2016年01月30日

ちょっと舌先でつつくだけで、すぐ中から溢れ出ちゃう…  「369」

 


最もたまらない部分を、守るように秘めるように包んでいる、薄くて繊細な皮・・・
  

そこを、まずは優しくめくってあげる ところから始めなくちゃ。
痛めつけたりしないように、
唇を尖らせて、伸ばした舌先でつつきながら、
ちょっとだけ軽く歯をたてて甘噛みするように触れるの。
 

丁寧に、丁寧に。。  
だってそこは、一番敏感なんだから。
     




そうするとね、おのずと
中からジュワッと、熱いおつゆが溢れ出ちゃって。
                                      
                                      
                                      


sPC130038.jpg

こんなに汁が滴って、

おくちの中 いっぱいになっちゃうの
黒ハート




… たぶん蜜が、世界で一番大好きな食べ物である小籠包の、
これが 【 正しい食べ方 】 です。

女のコの体のように、丹念に扱ってあげてね♪



もしも乱暴にしちゃったら、


sPC130034.jpg
薄皮が破れて、 肉汁ジュワッとたっぷり豚肉小籠包 の美味を台無しにしちゃうものっ!




はい。
そんな素晴らしい出来栄えの小籠包を、インドネシア・ジャカルタで☆

そこは、有名な老舗の、


ssDSCN9290.jpg
「 三六九 (Depot 369) 」 という、コタ Jl. Mangga Besar 沿いにあるお店。



蜜は以前、小籠包の本場である上海に、4年半住んでいましたから、


sPC130005.jpg sPC130007.jpg
メニューの中にある、こういった懐かしいローカルフードの名前を見つけると心躍ってしまうー♪


焼き餃子のことも、ちゃんと 「鍋貼」 って書いてあるし!
小籠包のお隣には、 「生煎包」 (焼き小籠包のこと) も並んでるし。 キャ〜!!

「湯圓」 とかね、寒い中食べたなぁ。。。
あちらの風物詩でして。 冬至や元宵節に食べるスイーツ? なの。



そんなわけで早速、

sPC130031.jpg sPC130027.jpg
生煎包 (焼き小籠包)鍋貼 (中国風焼き餃子)。 あとはトンポーローを包子に挟んで頂く1品を。



生煎包・・・  う、旨い・・・・。


合格!!!     ← サーセン!偉そうにw



いやだって、、
ちゃんと豚肉使ってるコクのある肉汁は、飛び出るほど入ってるし、
皮も甘かったりしないで香ばしく◎

マズかった あの FOOK YEW のとは対照的w




sPC130023.jpg
そしてこれは、メニューには 「杂酱面」 と書いてあったけど、おそらく炸醤麺であろう一皿 (笑)


しかも、メニューの説明文に、
『 浙江省ラーメン 』 とあるのだが・・・ 炸醤麺は主に 北京周辺 だぞ?w

うん。 まぁ、美味しければなんでもいっか☆
甘辛い肉味噌にしっかり旨みがあり、それが麺に絡んだらもう〜間違いない味よね。
これオススメです。




んじゃ、最後に 【本日の主役】 小籠包 いっとくか!


sPC130036.jpg sPC130037.jpg

うんみゃーい♪♪   ※ Rp51.818 / 8個入り



・・・けど、実は
蜜の好みどストライク、ではない。 (・ω・`)



いや、よく出来てるよ?
箸でつまめば皮がたわむほどの薄い皮と、肉汁たっぷり感。
口の中で弾ける豚肉とスープのコク。 そこには特にジャマな雑味もなし◎



ただ・・・  なんか、虜にまではならん味なのだ。。



この感情は、例えるならば、

smana_s_1601.jpg  紗倉○な カワイイー!!


とは思うんだけど、なんか ヌケない んだよね… (・ω・`)


っつーのとよく似てる感じ?!



悪くないんだけど、
もっとオネーサン系がいいんだよねぇ、みたいなw
どこにも難点など無いのに、どっか何かが違う。 あとは好みの問題っちゅーかね。

本当に美味しい小籠包だったんだけど、ツボじゃなかった。
個人的にはですたらーっ(汗)




sPC130002.jpg
「369」 はスラバヤが発祥の地で、今はジャカルタ市内にも4店舗。  ※ 写真クリックで拡大表示



もし、蜜の中でジャカルタ1の小籠包は、じゃあどこなの?
って聞かれたら、相変わらず


『 プラザスナヤンの 「楽天皇朝」 』


って即答しますね。
5F にある、PARADISE DYNASTY のことです。
ここの原味 (オリジナル豚肉) 小籠包は、好みどストライクなのだ☆



とはいえ、コタまで足を延ばしてでも一度は訪れてみたかった 「369」 なので、
わざわざ連れてってもらえたことだけでも感謝なんです。
念願叶って、大好物食べ比べ。 あぁ幸せ。






↓「紗○まなファンの方、ごみんちゃい!w」 でも バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
・・・と言っても、なんだかんだ、まなちゃんのお世話になってますけどねー  蜜も。 (笑)

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
真面目な、役立つジャカルタ情報ページ が開くだけなのでご安心を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■三六九 Depot 369■
Jl. Mangga Besar Raya 57A, Kota, Jakarta
Reservations: 021-659-4613

※ その他、ジャカルタ・スラバヤに複数店舗あり (詳細は記事中の写真ご参照)

 





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433195316

この記事へのトラックバック