃがのような一般的な家庭料理なのだけど、
お肉は入れないで、じゃがいも・なす・ピーマンで作るのが基本。

それが、こんな遠くジャカルタまでレシピが運ばれてきても何も変わっていない
ところに感動と懐かしさがね。。
地三鮮も葱爆羊肉も、素朴なそのまんまが嬉しいの◎



ssDSCN9571.jpg sIMG_0087.jpg
新疆料理といえば、これも外せない! 涼皮 (Rp48,000)  そして注文失敗の麻婆豆腐。。w


涼皮の麺は、よくウィグル人が店先で両腕いっぱいに伸ばしてるのを見たなぁ。
四川料理とはまた違う独特のエスニックなタレで頂く。

で、その四川料理の代表である麻婆豆腐を、
ここ (新疆料理屋) で食べようっていう試みがそもそも間違いたらーっ(汗)
微妙なのは仕方ない。


・・・けど、同じく四川料理の 辣子鶏 は、
このお店でもフツーに美味しかった♪  ( ↓ 下の写真、左上の唐揚げね)


ssDSCN9574.jpg
そして、 「SULAIMAN」 で一番のお目当て 羊肉串 の絶品さたるや黒ハート


クミンや花椒なども混ざっている新疆料理特有の香辛料に味付けされた
ジューシーな羊肉を、炭火で香ばしく焼いた串。

これにジャカルタで、ようやく巡り会えた時の満足感はね・・・
もう、うまく言葉にならない。



探していたのよ、ずっと。

見つかるとも思っていなかった。
諦めたはずなのに、諦めきれなかった。。  長かったわ。




蜜がコレに激しく愛着が無かったら、おそらく実らなかった繋がり。
結びついた不意なご縁は、
その後の蜜を、何もかも大きく変えて、
やがて… 『 ようやく、報われた 』 という大きな救いを得ることになるのです。






↓「ただの羊肉串が、ずいぶん壮大だね?w」 と思ったら バナー画像をポチッと♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
こういう柄のシャワーカーテンが売ってるんだって。。 記事冒頭の画像は、それに加工をしてみたの♪

↑1日1回ここをクリック ブログランキング応援 お願いします☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■SULAIMAN CHINESE MUSLIM RESTO■ (新疆ウィグル料理)
Jl. Batu Ceper No.73, Kebon Kelapa, Gambir, Jakarta
Reservations: 021-351-1757

 





2017年02月17日

いっぱいコスって萌えてイこう!!  「莆田 PUTIEN」

 

さて・・・・
  

sIMG_0670.jpg

今年も、 この季節 がやってまいりました 黒ハート
 
( 蜜のブログ更新頻度が悪すぎて、若干 機を逸した 感はありますが。。。 )
   



え? なんの季節かって?? 
お忘れでしょうか。

いや、、 忘れそうなほどに記事を上げるのが遅くて既に記憶の彼方となっている
と思いますが、 イムレック (チャイニーズニューイヤー) の祝日の
ちょっと後くらいに巡る出来事の話ですよ☆
 


ssIMG_2410-thumbnail2_201702.jpg
去年から恒例と (勝手に) なっている、中国の旧正月あたりの新年会は
いつもの仲間で中華料理を食べに行き、 蜜はチャイナドレスを着て参加する

※ 別にコスプレしろなんて誰にも要望されてはいない
 
   


しかーし!

この、約1年前の 飲み会前日に急に思い立ってコタまで買いに走った
チャイナドレス
への 『 反省 』 を


まるで活かせていない


のが、今年のチャイナドレスなんですぅ。。 (涙)




1年前に入手したのが、たまたま のチャイナドレスだっただけに、
今年は 青系 が欲しくて・・・


s2016_nelayan_blue.jpg  去年の記事 でも扱った通り、

挑戦的なデザインを探したのに…!!



結局、なんとか買えたのは、


sIMG_0679.jpg

胸元の攻めが足りなすぎる 💢



これ、もーーう毎年やってる失敗ね!!!たらーっ(汗)
ああいう大胆なデザインのは、オーダーでもないと無理なんだろうな。。。
呟くだけで毎回終わって結局作るには至らないダメっぷり



sIMG_0681b.jpg
実際、仲間からもそのようなご意見が出ましたw
『 私、蜜さんと今まで会った中で 今夜が一番、胸の露出が少ない気がする! って☆ (爆)



↑ それは当たってます。  普段の洋服がまた洋服なだけにな。。笑

また、蜜は今回の飲み会で初めてお会いする男性もいたのですが、
会場に着いたと思ったら こんな格好 な上に、
紹興酒まで持参して、
「新年好〜 (中国語のあけましておめでとう) 」 とか言いながら乾杯し始めた

変なオンナを目の当たりにされて、彼の最初の一言。



sIMG_0680a.jpg


には、 仲間全員 大爆笑 でした。

み…っ 蜜は生粋の日本人アルヨ!
このブログの1記事目の自己紹介 にもそう書いてアルヨ!!w





えー、ところで、
去年の 「NELAYAN」 に引き続き、今年の新年会に選んだ中華料理店は、、


sIMG_0667.jpg

莆田 PUTIEN という、コタ地区の手前? モナスのちょっと北。


Jl. Sukarjo Wiryopranoto (という道沿いに、 Jl.Batu から最近移転したようです!)
に佇む、ティファニーブルーが一段と目を引く上品な建て構えのお店♪


sIMG_0673.jpg
2階建ての店内。 装飾も ティファニーブルー でまとめられていて、気品溢れる雰囲気。



sIMG_0674.jpg
福建系の THE・華僑中華料理 を楽しめます。  ※ メニュー写真は、クリックすると拡大表示できます


↑ シンガポールでは特に著名で、ミシュランで星も獲得しているそう☆
・・・蜜は普段、ローカル中華ばかり好んで食べるので、
こういった上質そうな品々は久々に目にします (笑) が、ともかく美味しそうで!



sIMG_0675.jpg
大好物の貝類炒めはもちろんのこと、上の写真・左上のお肉と、右下のお豆腐のが特にお気に入り♪


中華料理店全般に言えることですが、
「莆田 PUTIEN」 も、やっぱり1皿1皿のポーションが大きいので、
人数多めでワイワイ食べて飲んでが吉かと◎

あ、ここ ビールはちゃんと用意されてますよ!  豚肉もありまーす。



sIMG_0677.jpg
メニューに迷ったら ↑ このページから選んじゃうのもアリ◎  我々もここから選んで・・・
※ メニュー写真は、クリックすると拡大表示できます


sIMG_0676.jpg
蜜が同店で絶対食べたかった☆ 兴化米粉 と 椒盐猪手。


要は、焼きビーフンと、塩コショウで味付けして揚げた骨付き豚肉ね。
けど豚肉の方は、しょっぱい系じゃなくて甘めの食感。


同店のお料理全般に言えることですが、
やはり、いかにも 福建系の THE・華僑中華ー!な味わい ですね〜… って、
この説明じゃ伝わらないか (笑)  台湾料理に近い風合い。
滷味 (ルーウェイ) を彷彿とさせる独特な甘ったるいコクといいますか。。


蜜は中国の方ではないアルけど、
中国の各地方ごとの特徴的な味は気になるヨ!

※ インドネシアだってもう住んで3年になるのに、地方特色料理とかまるで知らないクセに




sIMG_0661.jpg sIMG_0660.jpg
紹興酒 だって持ち込んじゃうゾ☆  あとは、中華に合うといえばやっぱり 赤ワイン よね〜♪


「莆田 PUTIEN」 は、お酒の持ち込み OK ですが、
チャージはかかるようです。 (Rp150,000/1本 ※2017年2月時点)

ちなみに、 紹興酒はコタ方面にある某スーパーで安く買ってます!
そのお話はまた今度にしましょうw



今回の記事は、

ss15820188_1181760771903908_953488524_n1-thumbnail2.jpg  s16788147_1227207467359238_967231198_n.jpg
先月の このクリスマス・ミニスカポリス♪ コスプレ からの〜 チャイナドレス♪

で、わぁい〜最近コスプレ三昧!!
もっともっといっぱいコスって、萌え萌えでイキましょ?黒ハート
ってことを中心に書きたかったの。 そこなのw



あとは〜・・・

sIMG_0646a.jpg

今回 「莆田 PUTIEN」 で食べ損ねちゃった、この2品黒ハート リベンジしたい☆


福建 (+台湾) といえばの、牡蠣オムレツ!
シンガポールでの、蜜の大好物!! ブラックペッパークラブ。


どなたか蜜を、また連れてって♪


ブラックペッパークラブは、時価だけど。。
お高いかもだけど。。。
お願い黒ハート  こんなふうに ↓↓ いっぱい 【 コスって 】 あげるからぁ〜  ね?






↓「え、そんなサービスしちゃうの?w」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
や り ま せ ん 。

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■莆田 PUTIEN■
Jl. Sukarjo Wiryopranoto, RT.6/RW.1, Kota, Jakarta
※ 一部ネットの住所表記にある Jl.Batu からは移転
Reservations: 021-6260-038
http://www.putien.com/

 




2016年11月10日

おねえさんの手で、トロトロを肉棒に巻きつけてあげるわ。  「OJJU」

 


sprestige1419317704-235-7a.jpg



ここは、そういうお店なの。
 

お客さんのすぐ目の前で、お客さんのためだけに!
若い女のコが、その手を巧みに使って 
あったかぁ〜いトロトロを肉棒に巻きつけて、とろける感触を味わって頂くの♪

   

ちょっと想像してみて下さいね。




f_00510a1.jpg
どうですか・・・?  こういうサービスって、やっぱりお好きでしょ。
   


おかげさまで、最近オープンしてから とっても大人気 なんですよ黒ハート

予約が取れなくて、整理券で順番待ちになっちゃうくらいの。。 
それでもお客さんはみんな、満足そうに悦しんでイッてくれてるみたいだから☆
 

だから貴方も、1回体験してみません…?
                                     
                                     
                                     



ssDSCN0123.jpg
↑ 自分の席についた 若いおねえさんが、トロッと溶けた
温かいチーズを骨付きの 肉棒に巻きつけてくれる。





蜜は、ウソはついていないと思う。





ssDSCN9341a1.jpg

ほら、新聞にだって 概ね そう書いてある。  概ね、ね……



↑ 上のじゃか新キャプチャー画像は、クリックで拡大表示して読めますよ♪
この記事を朝ふと目にして、
股間 胸を熱くしたのはきっと蜜だけではない、はず。。


だって、
鉄板の上でとろけるチーズを巻きつけて食べるスペアリブ ですよ!
こんなの絶対に外さない旨さに決まってるじゃないですかぴかぴか(新しい)



ssDSCN0139.jpg
なので、さっそく出向きました☆  コタカサブランカ UG 階の 「OJJU K-FOOD」


大人気らしい、との噂も本当で、

ssDSCN0117.jpg
平日の夜でも、店内は超満員。 整理券が配布されての順番待ちで、この日は1時間弱ほど。


↑ ファーストフードっぽい店構えなのもあって、
長居する雰囲気ではなく、回転はそこそこ早いのかもしれませんね?



ssDSCN0134.jpg ssDSCN0131.jpg
ssDSCN0130.jpg ssDSCN0132.jpg
※ メニュー写真は、4枚いずれもクリックして拡大表示できます


モールの中にある、こんなお手軽〜な感じのお店のわりには、
ビール等がしっかり置いてある 点がとにかく非常に好感度高い!!◎
(マッコリは無かったけど…)



sojju_beer_K_P.jpg
ちゃんと韓国料理屋さんらしく、キムチなどの前菜は自然に並びます。  チヂミは Rp49,000。



ビールを飲みながら色々つまんでいる間に、
カセットコンロがセットされて鉄板がテーブルに届きました。


ssDSCN0120.jpg
すでにスペアリブのほうは、あらかじめ焼かれた状態。 そこに火を入れて・・・



2,3分温めたなーと思ったら、もうチーズはトロットロ黒ハート

ssDSCN0124.jpg ssDSCN0125.jpg
おねえさんが、それを手早く1個ずつお肉に巻きつけていきます。 さぁ、熱いうちに召し上がれ♪


ssDSCN0129.jpg
ビニール手袋が用意されているので、指先が汚れる心配なく手づかみで☆



ガブッと、トロッと、ジュワっと。。   うんみゃっ!



ssDSCN9341b.jpg
どう美味しいか、この食べ物の名前や詳しい説明などは ↑ 新聞記事にある通りですw



これ以上、蜜が何か補足して申し上げる事柄はなく・・・

っていうか 無言でひたすらかぶりつきたい味わい
だから。 あとはビールをエンドレスね!!




ssDSCN0126.jpg
とろけるモッツァレラチーズ + スパイシーな甘辛スペアリブの見事なコラボ。


これはウケるに決まってる。
しかもそこに、

目の前で、おねえさんの手がトロトロを肉棒に巻きつけてゆく…
のをワザと見せつけて邪な妄想まで掻き立てるパフォーマンス付き黒ハート
え?  ちょっと理解が偏ってます??


あとは女のコの指名とかできたらな〜。 もっと気持ちイイのにね?







↓「うーん、試したらできんじゃない?w」 の代わりに バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
ちょっと 「OJJU」 の業態を履き違えてますかね?  ですよね? (笑)

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■OJJU K-FOOD■
Mall Kota Kasablanka, Food Society, Lantai UG Unit FSU35
Jl. Casablanca Kav.88, Jakarta
Reservations: 021-2947-5220

 




2016年07月28日

24時間、ドロドロまみれの恍惚を欲して。  「KWANG TUNG」

 


もう5年以上も前の出来事なのに。

あの恍惚 を、カラダの芯が 記憶しているのが分かる。



あれ以上の、眩むような究極の天国を揺れ泳ぐ愉悦に溺れる瞬間・・・ 
そんなものは訪れるはずがないと思いつつ、けれど貪欲に求め続けるのをやめない。
  


s2781025b.jpg

ドロドロ のもたらす快楽を。
  


あぁ、あの粘っこく重いドロドロ感。 白く濁って、深みがあって、うんと濃くて、
口の中… 舌の上… 喉の奥…  まみれて。

時折、 指の先に絡めたりもしながら。
  





ssDSCN9972.jpg

そう、こんなふうに。



ドロッと。。  あぁん、もう黒ハート
 

ssDSCN9969.jpg

溢れちゃうくらいのドロドロが 卑猥 すぎるのっ。
                                  
                                  
                                  


えー今日は、この ↑ ドロドロのお話です♪
お粥ねん。
でもインドネシア風の、いわゆるブブールっつーのはあまり眼中になく、

中華粥 のあり方に、蜜はこだわりがありまして。



それは、遡ればもう 5年も前 に、

s13823561_1036997919713528_1501792442_n.jpg
【 台湾で、至極の味 】 に出会ってしまったからね…


↑ 台北にある、 北投という温泉地にある 「皇池」 の潮州砂鍋粥。

これを超えるお粥は、生涯現れない。
蜜にとっては。 これはもう絶対で、それは仕方のないこと。



と意地を張ってみたところで、
台湾のこんな所までそうそう何度も足を運べるわけでもないんだし?w
ジャカルタでなんとか美味しいのを探したいじゃないですか。

そりゃあね?
よくモールとかに入ってる Ta Wan 大碗 のお粥なんかも、否定はしない。
悪くないです。 でも、 圧倒的にコクが足りない。



じゃあ、コタでも行けば? って・・・

s13815001_1036997913046862_720021844_n.jpg  人から聞いて訪れたこの有名店。


↑ 一応、あえて店名は明示しませんけど。。  ※ 写真には載ってますが
Jl. Mangga Besar にある、ここのお粥は期待したほどではありませんでしたたらーっ(汗)
(あくまで蜜の個人的な嗜好によるものです、ごめんなさい)



とにかく、コクが全然足りないのよ!!
テーブルに置いてある、だし醤油? みたいなのをかけたいと客に思わせる
ようなレベルの、コクのないお粥では中華粥はダメなの!!!

と嘆きまくっていたら・・・



ssDSCN9955.jpg

「 蜜ちゃん、ここのが旨いの知らん?」



という、天の…  もとい友人の素敵すぎるクチコミをもらいまして☆
彼らとは上海つながりの仲間なのですが、
うんうん。 やっぱ持つべき者は同士の友よねっっ (笑)



ssDSCN9953.jpg
ジャカルタ北エリア、 Jl. Pecenongan No.67 I にある 「Bubur KWANG TUNG」


sDSCN9959a.jpg  なんと24時間営業!


おぉぴかぴか(新しい)
これはなんと、お酒を愛する者にとって嬉しいサービスなのかしら!!
他所で遅くまで飲んでからの〆に寄れるからねw


とルンルンしてたら、


ssDSCN9973a.jpg

ここの中にはビールは無かった… orz



別のところでしこたま飲んで、最後に

おとなしくお粥でアルコールを洗い流しなさい



という神からのお告げだな、うん。



ssDSCN9960.jpg 13823536_1036997946380192_357715258_n1.jpg
お粥以外にも料理は多彩ですが、完全ハラルです。  (上のメニュー画像はクリックで拡大表示します)


店内にビールすら無く、ハラルで豚なし中華を出してくるとか、
本来の蜜なら、たぶん絶対許せないところ。。




ssDSCN9968.jpg

だが、お粥は確かに絶品で。



他の文句がすっ飛ぶくらい、久々にコクがある! と思えた中華粥でした☆
テーブルの上のだし醤油かけようとしなくて済むやつw


上の写真のはピータン粥なんですが、
よーーく旨みが沁みてます。 ピータンきのこ粥とかも美味らしい。



ssDSCN9965a.jpg ssDSCN9974.jpg
牡蠣オムレツの撮影アングルが異様にアクロバティックなのは、酔ってたのかしらね・・・? (笑)


牡蠣オムレツは、ダダール ティタム。 オススメということで。
写真にないけど、海老の塩卵炒め (ウダン トゥルール アシン) もマストの一品だと◎

↑ いったい何故ここで貝の写真なんか撮ってんだ、むしろ??
  これはもう本能なのかしら。。 1軒目でだいぶ飲んだからな、うんw




ssDSCN9966.jpg
とにかく、久々に蜜の中で 「これぞ、中華粥の極意!」 と思えるお粥に出会えたこと。


懐かしい 台湾での至高の味 には及ばずとも、
出汁の旨みとコクたっぷりの、ドロドロのお粥は十分に蜜を癒してくれました。



後で知ったことですが、
ジャカルタ北まで行かずとも、南エリアで、
Jl. Wolter Monginsidi にも店舗があるとの朗報♪


… イク。 イクイク!!  絶対それイッちゃうわ。
やっぱりそちらにもビールは無いみたいなので、どこか別の所で飲んで、、

その後に、蜜とドロドロ遊び黒ハート


どなたかご一緒していただけません?






↓「あーホント好きだよね、こういうのw」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
ジャカルタでも、やっぱり濃ゆいドロドロまみれ・・・ したくて我慢できなかったのよね♪

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Bubur KWANG TUNG■
<ジャカルタ北(コタ) エリア>
Jl. Pecenongan No.67 I, Pecenongan, Jakarta
Reservations: 021-386-5688 / 021-345-8267
※ 24 Hours OPEN

<ジャカルタ南 エリア>
Jl. Wolter Monginsidi No.49, Senopati, Jakarta
Reservations: 021-7279-6299
※ 7h to 24h (24時間営業ではないみたいです!)