2015年03月19日

ソーセージも、アレも 『開発』 されています。

 

憚りなく声高に、
これまで何度もこの場で繰り返し告白しておりますけれど、
 


ご立派なソーセージをパクッとする のが、

蜜は、本当に大好きです
黒ハート
  



朝っぱらから、昼下がりから、もちろん夜などいっそう激しく、
カラダがその味わいを求めて疼く。

猛々しく太ぉ〜い! のは、口に含み応えがある♪
けど、細めでも長ーいのなら好きなのよ。 じわじわとズンズンくる良さがあるの・・・
 

あらゆる形に、それぞれの魅力が潜むわけで、
どんどん 『開発』 されていく ことに、今後も期待が止まらないわ。






s2448762.jpg

ね、 「Papaya」 さん☆ (笑)



… つ、ついに!
豚肉ソーセージ 】 まで、 「Papaya」 オリジナルのご登場!!ぴかぴか(新しい)

( え? 前からありました?  いや、無いですよね。。 最近ですよね?! )




日々、大変お世話になっています、日本食スーパーの 「Papaya」 。

こちら独自展開の 『開発商品』 シリーズを、
色々とお試ししてみるのが、蜜のひそかな楽しみでw



sDSCN7406.jpg
間違いなく安心・安全・美味しい食材 と信頼して、いつもとっても助けてもらっています♪


↑ この他にも 納豆 とか 餃子の皮 なんてのも、 『開発』 されていて。

卵は、最近ようやく “森のたまご” さんも参入してきてくれたけど、
それまでは 生食 OK! 黄身こんもり〜 なんて、このオリジナル商品しか無かった。


お豆腐にいたっては、
「Papaya」 以外のスーパーで出回ってるのは、なんか酸っぱいしたらーっ(汗)

(あれ、保存液の問題なのかなぁ…?
 傷んでるわけではなくて。。  でも、怖くて冷奴にはできない。)




ちなみに、
写真右端の 【焼きそば麺】 は、かつては冷凍コーナーにラーメン・うどんと共にあって、
安くて美味しくすごく重宝してたのに、ある日消えちゃったのぉぉお〜 (泣)
再展開、個人的に超希望!!!

↑ や、ここで訴えてもしょーがなくね…?w  投書箱に入れようよw




sDSCN7403.jpg
近ごろ、絶賛マイブームな 『開発商品』 は、写真右の ポテトチップス☆


うすしお・のりしお・コンソメ味とあって、1袋 Rp12,000 (=約120円) くらい。

大手メーカーのに比べて、軽〜くサクサクッと揚げられた食感がナイス。
なんか体にも良さそうな油な気がするし (笑)



で、全然カンケーない左のポテチは・・・
これは 「Papaya」 でなくても大き目のスーパーなどではよく見かける、
インドネシア・メイド の、自国オリジナル商品なのぴかぴか(新しい)


sPapaya_p.jpg
上が 「Van Landa」 の裏面、 下が 「Papaya」 オリジナルの表。



だから実は、、

この2種類のポテチは、 日本への立派なお土産
になるのではないかと、ひそかに目論んでいる。。w



少なくとも蜜は、
これらを持ち帰って配りまくる気満々でーす。
だって2つともインドネシア以外じゃ手に入らない、貴重なお酒の友だもの☆






sDSCN7408.jpg
あー・・・  えっとそれで、冒頭のソーセージに話を戻しますとたらーっ(汗)



s2448707.jpg

焼いてみました♪  (手前の細いのは 『開発商品』 、 奥の太い2本が輸入モノ。)


↑ 歯応えが、輸入品に比べると やや硬め? だったけれど、悪くない。
ピリ辛味じゃない方は、なんとチーズインでした。



・・・うん、でもアレね。

やっぱ、
洋モノは大きくて太く荒々しい味わい で、
ジャパニーズのは、小ぶりで細くても繊細なタッチが丁度良かったりする


のは、、  何事にも通ずるのね黒ハート




できれば、蜜は 1日最低1本は補給したくて。
家にいっぱい常備しとこう。
太いのも短いのも細いのも長いのも、みーんなみんな揃えとく♪

あとはその日の気分次第で、夜な夜な・・・
ううん、朝も昼もいつでも密かに オ・タ・ノ・シ・ミ (笑)






↓「1人で楽しそうだね…w」 の苦笑い代わりに、 バナー画像をポチッと お願い☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
※ この手に掴んでいるモノは、ご想像にお任せします。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 



posted by 蜜 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック