2016年01月30日

ちょっと舌先でつつくだけで、すぐ中から溢れ出ちゃう…  「369」

 


最もたまらない部分を、守るように秘めるように包んでいる、薄くて繊細な皮・・・
  

そこを、まずは優しくめくってあげる ところから始めなくちゃ。
痛めつけたりしないように、
唇を尖らせて、伸ばした舌先でつつきながら、
ちょっとだけ軽く歯をたてて甘噛みするように触れるの。
 

丁寧に、丁寧に。。  
だってそこは、一番敏感なんだから。
     




そうするとね、おのずと
中からジュワッと、熱いおつゆが溢れ出ちゃって。
                                      
                                      
                                      


sPC130038.jpg

こんなに汁が滴って、

おくちの中 いっぱいになっちゃうの
黒ハート




… たぶん蜜が、世界で一番大好きな食べ物である小籠包の、
これが 【 正しい食べ方 】 です。

女のコの体のように、丹念に扱ってあげてね♪



もしも乱暴にしちゃったら、


sPC130034.jpg
薄皮が破れて、 肉汁ジュワッとたっぷり豚肉小籠包 の美味を台無しにしちゃうものっ!




はい。
そんな素晴らしい出来栄えの小籠包を、インドネシア・ジャカルタで☆

そこは、有名な老舗の、


ssDSCN9290.jpg
「 三六九 (Depot 369) 」 という、コタ Jl. Mangga Besar 沿いにあるお店。



蜜は以前、小籠包の本場である上海に、4年半住んでいましたから、


sPC130005.jpg sPC130007.jpg
メニューの中にある、こういった懐かしいローカルフードの名前を見つけると心躍ってしまうー♪


焼き餃子のことも、ちゃんと 「鍋貼」 って書いてあるし!
小籠包のお隣には、 「生煎包」 (焼き小籠包のこと) も並んでるし。 キャ〜!!

「湯圓」 とかね、寒い中食べたなぁ。。。
あちらの風物詩でして。 冬至や元宵節に食べるスイーツ? なの。



そんなわけで早速、

sPC130031.jpg sPC130027.jpg
生煎包 (焼き小籠包)鍋貼 (中国風焼き餃子)。 あとはトンポーローを包子に挟んで頂く1品を。



生煎包・・・  う、旨い・・・・。


合格!!!     ← サーセン!偉そうにw



いやだって、、
ちゃんと豚肉使ってるコクのある肉汁は、飛び出るほど入ってるし、
皮も甘かったりしないで香ばしく◎

マズかった あの FOOK YEW のとは対照的w




sPC130023.jpg
そしてこれは、メニューには 「杂酱面」 と書いてあったけど、おそらく炸醤麺であろう一皿 (笑)


しかも、メニューの説明文に、
『 浙江省ラーメン 』 とあるのだが・・・ 炸醤麺は主に 北京周辺 だぞ?w

うん。 まぁ、美味しければなんでもいっか☆
甘辛い肉味噌にしっかり旨みがあり、それが麺に絡んだらもう〜間違いない味よね。
これオススメです。




んじゃ、最後に 【本日の主役】 小籠包 いっとくか!


sPC130036.jpg sPC130037.jpg

うんみゃーい♪♪   ※ Rp51.818 / 8個入り



・・・けど、実は
蜜の好みどストライク、ではない。 (・ω・`)



いや、よく出来てるよ?
箸でつまめば皮がたわむほどの薄い皮と、肉汁たっぷり感。
口の中で弾ける豚肉とスープのコク。 そこには特にジャマな雑味もなし◎



ただ・・・  なんか、虜にまではならん味なのだ。。



この感情は、例えるならば、

smana_s_1601.jpg  紗倉○な カワイイー!!


とは思うんだけど、なんか ヌケない んだよね… (・ω・`)


っつーのとよく似てる感じ?!



悪くないんだけど、
もっとオネーサン系がいいんだよねぇ、みたいなw
どこにも難点など無いのに、どっか何かが違う。 あとは好みの問題っちゅーかね。

本当に美味しい小籠包だったんだけど、ツボじゃなかった。
個人的にはですたらーっ(汗)




sPC130002.jpg
「369」 はスラバヤが発祥の地で、今はジャカルタ市内にも4店舗。  ※ 写真クリックで拡大表示



もし、蜜の中でジャカルタ1の小籠包は、じゃあどこなの?
って聞かれたら、相変わらず


『 プラザスナヤンの 「楽天皇朝」 』


って即答しますね。
5F にある、PARADISE DYNASTY のことです。
ここの原味 (オリジナル豚肉) 小籠包は、好みどストライクなのだ☆



とはいえ、コタまで足を延ばしてでも一度は訪れてみたかった 「369」 なので、
わざわざ連れてってもらえたことだけでも感謝なんです。
念願叶って、大好物食べ比べ。 あぁ幸せ。






↓「紗○まなファンの方、ごみんちゃい!w」 でも バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
・・・と言っても、なんだかんだ、まなちゃんのお世話になってますけどねー  蜜も。 (笑)

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
真面目な、役立つジャカルタ情報ページ が開くだけなのでご安心を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■三六九 Depot 369■
Jl. Mangga Besar Raya 57A, Kota, Jakarta
Reservations: 021-659-4613

※ その他、ジャカルタ・スラバヤに複数店舗あり (詳細は記事中の写真ご参照)

 





2016年01月26日

奥歯も凍るようなキスをしたいだけさ  「POR QUÉ NO?」

 



ssPC250496.jpg




隣のキスに触発されて。
   


蜜も久しぶりに、あんな素敵なくちづけをしてみたくなった。

貪り合うのでもなくて、
雨のごとく浴びるように与えられるばかりでもなく。


せがんでもせがんでも上手くかわされて、
ただその一度、重ねる温もりを求めて求めて ようやく、すっと伝え合う熱。
一瞬だけ、宵闇に紛れながら。
  



… そんなふうに激しく刹那的に、誰かに心を傾けたことは
もう、いつ以来ないだろう?
あの時が最後だから、あぁ随分経つんだな。。


ふと過去の想いがこみ上げて涙ぐみつつ、今、隣にいてくれる人に笑顔を向けた。




ssPC250563.jpg
ジャカルタの生暖かい夜風に吹かれながら、胸の奥深くにしまった昔の情熱が再び甦った場所。




ssPC250483.jpg



タムリンからスディルマンの夜景が、
180度以上の大パノラマで一望できるルーフトップ・レストラン。




ssPC250486.jpg




それは、メンテンに位置する、

ssPC250568.jpg
「POR QUÉ NO?」 という、スペインタパスとお酒を愉しむダイニングバー♪



去年ひっそりとソフトオープンしたらしく、
蜜は、2015年12月号の 『南極星』 を読んで存在を知りました。


ssDSCN9406.jpg
Jl. HOS. Cokroaminoto の、このビルの看板が目印


↑ この建物の端っこにあるビル入口から入り、
本当にここ? と不安になるような (笑) 簡素なエレベーターに乗って5階に、



ssPC250547.jpg

「POR QUÉ NO?」 なる、隠れ家的タパス・バー


は、夜空の下で明るい暖かな色を放っています。
屋内の席も内装が素敵ですが、やはり折角ここを訪れたのなら、



ssPC250514.jpg
目の前にジャカルタの夜景を一望できる、オープンテラスシートがおすすめです☆



中心地から一本奥まったメンテンからだと、
5階という、それほど高くはない場所からでもこんな景色が広がるんですね〜!

必ずしも 高層ビルの屋上ダイニングバー まで足を運ばなくても、
このパノラマビューなら十分満足だったりしません??



あまりに気持ちが良くて、

sssDSCN9380a.jpg
ビールの後は、早々とカクテルを味わいたくなる、まったりモードに黒ハート


『南極星』 にも載っていた、 in LOVE with Coco Frozen 。
ココナッツの甘さが広がる1杯で、
あんまりお酒ー!! って感じじゃないけど   ※ 蜜のアルコール度検知能力的にはw

この夜の、開放的な気分にはすごく合っていて美味しかったー♪
ちゃんと豚肉を使った cold cuts をつまみながら。



ssDSCN9388.jpg ssDSCN9400.jpg
エビのアヒージョ (オイル煮) は、海老プリップリ!で最高◎  コロッケは可愛く一口サイズ。


ここは、スパニッシュ・レストランといえど、
タパスを中心に出すお店のようなので、おつまみ的な小皿料理がほとんど。

ポーションが少ないぶん、
一皿一皿のお値段も控えめな感じ。 (大体どれも青いルピア札1枚前後〜)



ssDSCN9390.jpg ssDSCN9404.jpg
そしてスペイン料理といえば・・・ 外せない サングリア は、 もきちんとご用意あるのが嬉しい♪


↑ ただし、グラスでのご提供はないそうなので、
このカラフェサイズ (?) を、お相手と分け合いながら飲む感じで黒ハート


ハンバーガーは、
ミニサイズが3つ並んで、それぞれ挟んである具がちょっとずつ違うという。。
でも、 どの パテもゆるい ことなくw  良い出来でした☆




ssPC250488.jpg
ただ、やっぱり 「POR QUÉ NO?」 の一番のメインディッシュは、この夜景でしょうね。



中心からわずか離れたメンテンという立地のおかげなのか、
目立たぬビルの5階に在るという意外性か。


未だそれほどお客さんが多すぎない、程よい賑わいのテラス付きダイニングバー。
こんな穴場な隠れ家で、こっそりと…


『 恋人同士だから飲む ロマンティックなあのジュース
  奥歯も凍るようなキスをしたいだけさ

  惚れたはれたの真ん中で 電気ショックを味わいながら
  いつかは燃えるような恋をしたいだけさ 』 〜♪







↓「サザンのエロティカ・セブンだね!」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
主題歌になったこのドラマは、当時の常盤貴子の体当たり演技が超話題に! リアルで見たかった。。。

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
※ ちゃんと真面目な役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご安心を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■POR QUÉ NO?■
De RITZ Building, 5th Floor
Jl. HOS. Cokroaminoto No.91, Menteng, Jakarta
Reservations: 0811-993-6008 / 021-390-1950

 





2016年01月22日

あぁ!そんな、ビリビリに破きながら突っ込まないで!!  「スントゥールハイランド」

 



spansuto-yaburi-rape-01s.jpg




まだ昼前の、眩しい陽光がさす中、
蜜の下半身を守るはずだった黒いそれは、無残にビリビリ破かれてしまった。
   


想定外の突然のアクシデントに、なす術もなく、
やめて! という声も上げられず、白い肌がむき出しに晒されても抗えない。
 
こんな明るい所で、次々に布が裂けていく鋭い音が耳に届く度、
羞恥心でたまらなくなった。
  


お願いですから、そんなに見ないで下さい。
恥ずかしいんです…

  


心の中でそう懇願しても容赦なく、
どんどん破かれてゆくまま、最後は穴に突っ込むのを途中で拒むことは許されない。

だってこれは、そういうプレイ。
                                        
                                        
                                        



18回も、それを繰り返すプレイの、真っ只中。






s12607249_923810394365615_161334059_n1.jpg


【 悲報 】


ゴルフウェアの下に履く、

ストレッチタイツが

ラウンド開始前に ビリッと破けました。





場所が悪い・・・。

もうちょいお尻のあたりなら、ウェアのスカートの中なので見えないのに。
こんな太もものとこじゃ、どーにも隠しようがないじゃないか!!!


かと言って、脱いだら日に灼けるし虫にも刺されるから、
仕方なく履いたまま続行せざるをえず (泣)
※ インドネシアのゴルフショップでは、これの替えなど販売されていませんので




ssDSCN0026.jpg
せっかく綺麗な、リゾート風ゴルフ場 「スントゥール ハイランド」 にお誘い頂けたのにー!



ボゴールに位置する山岳コースだけあって、まず 涼しい 黒ハート

高原ゴルフだぁ〜♪
なだらかな山の景色に、心が癒されますよ。。

しかも、クラブハウスも立派だし、


ssDSCN0030.jpg
土曜の午前ですと、2juta 近いような高級コースですからね…  更衣室も快適☆
午後になるとグッとお値段下がるみたいですが



もう、さすがのって感じです。

実はあまり体調のいい日ではなかったのですが、
お声がけ頂いて、その場所がスントゥールハイランドだと聞いた瞬間、
「行くー!」 とノッた現金すぎる蜜w



ssDSCN0031.jpg
その期待を裏切らない、高級リゾートのように豪華な 「Sentul Highlands GC」 の雰囲気に、


うきうきしながら朝食を済ませて、
ちょっと練習してお手洗いへ行って、さぁラウンド開始〜♪


・・・の矢先。


s12606792_924173780995943_1929306591_n2.jpg  ビリッ



という鈍い音が、太ももの上部から聞こえてきた時には、
もうすでに見るも無残な破れっぷりでした。。。



だからって、やめます! とか言えないし。

お裁縫セットを常に持ち歩いててパッパと縫えるほど女子力高くないし。




ssDSCN0041.jpg

このまま始めるしかないのだ。 (涙)


同伴者の殿方たちの視線を気にしながら、18ホール延々と・・・。



フェアウェイを歩くたび、
バンカーでしっかり足を開いてスタンスを取るたび、
カートを乗り降りするたび、
ティーグラウンドで大きくスウィングしてドライバーを打つたび、


ビリッ ビリビリッ…

と、タイツが裂けていく卑猥な音が。。
あらわになる白い太ももが。


あぁっ! なんたる羞恥プレイなの!!!
そういうの嫌いじゃないけど



ssDSCN0048.jpg
えー、、  このあたりでいい加減、ちょっとはコースの話でもしましょうかw


とはいえ、蜜のゴルフレベルで語れるものなど特にないのですが。


山岳コースゆえ、
アンジュレーションも凄まじいかと思っていましたが、それほどひどくもなく。
グリーンは確かに傾斜あり、うねっていましたけど。

それよりも違和感を覚えたのが…



ssDSCN0038.jpg
なんか・・・・ 石、多くね? みたいな (笑)  別にカート道だからいいけどさ。。


ssDSCN0039.jpg  サボテンとか生えちゃってるし!
TV で見たアメリカ? のプロツアーのようなコースw



などと、最初は笑っていたのですが、


この、じわじわきた違和感は、

ティーグラウンドに立った瞬間、衝撃へと変わる。





ssDSCN0045.jpg

え、フェアウェイに・・・ 岩?!



あのーー
そこ、蜜がモロに球落としたい位置なんですけど?
邪魔なんすけど??



ssDSCN0047.jpg

マ ジ で 岩 だ 。



でかっ。

これ、普通に当たりますよね?
避けて打ちたくても、運の問題で、ぶつけますよね??

この岩のレベルに当たって跳ねたら、球の行方は無事じゃ済みませんよね?!



ssDSCN0042.jpg
つまり、きちんと狙った場所に正確に打てる技量がないと、不運なことになる。


こんな岩コース、蜜は初体験でした。
ハザードとしては面白い・・・ いや、面白くないか? だけどw



ssDSCN0037.jpg
フェアウェイをたまに横切る川や、グリーンの難しさより何より、 岩が印象的すぎて。



コースの攻略法とか、各ホールの説明とか、
そういうのはまっっったくできない無能ブログで、本当にいつもごめんなさいたらーっ(汗)


蜜が語れることといったら、アレだ。

パンストを乱暴に破かれる音って興奮しちゃいますよねー♪

とか、


ssDSCN0033.jpg
クラブハウスの女のコたちの露出が高くて、ここのコース最高じゃない?黒ハート


とか、


でも楽しいからって、あんまり高いパンストを破かれたら困るから、
どこかで伝線しちゃった時に、
嬉々としてそれをプレイ用にまわすのが常識よね☆

とか、


有無をいわさずパンストを破いて無理やり突っ込むシチュエーションもいいけど、
穴あきボディストッキング 着用には、もうたまらなく萌えちゃうの…



とか、そういう話なら夜通しできます♪
なんなら実演つきで。






↓「いいからw もう黙ってw」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
ゴルフネタちゃんと扱う気、ゼロだろ? と苦情が来ても仕方のないようなブログ記事だ。。 (笑)

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■スントゥールハイランド Sentul Highlands GC■
Bukit Sentul Bogor
Reservations: 021-8796-0266
※ プレイフィーの目安は こちら

 





2016年01月19日

夜の個室で、思わず吐息が漏れちゃうの。。  Fairmont「千秋」

 



『 声は出すんじゃねえ   もらすんだ

  めったなことじゃ声の出ねぇとこがいいんだ

  責めに責めて たまらなくなって声をあげた時は、そりゃもう・・・ 』

  




s4848c6e0798657152da4e30ffb9b28b8_b.jpg
吉原遊女の生き様を描いた、安野モヨコ 『さくらん』 の一節より          





アノ時に唇からこぼす声 には、蜜も昔から気をつけている。
殿方のお好みもあるでしょうけれど、
少し高く、艶めいて、鼻にかかった甘い華やかな声色などが素敵かな、と感じる。
 

でも・・・ そうですね。
本当はもっと、湧き上がる衝動を耐えて耐えしのいで、
それでもたまらず喉の奥から溢れるように、思わず声が漏れ出たら。





そんな官能の極意を知りながらも、

その夜の蜜は、

とある個室の中で、

快楽の吐息をこぼし続けるのを



どうしても止めることはできませんでした。。。





だって!!!


ssDSCN0023.jpg
スナヤン Fairmont Hotel の、高級和食 千秋ディナー へお誘いされて・・・



いくつかある個室の中の一部屋に通されましたら、


ssDSCN0025.jpg
こんな、ため息の出てしまいそうに見事な盛り付けで彩られた和の前菜でお出迎えされ、、



ssDSCN0029.jpg
目の前には、 我々ふたり組のためだけのシェフがいらっしゃる という、ものすごい贅沢ぶり!!


↑ この御方・ TAKAMURA シェフがまた…  素晴らしくて。

ジャカルタでは、元はリッツカールトンの 「えべや」 にいらしたそうですが、
日本でも、名だたる高級ホテルで腕を振るわれていた他、
過去には天皇陛下に (!) お料理を献上されたご経験もおありとか。



そんな名シェフを個室で独り占めして、
目の前の鉄板の上で、フォアグラのグリルを操る華麗な手さばきに見惚れていると・・・


ssDSCN0032.jpg
傍らでじっくり温められていた鶏そぼろ茶碗蒸しの上に、そのフォアグラが美しく乗せられ。


もうね、、

まず見た目からしてラグジュアリーすぎて、くらくらしちゃいましたよっ (感涙)
そしてもちろん、お味も極上なことと言ったら!!!



… しかし、これはまだまだ序章に過ぎません。
ここから続く、贅沢なひと時のことを想像するだけで、声が漏れちゃう黒ハート




ssDSCN0048.jpg

でも、どんなに激しく吐息がこぼれちゃっても、個室だから赦されるの黒ハート



「千秋」 さん、本当に造りがすごくて、
各お部屋ごとに、鉄板焼き用の個室・お鮨や懐石用の個室・・・
などと1つ1つ分かれて、
お客様のお好みでまったく異なる趣向が愉しめるようになっているそう。


そのお部屋とお部屋の間の廊下にも、
砂利が散りばめられ、気品ある扇子が端正に並んでおり、
ここにいると、まるで日本の京都旅行にでも訪れているかのような錯覚が◎




ssDSCN0034.jpg
ここまでの感嘆のため息も止まぬうちに、お造りが差し出されます。


その奥では、
なにやらシェフが、ソースをお皿の上に美しく引きながら
何かを焼いていらっしゃる模様。。



ssDSCN0039.jpg
キノコのグリルだったんですね☆


最後に添えられた、緑色のソースがまた彩り素晴らしく。
こちらのお店では一貫して、
お味はもちろんのこと、目でも楽しめる和食の美を余すことなく堪能できます。



ssDSCN0040.jpg
続いて、淵の大きな紅の器が目を引く一品。 和製リゾットのような、クリーミーな食感!


蜜を 「千秋」 にお誘いして下さった方が、
いつの間にかご用意くださった、冷えた白ワインにまた合いすぎて・・・


はじめの前菜から、
すごい。 美味しい。 と止まらなかった愉悦の声が、

快楽すぎて嗚咽に変わりそうな瞬間でした。


※ 個室の中で、どんだけ激しい責めプレイが繰り広げられているんでしょうね。。




ssDSCN0042.jpg ssDSCN0044.jpg
蜜たちが幸せな口直しをしている間に…  シェフが真打ちご登場のご用意に取り掛かりましたよ☆



ssDSCN0045.jpg

あぁ極上の、ヒレとサーロインのステーキぴかぴか(新しい)


箸で取って、舌に乗せると、、
もう! あっという間にお肉が溶けて無くなってしまうの!!

やぁん、美味しすぎて哭いちゃうわ、蜜…っ



ssDSCN0046.jpg
最後に、鉄板で炒められた焼きめしで〆。


そういえば、先ほどのステーキを頂く際、
シェフから 『 銀座のオネーサンの食べ方 』 なる秘技を教えて頂きましたw

ミディアムレアの艶かしい赤みがそそられる 肉襞 に、
わざびをちょこっと付けて、
大根おろし醤油ソースに、ニンニクチップを乗せて・・・  殿方のお口へ あーん黒ハート


… え? 蜜も、実践??   あーん (笑)
さぁどうでしょう♪




ssDSCN0047.jpg
デザートの時間まで豪華です。


手前の果物やアイスクリームもさることながら、
台に鎮座した マカロン が、、 なんて可愛らしく小憎らしいほど美味なんでしょ☆★
これだけでも買って帰りたいくらい。




このジャカルタで、これほどまでの日本的・贅の限りを尽くせるとは。
「千秋」 で過ごした夜のひと時、もう最高でした。
しかし・・・


ホテルができたばかりの頃、 “フェアモント” がどうも発音しにくい、とかで


「 フェ○もっと? 」


とか言った人。。。  誰ですか?

そんなお行儀が悪くて品のない子には、 「千秋」 など不釣り合いですよっ!






↓「 …蜜、オマエなんだな?w」 呆れる代わりに、 バナー画像をポチッと お願いします♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
せっかく最高級の和食の記事なのに、最後にこんなバナー画像持ってきちゃう残念さたるや・・・・。

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■千秋 Senshu Japanese Restaurant■
Fairmont Hotel 2nd Floor
Jl. Asia Afrika No.8, Gelora Bung Karno, Jakarta
Reservations: 021-2903-9501 / 021-2970-3333
http://www.senshujapaneserestaurant.com/

 





2016年01月16日

『今』 こそ、家でじっくりアソコを開いて見せてもらおうじゃないか…

 


ジャカルタの街はだいぶ平穏な日常を取り戻しているものの、
あれから・・・ なんとなく、
まだ、あまり無防備に出歩くのは自粛ムードだ。


『 外出の際は、気をつけながら 』
それはもちろん当然のことだろう。 少なくともしばらくの間は。
  



この2日、飲みに出かけていない。

しかし、そうなると、、  夜がとても長い。
  




・・・だからこそ、そんな長い夜には、


ひっそりと家の中で、

じっくり愉しませてもらおうじゃないか?
  


時間はたっぷりあるんだぞ。。
  


オマエのこんな、あられもない姿 を目にしたら、
                                     
                                     




ssDSCN9776a.jpg


性欲 貝欲 旺盛な人間としては、

舌なめずりが止まらない
 というものだろう?



※ 『 貝欲 』 という造語については ⇒ コチラ




なんとなく鬱屈したムードの漂う今、こんな時だからこそ。
おそらく一番安全な自宅 で、
いかに愉しくユーモアに、長い夜を過ごそうかと♪

そういうことを蜜は書きたいのだ。




・・・にしても、



ssDSCN9777a.jpg



これだけ長く、丁寧 な前戯で その身を燃え上がらせているのだから、



もう、その中はふつふつと熱く濡れ、
我慢できないほどエキスも溢れ始めているだろうに。




こんなに責めたてた状況になっても閉ざして秘めたまま、
自らクパ〜ッと、だらしなくその奥の潤みを開いて見せてしまわない
とは、


なんてお堅く

上品ぶっていやがるんだ!!!






・・・そういうのも嫌いじゃないが。


仕方ない、

こっちから、 乱暴にこじ開けてやるっっ




s12516069_921139441299377_1480506721_n.jpg





ほらほら、


ssDSCN9779.jpg


恥ずかしいおつゆが、辺りいっぱい飛び散ってるぞ?


こんなにビショビショに周りを汚して・・・


はしたない子だ。



だから、隠したりなどせず、
はじめから大胆に、自分から開いてみせてしまえばよかったものを。





ssDSCN9783.jpg


よしよし、

オマエは本当に卑猥で、

たまらない具合
 をしているな。。









いやー、コレ本当に美味しかったですよ!!


s12540061_921119344634720_1480601079_n.jpg

「Papaya」 に売ってるんですけど。



こんな貝の名前、皆さんご存知でした?

なんつーか… キラキラネームみたいなイタさ (笑) が邪魔して、
手を出しにくかったんですが、
無類の貝好きとしては、もうね。 売り場を通るたびに気になって気になって。。


でも正体を知れば、なんてことはないポピュラーな貝だったようです。
↑ クリックすると NAVER まとめに飛びます




この際、意を決して買って焼いてみましたが、


ssDSCN9782.jpg
フツフツしてきたところで、酒と醤油をちょちょっと垂らして・・・


うぉお〜 たまらん☆★

磯の香りと、焦げた醤油ダレの香ばしさが、ぶわ〜っと黒ハート



結構、この貝はサイズもあって身もプリッと大きめなので、食べごたえ抜群◎
やるなぁ、ホンビノスとやら。
変な名前だけど侮れんぞ。 パパイヤさんありがとう (笑)

※ 焼く時に、網の上にしばらーーく置いてても、
  ちっとも貝が開いてくれませんでした。。。 だから無理やりこじ開けましたw





ね、こんな今こそ、
『 家飲みをどう愉しく過ごすか 』 を極める時!

有事に備え、いつなんどき何かがあって長く自宅待機となったとしても、
おうちでじっくり、こっそり

イケナイ貝いじりに精を出せるように

ホンビノスを冷凍して 蓄えておきましょ♪






↓「もうオマエはこれでも持ってろ!w」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
… これを堂々と持ち歩ける勇気がほしい。 今、とても。

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 




posted by 蜜 at 14:56| Comment(9) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする