2018年04月13日

オトナの EGG(水色)は夜の必需品 「Bubur Ayam Mangga Besar I」

 

ついに更新が3ヶ月ぶりとなってしまいました💦 
皆さま大変お久しぶりです。。


ブログにしばらく動きがなくても、いつもチラッと覗きにいらして下さったり、
ランキング応援 への変わらぬご協力に感謝するだけでなく、
更新が途絶えていた間に多数のメッセージを頂戴しました、その方々への
お返事もままならなかった
ご無礼を申し訳なく思っております。

様々なお声をかけて頂けることはとても嬉しく、
少しずつ返信してまいります。 お待たせして本当にごめんなさい!!
   

†・.。* +  pandaani14.gif  + *。.・†



新年くぱぁっと開けまして からも色んな出来事がゴタゴタありました・・・
一瞬血迷ってジャカルタ卒業?! なんて選択肢も浮上しかけたけど、
結局は一時帰国に落ち着いた 海外生活通算10年目。 (爆)
 

そんなこんなで日本を行ったり来たりしてると、
『 ジャカルタには無いからイイお土産になるであろう 』 と常々感じ、
男友達などに買って帰って配りたくなる、


sIMG_7825.jpg

オ ト ナ の タ マ ゴ 黒ハート



(水色) の話をしましょ☆
… ま、今さらな 定番 ですよねーっ★


このシリーズ、上海には企業進出してたんですが、
インドネシアでは難しいみたい。。 っていうか、う〜ん多分ムリ?w

規制がありますからね!
あ、だから 表向きは 個人のおみやげでも持ち込んじゃ NG ね!!
没収ね!!! なので自己責任でね♪



え、じゃあ蜜が挟んでる EGG ↑ はどうしたのって?
それはね・・・


s30118526_1640329949380319_1547670384_n.jpg

仲良くしてた駐在員♂から

本人の帰任時に大量に押し付けられた。




・・・・・。

何故っ? なにゆえ 蜜に 託していった?!
配る相手激しく間違っとるw

意図が見えないが、
蜜は残念ながら生まれつき備わった機能がすべてオンナなんで。

これじゃヒトリアソビできないのよ〜〜
いいなぁ、男の子はこんな可愛いタマゴで気持ちよくなれるんだぁ。。 とか
その快感を妄想しながらちょっとムズムズしてたら、



思い至った。




30118850_1637376259675688_1025446595_n.jpg

インドネシアにも、巷でよく見かける

【 水色 EGG 】が存在することに。




そして、コレが蜜の 夜の必需品♪ であることにも黒ハート




ただし、こちらは 『食べ物』 ね (笑)
Telur Asin = アヒルの卵の塩漬け。 よくゴルフ場の茶店でも売ってる
けど、蜜はやっぱり 夜にお世話になる ことが多いかなー。

それは、


ssDSCN0408.jpg
時折、発作のごとく定期的に ↑ このお粥をカラダが欲するから。 ※ 特に深夜



蜜は、上海時代からのクセもあり、
飲んだ後にお粥で〆たくなる晩がある。 しかも絶対おいしーやつで!

インドネシアでもブブール (お粥) 自体はポピュラーな食べ物。
ただ、蜜が求める中華がゆっぽいコクのある旨みは
あんまり望めない。 唯一、 Bubur KWANG TUNG のくらいかな。


・・・と、半ば諦めてもいた。


ssDSCN9992a.jpg
「Bubur Ayam Mangga Besar I」

    ここに1年半ほど前に連れてきてもらうまでは。



… とかなんとか倒置法?っぽくカッコつけて思わせぶりに書いてっけど、
1年半も ネタあっためてたんかい!
っちゅーね。。 もっと早くブログに上げなさいよたらーっ(汗)



s28233430_1587899664623348_936265343_n2.jpg s28233430_1587899664623348_936265343_n.jpg
それまでの間に、蜜はいったい幾多このお店を訪れたことだろう… ※ 途中、改装も経験w


その改装により、
お手洗いはめでたく男女も分かれ、だいーぶ綺麗になった (ありがたい)
ものの、まぁご覧のとおり中華系ローカルな店構え。

メニュー表なるものは一切なし。
注文も取りに来てくれません。 自分で入口の外にある調理場へ
口頭だけでオーダー & インドネシア語オンリー


しかも同店は、お粥もさることながら、

30180682_1641334699279844_523842541_n.jpg
一番のウリは、 鶏を1匹まるごと捌いていろんな部位の味を愉しむ


それが醍醐味って場所なもんで・・・
砂肝だの腸だのといった臓物系の単語、専門用語での注文が要るので、
初心者には か な り ハードルが高い (´・ω・`)ショボーン



けど!!!
↓ この道具さえあれば心配ないさ、のび太くんぴかぴか(新しい)


s28308210_1587897751290206_930676623_n.jpg s28313238_1587898021290179_2066879161_n.jpg
インドネシア語うまい人から教えを請うたメモ (左) を元に、蜜が作成したカンペ (右)
※ 不必要なこと甚だしいかもしれませんが、一応、上の2枚の画像はクリックすると拡大表示します…



右の、赤線をひいた数字のところだけ人数に応じて値を変えて、
カンペのまま読み上げれば、あとはおおよそ、


s30174116_1637386246341356_429003116_o.jpg

このように盛り付けられて。


新鮮でおいしい鶏のお肉を、丸ごと堪能できちゃう☆
そりゃもうカンペとか用意してる恥ずかしさとか吹き飛んでしまうほどの素晴らしさで!



あ、上の写真のは
カンペの @ (Ayam Rebus) C(水色 EGG! 笑) の組み合わせね。

C については後ほど語りますがw
@ の、脂の乗ったツヤツヤの鶏皮にプリップリの身、
臭みを感じない腸、コリコリと歯ごたえの良い砂肝とハツ・・・

どれも秀逸なお味!!



これらのお肉の上には、いつも調理場を見ていると

ssDSCN9996.jpg
2種類の、隠し味の調味油?なるものを必ず振りかけているのですが


↑ この仕上げがまたぴかぴか(新しい)  旨みを際立たせているのよねーっ。
食べた感じは、ゴマ油とニンニクを利かせたような、、
あとはたぶん企業秘密でしょうw


そこに更に、

s28275434_1587899627956685_795494674_o1.jpg  チャベ(唐辛子)& ケチャップアシン(醤油的な?)

が各テーブルに無造作に置かれるので、これに漬けて口へ運ぶと…

あぁ、その美味たるや 悶 絶 級 !!!




s28236452_1587899661290015_573373348_n.jpg  無限ビールいけちゃいそう☆★
※ 同店には、ビールだけはあります。 ただし、だいたい冷えが甘い。



ちなみに、ですが個人的な好みを言うと、

s28309933_1587899654623349_2000320896_o.jpg  カンペA (Ayam Panggang)

は、うーんタレがちょっと。。。
せっかくの鶏肉の素材の風味が消されちゃう感じで、蜜はやや苦手たらーっ(汗)



ssDSCN9999.jpg  カンペD (Nasi Hainan)

こちらは、まぁ一般的な海南ライスってことで、
@ (Ayam Rebus) を乗っけて食べたらもう間違いないでしょ◎




だ け ど ね 。



折角このお店を訪れたのなら、どーーしても選びたいのは
B (Bubur Ikan Asin)  ※ サイズ大/小あり
なんですよ…

だって、店名からして 「Bubur Ayam Mangga Besar I」 。
あんなに捌きたての鶏肉プレートが主役っぽいのに、看板は お粥 なの。
それに深夜に立ち寄ると、鶏はハビスでもお粥だけはちゃんとある。



そして、その大事なお粥の魅力を最大限に引き出すのに
これ以上ないアシストをしてくれるのが、

sDSCN0406a.jpg
オトナの EGG(水色)にどことなく似た、塩漬けされてるアヒルの EGG 黒ハート


・・・うん、
やっぱり、そういうものなのね。

ああいう 粘っこくて重い白く濁ったドロドロ の魅力 引き 出す には、
何かしら刺激となるようなタマゴなどを添えてみる のが
快楽へと導かれるセオリーなのよねっ♪



s30232433_1637386223008025_1018779575_o1.jpg
細かい 【 ご使用方法 】 については、多少の違いはあるでしょうけどw



そのまま口に入れたらしょっぱすぎる塩辛いアヒルのタマゴを、
そのままでも旨みたっぷりなお粥に加えて、ほぐしながら混ぜて食べると

昇 天 ぴかぴか(新しい)

しそうなほどの美味になるのがもう堪らず、
“ 深夜粥 ” の必需品としてカラダが求めてしまう蜜のそれは、

オトナのタマゴにお世話になる殿方の欲と、あるいは同じなのかもしれない。






↓「同じわけないだろ!」 の代わりに(笑) バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
えぇ〜〜だって蜜、羨ましいんだもん。。 気持ちよさそーって想像するしかないんだもん!

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Bubur Ayam Mangga Besar I■
Jl. Mangga Besar 1 No.46A, Jakarta
Reservations: 021-6280-474
OPEN: 10:30〜14:30 / 17:00〜0:30

※ 基本的に 席の予約は不可 な上に だいたい混雑 しているので、
  特に夕食時は並ぶのを覚悟か、早めに集まれる人だけで先に始めるのが無難です…