2015年08月29日

割れ目から溢れるエキスに舌を伸ばして 「CUT THE CRAB」

 

いつもと変わらず蒸し暑い、ある雨上がりの夜。
 

・・・眼前で、わりと大胆にパックリと開かれた割れ目が、ひどく艶かしくて。
   


「 ねぇ、、 もう少し控えめに、恥じらいをもって横たわるくらいの方が、好みだよ? 」

なんて心の中では半分笑いながら、けれど
こんなあからさますぎる誘惑の罠にでも、わざと掛かってしまいたい自分もいる。
 


それでも焦らしつつ、ただじっと見つめていると、
まるで、 “ もう我慢できないの! ” とでも訴えかけてくるように
割れ目から外にまでエキスが溢れ出すビジュアル には、
思わずそそられてしまって、しゃぶりつきたくなる衝動を抑えることができない。


そして、ついに舌を伸ばした先に広がるのは、
想像を遥かに上回る、甘美で刺激的な芳香と味わいなのだ・・・。






ctc1508.jpg




『 貝欲 』

というナゾの迷言を 過去の記事 においても生み出しました通り、
憚ることなく申し上げますが、


蜜は、無類の貝好きです。


・・・自ら開くのも、強引に開かれちゃうのも好きです黒ハート
↑ ソコ訊いてないから。




ただ以前、ブログとはまったく関係のないご縁で知り合った方と、
お酒をご一緒しながら、 「Le QUARTIER」 でムール貝にありつけなかった話
大変熱く語ってしまったところ、

「 え・・・ キミ、もしやブログ書いてる?  まさか 蜜さん??

と、


知られたくない身元がバレた


ことがあったので、  ( いや隠してるわけでもないんですけど… やっぱ恥ずかしいじゃん?/// )
以来、 貝がくぱぁ〜っと とか色々申すのは、ブログの外では控えようと誓ったのでした。
いえその、、 レディのたしなみとしてもね♪





で、話を戻しますと、
この夜に出会った大胆で魅惑的な貝の割れ目の、


sDSCN9967a.jpg

全体像は ↑ こうね。



なかなか豪快で、グッとくる見た目でしょ?黒ハート
こちらを味わわせてくれるお店は、


sDSCN9959.jpg
Senopati の程近く、 Jl. Cikajang に位置する 「CUT THE CRAB」



その名の通り、

sDSCN9957.jpg

蟹 割ってますw   外で従業員さんが、鈍器片手に。



一通り注文して、ビールなどを飲んで待っていると、

sDSCN9960.jpg
コミカルな蟹のイラストが目を引く、紙エプロンが配られます。


↑ これ、ちょっと照れくさくても、ちゃんと付けましょう (笑)
その根拠は後に知ることとなります。



sDSCN9954.jpg
ローカルのお客様にも人気のあるお店のようなので、事前に予約をして行った方が無難です☆



しばらくすると、このテーブルに
おもむろに、真っ白で大きな紙が1枚バサッと敷かれまして、


sDSCN9961.jpg
主役を待つ間のおつまみとして頼んだポテトすら、そこにザザッと ON 。


お皿は使ってくれません。 一切。
というより、折角そのポテトを運んでくる皿はあるのに、
テーブルにぶちまけられた途端、容赦なく持っていかれてしまいますw



なに、フォーク?
んなもん、あるわけありません。

オンナは手掴みですっ!  ※ オトコも。




その後も、

sDSCN9962.jpg sDSCN9963.jpg
テーブル (に敷いた紙) の上に、 直に食材 ON するオンパレード!


しかも、 ↑ ビニール袋の中から っていうね。。 (苦笑)


このへんのビジュアルは、
インドネシアや中国などでの生活経験がある人なら抵抗ないと思うけれど、
日本からの出張者とか連れていったら、
目を輝かせるタイプと、ドン引きするタイプとに分かれそう…w



でも、ビニール袋から一旦出ちゃえば、

sDSCN9964.jpg

ほら、こんなに美味しそう 黒ハート



お店の名前、 「CUT THE CRAB」 ですから。
やっぱりカニは食べないとね☆
って感じで当たり前のようにオーダーしたんですが、どうやら

これ、意外とお値段したみたいです・・・。
※ 2人分で Rp600,000 だか Rp700,000 だか。。 ご馳走してくれた友人に感謝♪


でも、美味しかったぁ〜!!
食べにくいところは、各テーブルに置いてある鈍器で割って口に入れるんですが、
それが最初うまくできなかったりして、そんなことで笑い合ったり。

ただ、このように ↑ 蟹を叩くため、
その時にソースが飛び散ったりするので (笑) エプロンは必須なのです。


にしても、カニ爪が…っ
カニ爪、肉厚ふわっふわで、特に顔がほころびました☆




そしてお待ちかねの、貝もね。

sDSCN9965.jpg
やっぱり、ビニール袋の中から豪快に出てくるんだけれどもw



sDSCN9968a.jpg



この・・・っ  このねぇ、、

貝の割れ目から思わずトロリと溢れ出ちゃった、
艶めくエキスが あまりに淫靡で。



もともとのソース (何種類かの中から注文時に選ぶ) のパンチだけでなく、
貝本来が持つ旨味もそこに加わって、
すすると何とも言えず美味しいハーモニーが、口いっぱいに広がる幸せ。。



それを心おきなく堪能するためには、もう

恥ずかしがらずに、しゃぶっちゃって!
貝を開く指先も、お口の周りも、ベトベトにしちゃって!!



あぁ、これだから貝好きはやめられないの…






↓「貝って、そそられちゃうよねw」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
ジャカルタの話題に戻りました!  溜まりまくった飲食店情報をどんどんアップしていくつもりです〜。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■CUT THE CRAB■
Jl. Cikajang No.32, Senopati, Jakarta
Reservations: 021-2970-4981
※ 予約して行かれた方がいいかもしれません

 




2015年03月12日

この巣にかかるアイだけを食べて 「KINARA」

 

『 今日も腹を減らして一匹の蜘が 八つの青い葉に糸をかける
  彼はその巣で獲物を捕まえる

  I'm a hungry spider  you're a beautiful butterfly
  叶わないとこの恋を捨てるなら  この巣にかかる愛だけを食べて・・・ 』

   



s2442059a.jpg



『 I'm a hungry spider  you're a beautiful butterfly
  叶わないならこの恋を捨てて
  罠にかかるすべてを食べれば 傷つかないのだろうか?

  叶わないとこの恋を捨てるより  この巣にかかる愛だけを食べて

  あの子を逃がした 』

― “ Hungry Spider ” 槇原敬之        

                                  
                                  
                                  


… 分かるよ、分かってしまうよ。 槇原敬之。


報われない想いを長く抱え続けて、どうにも捨てることも叶わず苦しければ、
そうやって、 “ この巣にかかるアイだけを食べて ” 
擬似でいいから、一瞬の救いと見紛う錯覚でも、自ら陥ろうと。

たとえその “アイ” が、
本当に求めている形などからは程遠いものだと、もう悟りきってはいても。




†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†・.。* + *。.・†




sDSCN6221.jpg
クマンにある高級インド料理の有名店 「KINARA」



・・・いつもそんなことばかり考えているわけじゃないけれど、
色んな出来事や感情が入り混じって、
最高潮にグチャグチャで絶頂に達していた頃 (笑) ここへ連れてきて頂いた。


なんだか、大好物のスパイシーなものでも食べて、
自分を元気づけたかったし、辛さで自身を虐め抜きながら快楽を得たい
くらいに思っていてw
とある御方にお付き合い願いました。




sDSCN6211a.jpg sDSCN6203.jpg
広くて豪華な大広間の端に、半個室のシートが並んでいて。  しっぽりと、キルケニーで乾杯♪


↑ この半個室の席が、すごく気に入ってしまった〜。
日本のダイニングバーなどでは定番でも、ジャカルタだとあまり見ないですよね?

ソファっぽい長椅子と壁に身を預けながら飲んで寛ぐには最高!



sDSCN6201.jpg sDSCN6204.jpg
テーブルに着くとすぐサーブされる、チップスとソース類。  あとは定番のインド料理おつまみ☆


↑ いろいろと、とにかくビールに合いすぎる!!

ソースのカレー味がすでに美味しいし、
サモサにケバブも、香辛料のよーく練りこまれた具の味わいが◎




このあたりで助走がついたところで、

sDSCN6218.jpg

蜜の好み・どストライクな、 Vindaloo キターー!黒ハート



… と、カレーね (笑)  ← 脇役扱い?


以前、同じくクマンにある 「EASTERN PROMISE」 で Vindaloo を頂いた時 も、
このように1人で勝手に盛り上がってましたがw

一見カレーのように見えるけど、少し違う Vindaloo とは、
ショウガと黒コショウなどのスパイスが入ったワインビネガーに漬け込んだ肉
で作るためか、 やや酸味のある鋭さと奥行きを感じる辛さ が、
本場インドカレー以上に、虜になる味なの♪



「KINARA」 の Vindaloo も、なかなかに旨・スパイシーな仕上がりで、
蜜的には、その刺激がたまらなく恍惚ぅ〜 なのだけれど、

お相手の方には、少し辛かったみたい?   ※ おそらく、そちらの方が正常な味覚デス


とはいえ、

sDSCN6219.jpg  香ばしいナンと一緒に食べればイケますよ♪





そして、インド料理に合わせるお酒といったら、やはり・・・


s2442031.jpg

よねぇ〜黒ハート  品のある口当たりが素敵なワインでした。


カレーや Vindaloo で少し痺れた舌を、優しく撫で過ぎていってくれる、
この赤ワインが程よくまわって、気持ちも高揚してくると、

s2442010.jpg
メインに、立派な骨付き肉なんて食べたくなってしまったのよ〜。  ワインに合いすぎるぅ…




質の高い、美味しいものに囲まれて、
ゆるゆると酔いながら、半プライベート感覚の個室で、夢見心地にわざと騙される。

その時の自分には、あぶくのようなそんな夜も必要だった。

これからも、それなりに笑って生きていけるバランスを保つために。
あの人から離れたところで、己を守るために。



・・・ズルイね。






「ま、人生そんなこともあるさ?」 の代わりにw バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
『 蜘蛛の巣 女 』 などで画像検索してると、蜘蛛の巣ボディストッキング画像がズラリ…  ほ、ほっすぃ。。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
※ 妖しいバナー画像ですが、 真面目なジャカルタ情報ページ が開きますのでご安心を!



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■KINARA Cuisines of India■
Jl. Kemang Raya No.78, Jakarta
Reservations: 021-719-2677

 




2015年02月08日

淫らなココロの洗濯を♪ バリ風ガーデン「Plataran」

 


ssDSCN6567.jpg



・・・そりゃあ、蜜だって たまには純粋に美しい風景の中に身を置いて
心洗われたいと願う夜だって、ありますよ。
 



s201502_nounai.jpg  まさしく

こ、、 こんな女であっても!
(爆)

  



宵闇に紛れ、人目を偲ぶような数多の晩の背徳感にも時に疲れ果て、 
↑ あの… キミ、いつも何やってるの?w 
この常夏の地ならではの、醍醐味あふれる緑の木々が織り成す奥深い静謐と、
そこに溶け込むようなウッディで温もりある空間に癒されたい、と。
                                     

                                     
                                     
sDSCN6589.jpg sDSCN6590.jpg



ダルマワンサの一角に、大きく目立った庭園の敷地を有している、
Plataran というホテル&リゾートがプロデュースしたレストラン・・・
それが、こちらのお店です。


中に足を踏み入れると、食事がどうというより、
まずはフロアの隅々に配された、いかにもインドネシアらしい装飾 が目について。



ssDSCN6584.jpg


ssDSCN6591.jpg



ラグジュアリーなのには間違いがないのに、華美すぎない。
重厚感を演出しつつ、どこかホッとさせられる素朴な寛ぎをも残し。

そう、まさにこの印象は、まるで
バリのリゾートにでも足を延ばしたかのような 黒ハート



… ここは、本当はジャカルタの街中だということを忘れるひと時。
市内の喧騒とはかけ離れた、格別な雰囲気。
※ ただし、この場所へ至るまでの 大渋滞 を耐え抜いた者だけが、それを手に入れる (笑)




splataran1.jpg splataran2.jpg
お料理は、基本的にはインドネシア料理 (No Pork) だけど、 味付けはわりとチャイニーズ寄りw


モロ、八角っていうか中国的香辛料の風味だよね…? とツッコミたくなること多数。
むしろ尚更、それが蜜の舌には合うんですけどね♪


でも、そうかと思えば、

sDSCN6583.jpg
パッタイ とかもある。。。 タイ料理じゃん! (笑)   何でもアリなんだな☆


ま、つまるところ
美味しければ、どこっぽい味がしたっていい のです黒ハート



全体的には、赤でも白でも、ワインが似合う感じ〜。
・・・でもこのお店、一応ご用意はあるようですが ワイン相当するみたい で。。
(予約時に確認したところ、そのようなお話だったと)

なので、あらかじめ お好きな銘柄などを持ち込まれた方が無難 ですね。
我々もそうしました。
ちなみに、フードは全般的にものすごくお高いって程でもありません!
Rp42,500〜 始まって、 Rp200,000 を超える品は無いですよ。




ssDSCN6573.jpg
お手洗いまで、こんなに美しく細やかに配慮が施されていて♪


↑ こういうところまで、プチ・リゾート気分に浸れちゃうのが嬉しい。
必ずしも飛行機乗ってどこかへ行こうとしなくても、
探せば、癒しはきっとあちこちに溢れているんでしょうね・・・ このジャカルタにも。




実は、ここ 「Plataran」 を訪れたのは、
インドネシアに住み始めて、ちょうど1年を迎えた夜 のことでした。

2年目をどう過ごしてゆこうか?
それを考えているうちに、早くもそれから1ヶ月と2日、経ってしまいました。
え、ホントにちゃんと考えたのかって??w


いくら脳力が淫らな方面にしか発揮されない (ホントだよ… ) 蜜でも、
時の流れに焦りくらいは感じますよっ。

だって、こんなインドネシアの恵みに日々触れられるシアワセな体験は、
決して永久に続くものではないのだから。
人生の束の間、なのだから。






↓「イイネ!」 の励まし代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
・・・でも、ホント2年目どうしよ?って悩みますよ(笑) もっと刺激的に吸収しなくちゃ、、イロイロと♪

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 


*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
Plataran
Jl. Darmawangsa Raya No.6, Jakarta
Reservations: 021-739-7509 / 021-290-44-167,168
http://www.plataran.com/area/jakarta

 




2014年09月06日

フードポルノと囁かれようとも「TJAP TOEAN」

 

まだ上海に住んでいた頃のこと。

ある土曜日に、
友達みんなで家飲みの会をやろうよ♪ と、
男4:女3で、それぞれ分担を決めて、蜜はゴハン担当に。
  


蜜 : 「 何か、献立リクエストあるー? 」 

男 : 「 女体盛り。 」

     


・・・そんな彼ら (年下だった) も、
今じゃ立派に世界じゅう飛び回りビジネスで活躍してるんだから、姉は嬉しいよ。。たらーっ(汗)
   




sSushi_Girl_35a.jpg


女体盛り といえば、
小さい頃、ヤ○ザ漫画か何かで見て、必要以上にドギマギして体が火照った
という芽生えの記憶が蘇るのですが、    ↑ 幼少期から何読んでるの…?
  


最近になって、
『 英語圏では 「フードポルノ」 という言葉がある 』
というのを耳にし、不勉強にも程がある蜜は、



Is it “Japanese NYOTAIMORI” ネー?



などと言いそうになって、やめた。

堪えてよかった。
赤道を超えた南半球でも、思いっきり恥をさらすところであった。




まぁ、たとえ女体盛りじゃないにしても、
たとえば蜜のように、食べ物をすぐエロスに結びつけちゃう人 (← よく分かってるねw)
のことでも言うのかなと思ったら、

なんてことはないです。

フードポルノとは、料理店で料理や食事風景を撮影してネット上で公開する行為
を揶揄して作られた言葉なのだと、 Wikipedia さんより。





なぁんだ〜

やっぱ、蜜のことなんじゃない
黒ハート




やん♪
今度からは 「わたし、フードポルノしちゃってるのだわ。。 ドキドキ」
なんて背徳的なエクスタシーすら感じながら記事が書けそう♪





では早速。

s2236676.jpg


晒しちゃいましょう☆


この前、どーしても! なんか美味しいカレーが食べたくなって、
偶然行き着きました。
A Piauw (Malaysian chicken curry) Rp32,000


具材ゴロッと。 めちゃくちゃ大きく、食べ応えが◎

ルーの方は、かなり色んなスパイスとか、香りの強い隠し味を
ふんだんに使っているっぽく、エキゾチックでなかなかコクのある味わい。
ローリエの葉っぱも刻まれていっぱい入っていたし・・・

やや独特の風味なので、お好みは分かれそうかも?
でも蜜は好き黒ハート




s2237368.jpg


入口に 『歡迎』 なんて中国語があるけどw
基本、マレーシア料理店です。
まぁマレーシアにも結構な割合で中華系多いから、普通の光景なのかな。


小っちゃいカフェのような佇まいのお店なんですが、
意外に (?) 本格的なようで、


sTJAP_blue.jpg  マレーシアの特色料理・ Nasi kerabu まである!!

青いゴハンの衝撃に、未だ慣れなくて試したことないけど。。。たらーっ(汗)





最後に、珍しくマジメなことを書いてみていいですか?

フードポルノ・・・ 賛否両論あったり、
作る側のシェフと食べる側の我々ではまた見解が違ったりするのも頷けます。


良い意味でも悪い意味でも、強い影響力を持つ “写真” 。
画像があると、やはり伝わる力の大きさが違う。

そういう 効果的な、情報共有の1つのツール みたいなものとして、
同じ外国で暮らす環境の方々に発信することは、大事な部分もあるのではないかな?
と、個人的には思っています。


SNS をされる皆さまのフードポルノのおかげで、
蜜は今、6年目になる海外生活を、美味しく楽しく乗り切れているのですから♪







↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  a_03.gif

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 


*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■TJAP TOEAN■
fX Lifestyle X'nter 1F
Jl. Jendral Sudirman Pintu, Senayan, Jakarta
Reservations: 021-2555-4158

 


2014年08月09日

酔わせてくれたら何度でもイクのに…「BOGOR cafe」

 

でも、実際のところは、どうなのだろうか。

やはりお酒が入ってしまうと、
そのものの持つ めくるめく真髄を味わい尽くす感度 は、鈍ってゆくのだろうか…?
   


アルコールが入っていてもいなくても、
極みに触れた時は、もちろん高まって昇りつめることはできる。
 
けれど、お酒があれば、もっと。
 
その相性の良さに思わず唸って、快楽をさらに増長させてくれている・・・♪
ように自分では感じていても、
本当は、もったいない愚行を繰り返しているのかもしれない。
 


まぁ、酔いが回りすぎて、
目が覚めたら、せっかくの記憶も飛んじゃってる〜 なんてことも、よくあるしね (笑)
逆に、 忘れ去ってしまいたい ような場合もあるけど。。






ssDSCN2589.jpg
そう。 たとえば ↑ ここは、ゴハンは美味しいのに、蜜を酔わせてくれない 「BOGOR cafe」 。



『 なぜ、インドネシアにいるのに、現地の料理を食べる回数が最も少ないのか? 』
 ※ これまでのブログの、カテゴリごとの記事数を見れば、その差は顕著


と問われたら、答えは決まっている。



アルコールの置いてないお店に当たる確率が
一番高いジャンルだから。




結構な建て構えのレストランでも、ビールすら無かったりする。
それは、この国では仕方のないことだ。
宗教上のこともあるし、需要を考えれば当然で、別に相手には何の非もない。


逆に、これが上海なら、
どんなにきっっったない路面の小店でも、青島ビールくらいは一応あって、
半透明のペコンペコンするビニールコップで飲んだものです。
そして、やっすいローカル料理を頬張った◎

それはほぼ望めないインドネシア。




ssDSCN2585.jpg
「BOGOR cafe」 で名物といわれる SOP BUNTUT (オックステールスープ) だって、



インドネシア料理としてはポピュラーな部類で、
でも、ここの SOP BUNTUT は、看板メニューで特に美味しいらしい?
と評判なようなので、楽しみに来店してみたものの、

確かに、牛の尻尾はコラーゲンたっぷりプルプルで舌触りも良く、
スープにはお出汁の滋味が溢れていた…
 からこそ!!



( その横に、ビールでもあれば。。。 )



という欲望が、いっそう掻き立てられる、
このジレンマ たるや、そういうプレイなのか? と思っちゃうほどよっ!w





ssDSCN2587.jpg
これまた、 ラザニア なんてのも食べさせてくれちゃうしね、 「BOGOR cafe」 は☆



なんでなのだ!?

なぜ、こんな魅力的なボディ (=チーズとソースが抜群な一品) を目の前にちらつかせて、
そこまでしておきながら、
『 ここから先 (=ワイン) は、 だ・め・よ黒ハート
なんて、おあずけをかましてくるのだ、小悪魔めーッ (笑)




食が進めば進むほど、欲求不満が募る一方なのだが、
確かにお味は良いので憎めない…。


酔わないぶん、お料理本来の持つ素晴らしさだけに集中して敏感になれる?
とも考えられなくもないけど、でもねぇ。。
もう、いいオトナですし。

お酒との相乗効果で、さらにシアワセ高まっちゃう〜♪ って快感も、
それは錯覚だと否定しなくてもいいですよね??





ssDSCN2588.jpg
極めつけに・・・ これまたビールが無いのが悔しすぎるサテ・カンビンとか。


カンビンは、山羊です。

羊肉のサテが食べたいと言ったら、これだと教えられました。
どうやら言語的に、羊もヤギもほぼ一緒っぽい?w


蜜は、中国の屋台でよく食べる羊肉串 (新疆料理) を、こよなく愛していました。
インドネシアと違って、ソースはつけないのね。
ただ、ビリビリと辛くて刺激的な魔法の粉? を沢山かけてもらうの♪


当地で頂くサテは、どうしても甘みのあるタレになるから、
それほど普段は好んで口にしないものの、
カンビンなら、素材にちょっとだけ独特の風味がある分、個人的にはイケた。



あぁ、これで酔わせてさえくれたら、一気に昇天なのにな。。。






↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  a_03.gif

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 


*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■SOP BUNTUT BOGOR cafe■
Pacific Place Level5-57
Jl. Jenderal Sudirman No.52-53, Jakarta
Reservations: 021-5797-3238