2018年05月19日

ごめんなさい、その舌じゃイケない・・・  「魚魚魚 GYO GYO GYO」

 


舌… で感じる悦びが、オンナにだって ある。
  


sIMG_9016.jpg



温かく厚みのある "舌” の感触は、
目を閉じてじっくりと味わいたいくらいに、大切なの。
 
まるで飢えたカラダに沁みわたるような、愉悦のはじまりの合図。
 
それが素晴らしいものであればあるほど、
秘めていた欲がじわじわと昂ぶり、その後への期待でいっそう潤って、
めくるめく恍惚に身をゆだねたくなるものなの。。
                                           
                                           

そ れ な の に !




sIMG_9008.jpg

何なのよ、コレは。。。



"舌” ・・・・
そう、タンですよ。 牛の舌!!  ※ 牛以外のは、今はひとまず割愛


牛タンって、焼肉とかでは大体まず最初に焼きますよね?
もしそれが 厚みのある立派な "舌” だったら、
繊細な塩の味わいと共に、もぉ〜〜 目を閉じてじっくりと噛みしめたいし、

(お腹を空かせて) 飢えたカラダに 旨みが 沁みわたって、
いっそう 秘めていた 欲がじわじわと昂ぶり、
その次に焼くお肉への 期待でいっそう潤って (口の中が)

焼肉サイコー! 的な めくるめく恍惚に身をゆだねたくなる。。


・・・というほど、蜜にとっての "舌” (牛タン) は大切な位置づけ☆
つまり、いわば前戯黒ハート  ※ ね、大事でしょ?w




確かに、ここは焼肉屋さんではない。

sgyogyogyo1a.jpg
最近、タケノコ病院 (スディルマン) の地下に新しい居酒屋ができた、と聞いて。


夜に伺ってみました、 「魚魚魚 GYO GYO GYO」

… ってお名前なくらいだから、
焼肉屋どころかお肉よりもむしろ お魚がウリのお店 なんでしょうけどw


sgyogyogyo2.jpg sgyogyogyo3.jpg
木材が基調の内装は清潔感いっぱい◎ カウンターとお座敷、奥にはテーブル席の個室完備。


様々なシチュエーションでの使い勝手がとても良さそう。
厨房には日本人も (今は) いらして、安心感もある。 ※ 2018年4月時点


・・・だからこそ、もしかしたら、
蜜の抱いた期待値が少し大きすぎてしまったのかもしれない。


sIMG_9007a.jpg
先ほどの "舌” のお話。。  牛タン味噌漬け(Rp60,000)  


まずだ。 そもそもコレをオーダーしたわけではなくて、


厚切り牛タン (Rp80,000) を頼む
 ↓
牛タンシチュー? なるものが来る (価格不明)
 ↓
注文間違いなどはあるあるなので気にならず。作り直してもらう
 ↓
牛タン味噌漬け が届く…
 ↓
これも違うよ、と返すと 『 今はもうこれしか出来ない 』 と言われるたらーっ(汗)
 ↓
仕方なく、牛タン味噌漬けを頂く
 ↓
食感が。。。。。。。


と、明らかに
流れからして不利な状況 の中で、

こんなモソモソとした弾力のない、
成型肉を疑うような歯ざわりの牛タンもどき? しかもなんか冷たい…


なる代物を望んでもいないのに口にすることとなれば、
どーーーにも気分は盛り上がらなくて。。


まるで手際の悪いヘタクソな前戯
ごめんなさい、

そんな "舌” じゃイケないの!


※ 蜜、ゼータク言ってますよね。失礼を承知です




おい、なんだと? こちとら、

sgyogyogyo4.jpg

「魚魚魚 GYO GYO GYO」

なんだから、サカナで勝負の店 💢


なんだよっ! てことですよね?(汗)
お刺身も食べずに文句ゆーなですよね、ハイすみませんッ。




sIMG_9003.jpg


確かに、おさかな系のおつまみは
どれも美味しかったよママン。



sIMG_9001.jpg


特にね、この ↑ ビールと共に愛を込めて写したのが 炙りなめろう。
だってやばい・・・ これ 絶品 なんだもん黒ハート

なめろうは (日本で) よく頼むけど、
それが炙ってあるのなんて初めて食べた! 香ばしくて最高!!


上の写真、 ふぐの天ぷら も◎
こうして今からメニューを見直してみると、


sIMG_9011.jpg sIMG_9012a.jpg
種類豊富なお刺身だけでなく、 ふぐ一夜干しのから揚げ (Rp80,000) とか
キスのしそ巻きフライ (Rp52,000) なんてのもオツな感じで心惹かれるなぁ〜。。

※ こちらの2枚の画像はクリックすると拡大表示できますが、許可なしの都合で値段はあえて伏せます


「 はかたいざかや 魚魚魚 」 の名を掲げる同店で、
やはりサカナ系に関しては間違いのなさそうなお味だろうと想像します。


… ちなみに、右のメニュー写真の赤枠で囲ったところ…
「 はかたいざかや 」と銘打っておきながら
一部若干、

大阪風なメニューが見受けられる のも (゚ε゚)キニシナイ!!




sIMG_9002.jpg
お肉系でも、たとえば豚角煮とかモツ煮込みとか、このあたりは箸が進んだ♪


sIMG_9005.jpg
ハンバーグは、、ちょっと蜜の好みと違ったかな。 パテゆるくて、コクも少なめ。

↑ 似たような見た目の居酒屋ハンバーグなら、
ブロックМ 「穂の香」 のそれの方が個人的には大好物です。。



同店のお肉料理の完成度のばらつき以外にも、もう1つ、
もし望むことができるのならば、

せっかくの ジャカルタでは未だ珍しい「 はかたいざかや 」
というコンセプトなのだから、
博多 (せめて九州) に特化したメニューがもっと多ければ嬉しいのに
と思いました。  大阪っぽいラインナップとか出してないでさ…



だけどね☆
最後の〆のオタノシミとして残しておいた 期待の「 はかた 」の逸品が!!


sIMG_9006.jpg

裏切らない旨さの長浜ラーメン◎ぴかぴか(新しい)


実は入店する際、
レジ横に並べてあった長浜ラーメンのパックみたいなものが目に入った し、
もしかしたら、それをただ忠実に作った だけ なのかもしれない

けど!!!  ※ 失敬な推察でしたらご容赦ください…

求めてる味そのまますぎる長浜ラーメンで♪
そんなことでも感激できるのが、ここジャカルタじゃないですか☆
おいしい豚骨白湯に巡り会えるだけでも希少なんだから。



sIMG_9014.jpg
(パックの在庫数限り?) 『 期間限定 』 の文字が気になる・・・ お早めにご賞味あれ!



以上、

初めてカラダを合わせる男女のような気持ちで (初来店なので)
大事な前戯の "舌” の感触に、これじゃイケない! と不満を覚えたものの、
いざ営んでみると、ところどころ絶妙なツボを突いてくれて (なめろう炙りとか)

肉の具合はまだちょっと相性よくない感じだけど、
時々、あ… そこイイ… みたいな。 (モツ煮込みとか豚角煮)
そして、
フィニッシュは一気に昂らせてくれて、ふぅ満足♪ (長浜ラーメン)


蜜の 「魚魚魚 GYO GYO GYO」 の感想でしたw
たった一度絡み合っただけでは、よくわからないのもまた男女と同じ…


今度はナマ お刺身ちゃんと食べにイキます黒ハート






↓「舌もいいけど、指もどうだ?」 のつもりで バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
お願い、あなたの応援を舌でも指でもいっぱい感じたいの・・・

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■魚魚魚 GYO GYO GYO■
Sahid Sudirman Residence, LG/ 10A
Jl. Jend. Sudirman No.86, RT.10/RW.11, Jakarta
※ タケノコ病院(スディルマン)の下の階
Reservations: 021-2253-5396/2997

Instagram: https://www.instagram.com/izakayagyogyogyo/
※ お店の外観、内装のお写真は上記のインスタグラムから画像を拝借いたしました

 






posted by 蜜 at 11:30| Comment(2) | レストラン & バー>和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、駐在一年目Sahid Sudirmanに住んでいました。懐かしいです。変わってきてますね。GFのイタリアンレストランはまだあるんでしょうか。
Posted by S at 2018年05月26日 19:26
 
コメントありがとうございます。
(お返しが遅くなって申し訳ございません!)

Sahid Sudirman が変わったのは、最近ようやくこの 「魚魚魚」 ができたことくらいで
他は何も長らく変わっていませんよ〜(笑)
GF のイタリアンももちろん健在です。ていうか繁盛してます♪
「ミスティカンザ」 ですよね。

シティウォークの中や、その向かい(パビリオン)、ミッドプラザなどは
どんどん新しいお店が増えているんですけどね☆
Posted by >Sさんへ。蜜 at 2018年05月30日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]