2015年05月09日

【花魁道中】 一華咲かせるのでありんす@ブロックM縁日祭

 


s2494077.jpg



ここ1週間の蜜の脳内は、

『 江戸・吉原遊郭 』  への妄想と憧れで一杯でありんした。


それは何故って・・・
     


あちきは、
本日と明日・2日間にわたって行われる、
 

ブロックM縁日祭の

『 花魁道中 』 の催しに出演

 

させて頂くからでありんす〜黒ハート
     


【 イベント スケジュール 】
5/9 16:00〜17:00
5/10 14:00〜15:00 / 17:00〜18:00


もしご興味・お時間ある方は、是非ご覧になっておくんなんし。




縁日祭と花魁道中に携わるメンバーが初顔合わせしたのが、先週の日曜日☆
それからというもの、
現在も日本各地で開催されている花魁道中の動画を見たり…
遊郭について学んだり…

( あれ? 廓コトバやめたのね?  っていうか、続かなくなったのね?w )



shanayoi3.jpg

ムダに映画とか見始めて 寝不足になっちゃったり。


ご存知ですか?
花宵道中 という、R-18文学賞受賞作品。 (原作)
2014年の秋、日本で映画化されたこともあって知名度上がったみたいですが、

どちらかというと、
“ あの安達祐実が脱いだ!  フルヌードで濡れ場に挑戦!! ”
という下衆な (笑) 触れ込みで話題となったよう。。




sc8360d5d_a.jpg
主人公は、熱を帯びると体に赤い斑点 (花) が浮かび上がることで人気の女郎。


… まぁ、平たく言えば、
感じちゃうと、素肌に花が咲く と。
そして、珍しいソレ見たさに、男たちはみな彼女の身体を弄ぶと。

羨ましいなぁ、その特殊能力。



物語の展開としては、
その女郎に、ふとしたきっかけで好き合う男ができるのだが、
ある日、その男の目の前で、他の客に抱かれなければならなくなってしまって――
という悲恋モノ。

同じ女性として、もし ↑ この状況を自分に置き換えたとすると、
それはそれは居たたまれない気分になるものの…


好きな男に見つめられながらも、
別の客の手によって、彼女の肌には無数の花びらが咲いていく
んですよ。。

なんか、ここらへんの “自分でもどうにもならない 哀しい正直さ” が、ツボ。

ココロとカラダが、バラバラになっていく倒錯感というか。
非常に香しい官能小説的な薫りがします。
まぁ王道ではあるんだけどネ…





などというリアリティーの追究について、

これ以上語るのは、お酒の絡む 密会黒ハート の場だけ
 にして、


そもそも縁日祭の催しバナシから どんどんかけ離れていってるので、、



sDSCN8424.jpg

無理やりにでも話題を戻しましょうw

本当に脱線が長いよね・・・  そういう煩悩だけは多いよね? 蜜。



↑ 昨日・金曜日も、メンバーの一部がここに集まって事前調整。

素人集団ではあるけれど、プロ意識を持ってしっかりやる! のが今回のコンセプト。
ブロックM縁日祭で 『 花魁道中 』 という企画は、初めての試みだそうで、
(主にインドネシア人の多い) お客様に、
恥ずかしくないような、堂々とした振舞いをしましょう、と。


女性陣は、

sbm_oiran2.jpg sbm_oiran1.jpg
当日はしっかり髪も結って、白粉塗って、とっても華やかで素敵なお着物を着て練り歩くんですよ♪


きちんと本格的で高価なものなので、やはり色柄や質感が違います。
こんな貴重な衣装を、まさかジャカルタで纏って皆さまに公開できるなんて幸せー!
コスプレ好きとしては。。。



shanayoi2.jpg
花魁は、 ↑ こういった特別な、重くて高い黒塗下駄を履くのが慣わし。

花魁の艶やかな衣装は、イベント時までのお楽しみ〜 ということで黒ハート




sIMG_8156.jpg
花魁のみならず、それを囲む振袖新造や禿、そして 男性陣たちもカッコ良くて見もの ですよ!☆



ブロックMの中を練り歩くだけでなく、
ポイントポイントで、写真などを一緒に撮ったりできる場も設けられるそう。

特にインドネシアの方々に喜んで頂けるよう頑張らなきゃ。


s10_px400.jpg


↑ こうやって、 凛とした立ち居振る舞い が求められるそうなんですっ。
歯を見せて笑ったり、愛想を安売りしちゃいけないらしい。

そして、この着物は、、


重くて、死ぬほど暑いですたらーっ(汗)


これで炎天下の中を、小一時間かけて、ゆっくり進みます。。。



… 来たる月曜日、無事に
蜜がこのブログを元気に更新できるよう、どうか皆さま応援して下さいませんか? (笑)






↓「いいよ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
・・・でもやっぱり、本当に好きな人とするのが一番イイと思うよ。  (何を?w)

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
画像が妖しげですが 健全なジャカルタ情報ページ が開きますのでご安心をw
 



posted by 蜜 at 10:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

『ジャカルタレストラン250選』 〜お供するならこんなお店舗〜

 

この3月は・・・  “別れ” の多い季節でした。

いつかあると悟っているとはいえ。
ジャカルタという土地で、奇遇にも、せっかく結ばれることとなったご縁が、
消えるわけではないけれども、今までよりは遠のいてしまう。。
 


そんな仕方のない遣る瀬なさに、
海外生活6年ともなると慣れてはきても、惜しむ気持ちは必ず繰り返しやって来る。
繋がりが、どうかこれでオワリにならぬよう願いながら。

そして4月からは、また新たな出逢いに沢山恵まれると信じながら。

     




ところで、
帰任される方から、最後に色々な品を譲って頂いたりするのって、慣例ですよね〜。

たとえば最近、こんなような ↓ モノを。
                                    
                                    
s2463637b.jpg



刊行日を見ますと去年の11月となっているので、まだ新しい雑誌?
いやいや、でも確か当時話題になってましたよね (?)
だったら今さら… な本なのかしら。


この1年3ヶ月、ジャカルタの夜の街を泳ぎ飲んできた身 としましては、
「 あー。 ここも載ってるんだぁ 」 とか、
「 コレ知らない! どこ? 」 とか、なかなかに楽しめた一冊♪

料理ジャンルごとにまとまってるのも、重宝しそう。




ただ欲を言えば、
PORK がある / なしの情報 (豚マーク付けるとか…) まで載っていたら、
個人的にはすごく助かったのになぁ〜。。

せっかく、この国ならではの情報誌という位置づけならばね?




で、さらに求めるとするならば・・・

【コンセプト】 に、



s81PowzvYHGL.jpg   ※ 一例です


これくらいのインパクト

があったら、もっと魅力的なのに
黒ハート




… え? ダメ?? (汗)

つーか、インドネシアの書店に並べるのに、
こんな大胆な、横乳オープンの色っぽいドレス が表紙なんて、無謀すぎ?w



で〜す〜よ〜ね〜ぇ〜〜 orz


けどさ、だってさ?
『ジャカルタレストラン250選』 は、そのままの冊子だと
目覚しい軸もないまま、ただ整然と店紹介されているだけで、少し味気ない
ような気がしちゃうんだもの。。

ジャカルタ初心者以外の方にも、こういった本のニーズがあるとすれば、
やっぱ 【多少のお色気】 は必要条け・・・  (略)







ちなみに、
2013年4月に日本で発売された 『壇蜜の妄想レストラン』 は、

81PowzvYHGL_tenpo.jpg
↑ 当時、この “ お店舗 ” というフレーズが、物議を醸し出したらしくて…


お分かりになりますかしら?
蜜的には、、 うーん。 そこの振り仮名のとこを

“ お テンポ ” と カタカナにしなかっただけ

まだ良心的な表現に留めているかな、と微笑ましいですけどねw
むしろ、よく練られてるなー! って感心よ♪




本の中身は、
特別な女性をエスコートしたい厳選40店、が掲載されているそうで、

その逢瀬の前後に、ドキドキと火照る心とカラダ

という、
同じオンナとしてものすごく共感しちゃう セクシーな一夜のシチュエーションを、
あ・の・壇蜜さんが体現☆



ただのグルメ本という粋から激しく 脱線 脱却した、

s71HAKUEi8YL.jpg

こういったコンセプトに、もう大いに賛同 ぴかぴか(新しい)


なワケですよ、
蜜の価値観からすれば紛れもなく! 揺るぎなく!! (笑)




こんな艶かしいホテルの一室で、バスローブ1枚に目隠しですよ。。
あぁん、素敵すぎるっ。
その白い衣をおもむろに剥いだら、腰に巻いていた紐を、今度は両手首に結んで・・・


これがジャカルタだったら、どこかしら?
ケンピンスキーとか?
ううん。 そこはもっと豪華に、ダルマワンサホテルなんていかが黒ハート
夜景の見えるシティホテルもいいけれど、最高の憧れ♪




・・・と、

妄想だけは、どんどん膨らむ。


↑ そーゆーレストランガイドを求めてます。 この国で。 個人的に。 切に。






↓「それイイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
結局、テーマは 『ジャカルタレストラン250選』? 『壇蜜の妄想レストラン』?? よく分からん記事だ…w

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
妖しいサイトには飛びませんw 役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 




posted by 蜜 at 17:47| Comment(8) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

ソーセージも、アレも 『開発』 されています。

 

憚りなく声高に、
これまで何度もこの場で繰り返し告白しておりますけれど、
 


ご立派なソーセージをパクッとする のが、

蜜は、本当に大好きです
黒ハート
  



朝っぱらから、昼下がりから、もちろん夜などいっそう激しく、
カラダがその味わいを求めて疼く。

猛々しく太ぉ〜い! のは、口に含み応えがある♪
けど、細めでも長ーいのなら好きなのよ。 じわじわとズンズンくる良さがあるの・・・
 

あらゆる形に、それぞれの魅力が潜むわけで、
どんどん 『開発』 されていく ことに、今後も期待が止まらないわ。






s2448762.jpg

ね、 「Papaya」 さん☆ (笑)



… つ、ついに!
豚肉ソーセージ 】 まで、 「Papaya」 オリジナルのご登場!!ぴかぴか(新しい)

( え? 前からありました?  いや、無いですよね。。 最近ですよね?! )




日々、大変お世話になっています、日本食スーパーの 「Papaya」 。

こちら独自展開の 『開発商品』 シリーズを、
色々とお試ししてみるのが、蜜のひそかな楽しみでw



sDSCN7406.jpg
間違いなく安心・安全・美味しい食材 と信頼して、いつもとっても助けてもらっています♪


↑ この他にも 納豆 とか 餃子の皮 なんてのも、 『開発』 されていて。

卵は、最近ようやく “森のたまご” さんも参入してきてくれたけど、
それまでは 生食 OK! 黄身こんもり〜 なんて、このオリジナル商品しか無かった。


お豆腐にいたっては、
「Papaya」 以外のスーパーで出回ってるのは、なんか酸っぱいしたらーっ(汗)

(あれ、保存液の問題なのかなぁ…?
 傷んでるわけではなくて。。  でも、怖くて冷奴にはできない。)




ちなみに、
写真右端の 【焼きそば麺】 は、かつては冷凍コーナーにラーメン・うどんと共にあって、
安くて美味しくすごく重宝してたのに、ある日消えちゃったのぉぉお〜 (泣)
再展開、個人的に超希望!!!

↑ や、ここで訴えてもしょーがなくね…?w  投書箱に入れようよw




sDSCN7403.jpg
近ごろ、絶賛マイブームな 『開発商品』 は、写真右の ポテトチップス☆


うすしお・のりしお・コンソメ味とあって、1袋 Rp12,000 (=約120円) くらい。

大手メーカーのに比べて、軽〜くサクサクッと揚げられた食感がナイス。
なんか体にも良さそうな油な気がするし (笑)



で、全然カンケーない左のポテチは・・・
これは 「Papaya」 でなくても大き目のスーパーなどではよく見かける、
インドネシア・メイド の、自国オリジナル商品なのぴかぴか(新しい)


sPapaya_p.jpg
上が 「Van Landa」 の裏面、 下が 「Papaya」 オリジナルの表。



だから実は、、

この2種類のポテチは、 日本への立派なお土産
になるのではないかと、ひそかに目論んでいる。。w



少なくとも蜜は、
これらを持ち帰って配りまくる気満々でーす。
だって2つともインドネシア以外じゃ手に入らない、貴重なお酒の友だもの☆






sDSCN7408.jpg
あー・・・  えっとそれで、冒頭のソーセージに話を戻しますとたらーっ(汗)



s2448707.jpg

焼いてみました♪  (手前の細いのは 『開発商品』 、 奥の太い2本が輸入モノ。)


↑ 歯応えが、輸入品に比べると やや硬め? だったけれど、悪くない。
ピリ辛味じゃない方は、なんとチーズインでした。



・・・うん、でもアレね。

やっぱ、
洋モノは大きくて太く荒々しい味わい で、
ジャパニーズのは、小ぶりで細くても繊細なタッチが丁度良かったりする


のは、、  何事にも通ずるのね黒ハート




できれば、蜜は 1日最低1本は補給したくて。
家にいっぱい常備しとこう。
太いのも短いのも細いのも長いのも、みーんなみんな揃えとく♪

あとはその日の気分次第で、夜な夜な・・・
ううん、朝も昼もいつでも密かに オ・タ・ノ・シ・ミ (笑)






↓「1人で楽しそうだね…w」 の苦笑い代わりに、 バナー画像をポチッと お願い☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
※ この手に掴んでいるモノは、ご想像にお任せします。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 



posted by 蜜 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

お料理はするのも、されちゃうのも 好きです。

 

ご周知のとおり、外食の記事が中心ですので。
 

「 お料理とか するの? 」 なんて、たまに訊かれたりします。
  


しますよー。 好き好き。

だけど、自分のためには、あんまりしない。
食べてくれる人が傍にいる時だけ、笑顔を見たくて頑張っちゃう。
     



作ったゴハンをカメラに収めたりはするけれど、公開することもほとんど、しない。
すごくプライベートな部分だから、共有してもね…
っていうのもあって。

だから、 「 生活感 出さない人よね 」 なんて言われることもある。
 


ん〜。。。  そうなのかな? (笑)





sssIMG_0246.jpg




先日、たまたま横切ったデパートの売り場で、新しい食器を買ってしまった。
ガンダリアシティ内 METRO の、地下。

カラフルで鮮やかな大皿を求めていたところだったので、
お料理が映えそうな色のものを、3枚選んだ。

ちょうどセールをしてて、これ全部で Rp100,960!  ラッキー♪




さぁ、どんな一品を作って盛り付けようかなって、
想像を膨らますのが、ウキウキする。

早く、あの人がここへ戻ってきて、一緒に食べられますように と願いながら。



そして、愛たっぷりの手作りゴハンを楽しんでもらった後は・・・
今度は “お料理” してもらうのだ。 じっくりと。

その器用に動く、優しい無骨な指先で。






↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
・・・という、理想のハナシをしております。 うん、ぜんぶ妄想! モーソー!!w

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
バナー画像は妖しげ ですが、真面目なジャカルタ情報ページ が開きますのでご安心を。
 




posted by 蜜 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

『 もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対 』

 


s2368259b.jpg




上海からジャカルタへと居を移し、
新たな環境で、きっとそれなりに心穏やかに “前” へと、自然に進んでいけていた
と思う、そんな 2014年もあと残すところ1ヶ月ほど・・・
   
という時に、
蜜は、この青みがかった冴々と美しい光を放つクリスマスツリーの前で、
「その人」 が現れるのを、息を詰めて待っていた。
   



残念ながら、 『 〜ほんとうはサンタクロース♪ 』 ってわけでもないのよ (笑)
そんな生易しいもんじゃない。

思いがけぬプレゼントが、吉と出るか凶と出るかなんて、
この時にはまだ、本当に分からなかった。




まるで、ついにここまで来たはずの自分自身を、試すかに思える時間。
この幾年かを振り返れば、信じられないようなはずの奇跡。

高まる緊張感の中で見上げた寒色のツリーは、もう蜜の目の奥に焼きついて離れない。







↓「…それはそうと、メリクリ☆」 の元気づけに バナー画像をポチッと お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 



posted by 蜜 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする