2016年01月22日

あぁ!そんな、ビリビリに破きながら突っ込まないで!!  「スントゥールハイランド」

 



spansuto-yaburi-rape-01s.jpg




まだ昼前の、眩しい陽光がさす中、
蜜の下半身を守るはずだった黒いそれは、無残にビリビリ破かれてしまった。
   


想定外の突然のアクシデントに、なす術もなく、
やめて! という声も上げられず、白い肌がむき出しに晒されても抗えない。
 
こんな明るい所で、次々に布が裂けていく鋭い音が耳に届く度、
羞恥心でたまらなくなった。
  


お願いですから、そんなに見ないで下さい。
恥ずかしいんです…

  


心の中でそう懇願しても容赦なく、
どんどん破かれてゆくまま、最後は穴に突っ込むのを途中で拒むことは許されない。

だってこれは、そういうプレイ。
                                        
                                        
                                        



18回も、それを繰り返すプレイの、真っ只中。






s12607249_923810394365615_161334059_n1.jpg


【 悲報 】


ゴルフウェアの下に履く、

ストレッチタイツが

ラウンド開始前に ビリッと破けました。





場所が悪い・・・。

もうちょいお尻のあたりなら、ウェアのスカートの中なので見えないのに。
こんな太もものとこじゃ、どーにも隠しようがないじゃないか!!!


かと言って、脱いだら日に灼けるし虫にも刺されるから、
仕方なく履いたまま続行せざるをえず (泣)
※ インドネシアのゴルフショップでは、これの替えなど販売されていませんので




ssDSCN0026.jpg
せっかく綺麗な、リゾート風ゴルフ場 「スントゥール ハイランド」 にお誘い頂けたのにー!



ボゴールに位置する山岳コースだけあって、まず 涼しい 黒ハート

高原ゴルフだぁ〜♪
なだらかな山の景色に、心が癒されますよ。。

しかも、クラブハウスも立派だし、


ssDSCN0030.jpg
土曜の午前ですと、2juta 近いような高級コースですからね…  更衣室も快適☆
午後になるとグッとお値段下がるみたいですが



もう、さすがのって感じです。

実はあまり体調のいい日ではなかったのですが、
お声がけ頂いて、その場所がスントゥールハイランドだと聞いた瞬間、
「行くー!」 とノッた現金すぎる蜜w



ssDSCN0031.jpg
その期待を裏切らない、高級リゾートのように豪華な 「Sentul Highlands GC」 の雰囲気に、


うきうきしながら朝食を済ませて、
ちょっと練習してお手洗いへ行って、さぁラウンド開始〜♪


・・・の矢先。


s12606792_924173780995943_1929306591_n2.jpg  ビリッ



という鈍い音が、太ももの上部から聞こえてきた時には、
もうすでに見るも無残な破れっぷりでした。。。



だからって、やめます! とか言えないし。

お裁縫セットを常に持ち歩いててパッパと縫えるほど女子力高くないし。




ssDSCN0041.jpg

このまま始めるしかないのだ。 (涙)


同伴者の殿方たちの視線を気にしながら、18ホール延々と・・・。



フェアウェイを歩くたび、
バンカーでしっかり足を開いてスタンスを取るたび、
カートを乗り降りするたび、
ティーグラウンドで大きくスウィングしてドライバーを打つたび、


ビリッ ビリビリッ…

と、タイツが裂けていく卑猥な音が。。
あらわになる白い太ももが。


あぁっ! なんたる羞恥プレイなの!!!
そういうの嫌いじゃないけど



ssDSCN0048.jpg
えー、、  このあたりでいい加減、ちょっとはコースの話でもしましょうかw


とはいえ、蜜のゴルフレベルで語れるものなど特にないのですが。


山岳コースゆえ、
アンジュレーションも凄まじいかと思っていましたが、それほどひどくもなく。
グリーンは確かに傾斜あり、うねっていましたけど。

それよりも違和感を覚えたのが…



ssDSCN0038.jpg
なんか・・・・ 石、多くね? みたいな (笑)  別にカート道だからいいけどさ。。


ssDSCN0039.jpg  サボテンとか生えちゃってるし!
TV で見たアメリカ? のプロツアーのようなコースw



などと、最初は笑っていたのですが、


この、じわじわきた違和感は、

ティーグラウンドに立った瞬間、衝撃へと変わる。





ssDSCN0045.jpg

え、フェアウェイに・・・ 岩?!



あのーー
そこ、蜜がモロに球落としたい位置なんですけど?
邪魔なんすけど??



ssDSCN0047.jpg

マ ジ で 岩 だ 。



でかっ。

これ、普通に当たりますよね?
避けて打ちたくても、運の問題で、ぶつけますよね??

この岩のレベルに当たって跳ねたら、球の行方は無事じゃ済みませんよね?!



ssDSCN0042.jpg
つまり、きちんと狙った場所に正確に打てる技量がないと、不運なことになる。


こんな岩コース、蜜は初体験でした。
ハザードとしては面白い・・・ いや、面白くないか? だけどw



ssDSCN0037.jpg
フェアウェイをたまに横切る川や、グリーンの難しさより何より、 岩が印象的すぎて。



コースの攻略法とか、各ホールの説明とか、
そういうのはまっっったくできない無能ブログで、本当にいつもごめんなさいたらーっ(汗)


蜜が語れることといったら、アレだ。

パンストを乱暴に破かれる音って興奮しちゃいますよねー♪

とか、


ssDSCN0033.jpg
クラブハウスの女のコたちの露出が高くて、ここのコース最高じゃない?黒ハート


とか、


でも楽しいからって、あんまり高いパンストを破かれたら困るから、
どこかで伝線しちゃった時に、
嬉々としてそれをプレイ用にまわすのが常識よね☆

とか、


有無をいわさずパンストを破いて無理やり突っ込むシチュエーションもいいけど、
穴あきボディストッキング 着用には、もうたまらなく萌えちゃうの…



とか、そういう話なら夜通しできます♪
なんなら実演つきで。






↓「いいからw もう黙ってw」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
ゴルフネタちゃんと扱う気、ゼロだろ? と苦情が来ても仕方のないようなブログ記事だ。。 (笑)

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■スントゥールハイランド Sentul Highlands GC■
Bukit Sentul Bogor
Reservations: 021-8796-0266
※ プレイフィーの目安は こちら

 





この記事へのコメント
高原ゴルフいいですね。
インドネシアに赴任するまで、まさかインドネシアで涼しい高原ゴルフができるなんて思ってもいませんでした。
それにしても、ほんと岩だらけのコースですね。
ヘアウェイに岩だらけなんて(^◇^;)
日本でも少しばかりの岩がヘアウェイサイドにあるコースでラウンドしたことりますが、狙っていないのに岩にボール当たりますよね(T ^ T)
プロゴルファー猿じゃないんだから岩返しなんてできませ〜ん(笑)

ストッキングをビリビリ破るプレーもできませーん(笑)
Posted by Sydney at 2016年01月23日 22:17
 
そうそうそう! そーなんですよ!!
サイドにちょっと岩があるくらいは、普通だと思うんです。
で、でも、、 ここフェアウェイど真ん中に、無数に散らばってる。。。

こんなハザードってアリなの?!
と思わずツッコミ入れたくなりましたよ。
岩を狙えと言われても難しいものの、
避けたいのに当たっちゃうことってよくありますよね (林とかでも)
そういう予感のする、地味に驚いたコースでしたw

・・・え?
男子たるもの、ストッキングを乱暴に破るプレイくらい嗜みませんと♪
できませーん、じゃございませんっ (魔笑)
Posted by >Sydneyさんへ。蜜 at 2016年01月25日 19:20
スントゥールいいですね。
それよりも、以前普段から(日中も)下着を着用せず、直ストッキング履きの女性とお付き合いしていたころは、一番最初の写真のプレーをエンジョイしておりまして、懐かしく思い出しました。
失礼しました。
Posted by aderai at 2016年01月26日 16:38
 
・・・えー、、 あまりの衝撃にコメントのお返しが遅れてしまい申し訳ありません (笑)

っていうか、
な、ななななんていうけしからん女性とお付き合いなさってたんですかっ!
羨ましすぎますっっ!w

うー。 想像するだけでエロイですねぇ♪
直ストッキング履きを (強要含む) して、それを破って・・・とか、
その彼女さんはドMでしたか?

あれ?? aderaiさんがM男なんじゃなかったでしたっけ? 笑
Posted by >aderaiさんへ。蜜 at 2016年02月03日 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432872207

この記事へのトラックバック