2015年08月29日

割れ目から溢れるエキスに舌を伸ばして 「CUT THE CRAB」

 

いつもと変わらず蒸し暑い、ある雨上がりの夜。
 

・・・眼前で、わりと大胆にパックリと開かれた割れ目が、ひどく艶かしくて。
   


「 ねぇ、、 もう少し控えめに、恥じらいをもって横たわるくらいの方が、好みだよ? 」

なんて心の中では半分笑いながら、けれど
こんなあからさますぎる誘惑の罠にでも、わざと掛かってしまいたい自分もいる。
 


それでも焦らしつつ、ただじっと見つめていると、
まるで、 “ もう我慢できないの! ” とでも訴えかけてくるように
割れ目から外にまでエキスが溢れ出すビジュアル には、
思わずそそられてしまって、しゃぶりつきたくなる衝動を抑えることができない。


そして、ついに舌を伸ばした先に広がるのは、
想像を遥かに上回る、甘美で刺激的な芳香と味わいなのだ・・・。






ctc1508.jpg




『 貝欲 』

というナゾの迷言を 過去の記事 においても生み出しました通り、
憚ることなく申し上げますが、


蜜は、無類の貝好きです。


・・・自ら開くのも、強引に開かれちゃうのも好きです黒ハート
↑ ソコ訊いてないから。




ただ以前、ブログとはまったく関係のないご縁で知り合った方と、
お酒をご一緒しながら、 「Le QUARTIER」 でムール貝にありつけなかった話
大変熱く語ってしまったところ、

「 え・・・ キミ、もしやブログ書いてる?  まさか 蜜さん??

と、


知られたくない身元がバレた


ことがあったので、  ( いや隠してるわけでもないんですけど… やっぱ恥ずかしいじゃん?/// )
以来、 貝がくぱぁ〜っと とか色々申すのは、ブログの外では控えようと誓ったのでした。
いえその、、 レディのたしなみとしてもね♪





で、話を戻しますと、
この夜に出会った大胆で魅惑的な貝の割れ目の、


sDSCN9967a.jpg

全体像は ↑ こうね。



なかなか豪快で、グッとくる見た目でしょ?黒ハート
こちらを味わわせてくれるお店は、


sDSCN9959.jpg
Senopati の程近く、 Jl. Cikajang に位置する 「CUT THE CRAB」



その名の通り、

sDSCN9957.jpg

蟹 割ってますw   外で従業員さんが、鈍器片手に。



一通り注文して、ビールなどを飲んで待っていると、

sDSCN9960.jpg
コミカルな蟹のイラストが目を引く、紙エプロンが配られます。


↑ これ、ちょっと照れくさくても、ちゃんと付けましょう (笑)
その根拠は後に知ることとなります。



sDSCN9954.jpg
ローカルのお客様にも人気のあるお店のようなので、事前に予約をして行った方が無難です☆



しばらくすると、このテーブルに
おもむろに、真っ白で大きな紙が1枚バサッと敷かれまして、


sDSCN9961.jpg
主役を待つ間のおつまみとして頼んだポテトすら、そこにザザッと ON 。


お皿は使ってくれません。 一切。
というより、折角そのポテトを運んでくる皿はあるのに、
テーブルにぶちまけられた途端、容赦なく持っていかれてしまいますw



なに、フォーク?
んなもん、あるわけありません。

オンナは手掴みですっ!  ※ オトコも。




その後も、

sDSCN9962.jpg sDSCN9963.jpg
テーブル (に敷いた紙) の上に、 直に食材 ON するオンパレード!


しかも、 ↑ ビニール袋の中から っていうね。。 (苦笑)


このへんのビジュアルは、
インドネシアや中国などでの生活経験がある人なら抵抗ないと思うけれど、
日本からの出張者とか連れていったら、
目を輝かせるタイプと、ドン引きするタイプとに分かれそう…w



でも、ビニール袋から一旦出ちゃえば、

sDSCN9964.jpg

ほら、こんなに美味しそう 黒ハート



お店の名前、 「CUT THE CRAB」 ですから。
やっぱりカニは食べないとね☆
って感じで当たり前のようにオーダーしたんですが、どうやら

これ、意外とお値段したみたいです・・・。
※ 2人分で Rp600,000 だか Rp700,000 だか。。 ご馳走してくれた友人に感謝♪


でも、美味しかったぁ〜!!
食べにくいところは、各テーブルに置いてある鈍器で割って口に入れるんですが、
それが最初うまくできなかったりして、そんなことで笑い合ったり。

ただ、このように ↑ 蟹を叩くため、
その時にソースが飛び散ったりするので (笑) エプロンは必須なのです。


にしても、カニ爪が…っ
カニ爪、肉厚ふわっふわで、特に顔がほころびました☆




そしてお待ちかねの、貝もね。

sDSCN9965.jpg
やっぱり、ビニール袋の中から豪快に出てくるんだけれどもw



sDSCN9968a.jpg



この・・・っ  このねぇ、、

貝の割れ目から思わずトロリと溢れ出ちゃった、
艶めくエキスが あまりに淫靡で。



もともとのソース (何種類かの中から注文時に選ぶ) のパンチだけでなく、
貝本来が持つ旨味もそこに加わって、
すすると何とも言えず美味しいハーモニーが、口いっぱいに広がる幸せ。。



それを心おきなく堪能するためには、もう

恥ずかしがらずに、しゃぶっちゃって!
貝を開く指先も、お口の周りも、ベトベトにしちゃって!!



あぁ、これだから貝好きはやめられないの…






↓「貝って、そそられちゃうよねw」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
ジャカルタの話題に戻りました!  溜まりまくった飲食店情報をどんどんアップしていくつもりです〜。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■CUT THE CRAB■
Jl. Cikajang No.32, Senopati, Jakarta
Reservations: 021-2970-4981
※ 予約して行かれた方がいいかもしれません

 




この記事へのコメント
はい、今回は貝喰いのお話しですよね‼
最初の2フリップでコメント書き込みに直行しました(笑)
ゴメンなさい、そういう訳で未だ本文読まず、ポチっ、もまだです。
でも報告しときます。
その2フリップだけで、私の下半身がポチっ、と温かくなりました(笑)
それでは、本文に取り掛かります‼
Posted by JKT49 at 2015年08月31日 20:01
 
うーん・・・ バレてる (苦笑)

と言いますより、
「 その後の展開をお推測頂けるくらい、
  いつも JKT49さんが熱心に当ブログを読み込んで下さっている 」
ということで、これはむしろ喜ぶべきことなんですよね?♪

いつもポチッと&コメント ありがとうございます。
大変嬉しく思っていますよ。

… 下半身も熱を持たれましたようで、なお幸いでございますw
Posted by >JKT49さんへ。蜜 at 2015年09月04日 13:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック