2015年07月30日

地上80mから街を見下ろす窓ガラスに、手をついて・・・

 


s11793373_842664089146913_1424040503_n.jpg



高層ホテルの、こんな眺望のお部屋に通されて。



思わず胸が高鳴る。

開放的で大きなガラス窓の下方には、
身を乗り出すのに丁度よい高さに張り出した棚状の淵もあるので、

そうしたら、まあ・・・
 


swindow1507a.jpg
こう手をついて、お尻をグッと高く突き上げながら、覗いてみたくなるでしょう?
   


眼下に広がる街並み。 公園。
向かいのオフィスビルからは、もしかしたらこちらが見えていたりして…?

     

抜群の眺めとロケーションの、こんな一室にいるのが
いいオトナ同士ならば、もうやることと言ったらひとつですよ♪




s11793314_842665302480125_562184243_n.jpg


ほら。 バスタブからだって、景色丸見えなんだから黒ハート

  
贅沢すぎる空間で、
あとはどうぞ・・・  ご 自 由 に 。






ssDSCN0270.jpg
というわけで、 所変わって ランカウイ島 からクアラルンプールへ参りました〜!



蜜って、、
旅は大好きなんだけれど、その記録を書き残すことが苦手なのかもしれません…たらーっ(汗)

なぜなら多分、
どうしても旅行って写真撮るので、アップする画像枚数も多くなり、
そもそも常日頃から長ったらしいこのブログが、
さらに長くなって、読者の皆さまも最後まで読まれるのが苦痛なのではと思い、


「 あまりムダなことを書き連ねるのはやめなきゃ! 」
って気持ちが働いちゃうから。

もしくは、むしろ
余計な話 だけ を書いて、 肝心の旅先がどことか一切触れない 記事にするかw
(そんなことも過去にやりました…  ↑ この時ネ )


そうでもしないと、
個人的嗜好と煩悩だけで成り立っているような (ホントだよ) このブログへの
モチベーション? が、蜜自身の中で下がってしまうというか・・・。

写真整理にも時間を要するし、筆がうまく進まない。。
など諸々あって、更新も遅れてしまい、
頻繁に当ブログを読みにいらして下さってる方々には申し訳ないです。
いつもありがとうございます!!






ってことで、さくさく進めていきましょー。


ssDSCN0250.jpg



マレーシア・ランカウイ島で、
異常なほど安い免税アルコールと、サラウンドで波の音を楽しんだ水上コテージ
に別れを告げ、



ssDSCN0259.jpg
一路、クアラルンプールへ☆


マレーシアは、空港から街中までが意外に距離があって、
この ↑ KLIA エクスプレスというのに 30分ほど乗車するのですが、


外国で乗る電車、久々ー!!


で、興奮しまくりw
普段のジャカルタ生活では、そうそう乗ることはありませんからね…。
(地方へ行く長距離列車ならあるけど、電車が日常的な交通手段という国ではないので)




ssDSCN0264.jpg
こっ、、 ここは近未来都市か?!  まるでドラえもんの世界のようだ (言いすぎ)


… いやいや、落ち着け、蜜。

単に、ジャカルタにこういう風景は存在しないだけで、
おぬしの生まれ育った東京の街や、第2の故郷のように思っている上海には
こんなもの、フツーにゴマンとあっただろう?

思い出せ、思い出すんだ!!




ssDSCN0437.jpg

んー・・・   いやしかし、都会だな KL (笑)



田舎っぽさがウリ? の ジャカルタとの差に終始、圧倒されっぱなし。
で、その駅 KL セントラルの真上にある、


ssDSCN0439.jpg
『 左に行くとヒルトン、右に行くとメリディアンでございまぁ〜す♪ 』   ※ バスガイド風


↑ なんだ、この建て構えw


ずいぶん… 変わったエントランスの作り方です。
ホテルグループも違うのにね?

でも、フロントがこうなるのも無理はないというか、本当にこの2軒隣り合ってます。



ssDSCN0267.jpg
宿泊したル・メリディアンの一室、大きな窓辺からの素晴らしい眺望♪


・・・の下に見えるプール、これ両ホテル共用ね (笑)


まぁ、おかげさまで広々してるし、ウォータースライダーまであって楽しかったけど♪
そんなプールの真後ろに、
棟は別ながら、同じ形のビルが2つ横に並ぶヒルトンとメリディアンです。





さっそく、市内観光とゴハン。

ssDSCN0315.jpg
蜜といえば、 チャイナタウン にまずは繰り出すのですよ、やっぱり。


懐かしさを求めてね。

なにを買うわけでもないのだけれど、ゴチャッとした活気の中に身を置いて、
漢字と中国語の飛び交う市場や露店に来ると、落ち着くの。


ssDSCN0328.jpg
んで、こういう屋台系でゴハンを食べさせると、蜜はムダに元気がみなぎるの☆


こういう所、ほんと大好きー。
しかも、


sIMG_1104a.jpg sIMG_1103a.jpg
ちゃあんとビールあるんだもんね♪ 冷蔵庫で冷えっ冷え、ギンギン!  食も進むよぉ〜♪


決して綺麗とは言い難いローカル屋台で、
おいしい中華まん、焼売、水餃子、湯麺をビールと味わう幸せっ黒ハート

ジャカルタではほぼ無い楽しみ。。




… いや、インドネシアだって
ワルンとかカキリマ自体はあるのよね。  ※ 小さい食堂っぽいのや、移動車屋台のこと
でもアルコールの用意がない。 じゃあその辺で買って持ち込みたくても、

コンビニに、一切のお酒がない。


『 今年4月より、売り場面積○平方m以下の小店ではアルコールを一切販売禁止 』
とか しやがりました どこぞの国とは、雲泥の差なマレーシア☆

同じようにムスリムの多い国、しかもイスラム教を国教にまでしてるのに、
どうしてこうも政府の方針が違うのだろう。。。

インドネシア、好きだけど、お酒に関しては本当に窮屈すぎるたらーっ(汗)





あ、、 つい日頃の愚痴をぶちまけて話が逸れてしまったわっ (汗)


ssDSCN0332.jpg
チャイナタウンをひとしきり楽しんだ後は、近くのセントラル・マーケットまで散策。



・・・が、ここから ヒマを持て余す orz



いや、見るもん買うもんが特にないのよねー。

中華街でたくさん並んでる、ニセモノブランド品には興味なし。
チャイナ風雑貨は、昔すでに一通り買って持ってる。
アジアン雑貨は、似たようなのがインドネシアにも売ってるので目新しくないw


他ですることと言っても・・・
タワー系には、夜景を見に昇りたいから昼間じゃダメだし、
インドネシアから来てるのにモスク見学とかしようとも思わないし (苦笑)
なんか広い公園? は、ホテルの部屋の窓から見えるので十分。。




【 結論 】

ssDSCN0340.jpg
ホテル帰って、プールサイドで飲んで、寝る。w



あまりにも夜までやることがなさすぎて。。
でもさ、こんな気持ちのいい場所で、ほろ酔いで、お昼寝をする。
これが一番のゼータクな時間の使い方かもね?黒ハート




sIMG_1123.jpg
あ、そうだ…  これだけ露店で買った。 10RM (約 320円!)


ってことで、ホントに、、

下半身がいくつあったら足りるんでしょうね、蜜。


ま た も や 買ってしまった… ホットパンツ……
でもだって、たったの 300円ほどで、こんなに可愛いんですよっ?
お買い得すぎて素通りできないよぅ。。





ところで、
マレーシアは、この時期、日が長いようだった。
19時半〜20時ごろにならないと暗くならない。 (あ、今ビミョーに話題すり替えたね?)

で、夜の帳が降りるのを待って、


ssDSCN0353.jpg
KL タワーに昇ろうと、 ようやく再び出かける。



KL タワーだって、丘の上にあるし、展望台は 276m 地点。
なかなかの高さから、夜景を一望できます☆



ssDSCN0371.jpg
ジャカルタとは違いすぎる 街全体を覆うようなイルミネーションの数の多さに感動しながらも・・・


↑ 写真・中心に煌き浮かぶ、この KL の象徴ともいうべきツインタワー。

な、なんと、
レバラン期間中はずっと、タワーの展望台はすべて 【 休業 】
などという、衝撃の商売っけ無さぶり!ww




ってなわけなので、
ツインタワーの上に昇って夜景を望むのは旅程上不可能となったので、
この KL タワーからの眺めだけで早々に諦め、


sIMG_1117.jpg

アロー通りで、またまた楽しいチャイニーズ屋台飯よ♪



蜜、これしかしてない気がする… (笑)
が、とにかく美味しいローカル中華を食べまくりたくて仕方なかったの♪

すごい活気の裏通り。 いるだけで、たのしーー!
中国らしい洗濯物の干し方さえ、蜜にノスタルジーを感じさせてくれる。



ssDSCN0397.jpg
迷うほどある屋台に並ぶ食べ物は、みーーんな馴染みのある、好きだったお料理ばっかりだし☆


sIMG_1106.jpg sIMG_1107.jpg
でも折角のマレーシアなので、ラクサも食べました◎  冷たいビールに、貝、エビ、豚肉! 幸せ!!



本当は、この後、
KLCC 周辺の夜景がきれいなバーとかにも行こうと思ってたんだけど、
部屋にも結構な量のお酒 (ランカウイから持ち込んだもの)
があるので、ホテルで飲むことに。



で、その翌日は、


ssDSCN0417.jpg

またまたローカル中華w



まったく・・・たらーっ(汗)
ホンットに、これしか楽しんでないクアラルンプール滞在のような気もするけど、


sIMG_1101.jpg
小奇麗じゃない、路面店の気軽な食堂巡りが、アジア旅行の醍醐味の1つだと思うの。


大好きなのよ。 そこに冷えたビールさえあれば黒ハート
もっちろん、このお店でもキンキンよぉ! (笑)



ssDSCN0419.jpg
実は ↑ ここだけはガイドブックを頼って行った所なのです☆  「ソー・キー」 という老舗。


ブキッ・ビンタン周辺 (14, Medam. Imbi) だけど、
モールやバーなどが立ち並ぶ派手な通りからはだいぶ外れた場所にある。
『 るるぶ 』 に載っていた、ここの名物、


ssDSCN0431.jpg

エビソバ が、どーーーしても食べたくて。 これ絶品!!!



固焼きそばみたいな麺の上に、
ドドーン! と大きなエビ1匹を半分に割った身と、
ふんだんに染み込んだ海老のエキスに生姜、卵などが入ったあんかけが絶妙◎◎


sIMG_1100.jpg
豚肉チャーシューの炒めも最高。  でもなにより立派すぎるエビの乗ったソバ、美味しい☆★





最終日に、念願の 「ソー・キー」 の味を楽しんだら、
なんかもう KL 満足しちゃって、


ssDSCN0458.jpg

ツインタワーへの感動は薄かった。。 (苦笑)



というかですね、


ssDSCN0453.jpg

「 もう定員なので、今日は昇ることはできません 」


って言われて、展望台チケット売り場から追い返されたんだもの・・・。
そりゃあ萎えるでしょ?


レバラン中はしっかり休業する上に、定員制だなんて、
その激しく商売っけのなさすぎる営業態度に、かえって清々しさすら覚えたわっw

まぁ、またご縁があったら昇ることにします。






さて。。  そろそろ、のんびりした旅行も終わりが近づいて (涙)
これが蜜の、最後の楽しみ!!


ssDSCN0465.jpg

クアラルンプール空港の マレーシア航空ラウンジ探訪よ♪



ジャカルタなどへ戻る近距離路線側のターミナルのラウンジは
たいしたことはありません。 普通です。

でも、長距離路線側のターミナルまで足を延ばせば、
マレーシア航空が誇る国際線ラウンジである、ゴールデンラウンジ
に辿り着きます☆

遥かにレベルが違うので、お時間あれば寄る価値大です!!



ssDSCN0468.jpg
シャンパンだって置いてあります。 2杯とも、蜜のよ☆とーぜんw


ものすごく広々〜として、優雅〜なラウンジのダイニングからは
ちょっと外れたバー・コーナーに、アルコール類は固めて提供されています。

食事の方も、なかなかの充実っぷり◎
軽食的なフィンガーフードだけでなく、サラダもあって、
ヌードルバー、スープ、本格的な食事になるようなおかずも数種類!


この楽しさは、
香港 CX ラウンジに勝るとも劣らないレベル ぴかぴか(新しい)

※ スカルノハッタだって、もう少し頑張ってほしいものだ。。 一応、首都空港なんだし。




sDSCN0472.jpg
さぁ、ジャカルタへ帰りましょうか。


この記事で、
マレーシアに比べてどう、とか色々自由に書き散らしましたが、
それでも蜜はインドネシア好きなんですよ?


住めば都、とはよく言ったもんでw
というのもあるけれど、いや 手のかかる子ほどカワイイ じゃないけれども、
なんか 【 出来上がりすぎてないとこ 】 がね・・・

↑ ほ、、 褒めてるんだよっ。
まだまだ未知数で、もっと良い面を探り出したいと思えるから黒ハート






長すぎる記事にお付き合い頂き、ありがとうございました。
↓最後にどうか、下のバナー画像をポチッと お願いします☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
次記事からはまた、話題をジャカルタに戻しますので。 ペコリ。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 



posted by 蜜 at 19:26| Comment(5) | TrackBack(0) | 旅>マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

波音チャプチャプ、あっちもチャプチャプ音を立てちゃって。

 


s2553284.jpg




レバラン休暇で旅した、マレーシア。


ランカウイ島では、憧れだった 水上コテージ に泊まって、
海から絶え間なく聴こえる、寄せては返す波の音を BGM に、お酒飲んだり微睡んだり。
 



ssDSCN0117.jpg
そして夜は、お魚たちの真上で熱く激しく乱れようかな♪ っと…
  


ベッドの周りを囲むような波音が大きすぎて、かき消されそうにもなったけど、
あっちの方も、だいぶチャプチャプ言わせてきちゃいました ///
  


ほら・・・  だって蜜って、
きっとたぶん、他の女の子よりは アノ量 が多めじゃないかな? って思うんですよ。。

とっても恥ずかしいんですけれど。







ssDSCN0415.jpg



ね?




いやー (笑)  あのですね、ランカウイ島って、本当にスゴイんですよ!
島全体で免税 っていうね!!ぴかぴか(新しい)

だからお酒とか  ※ 他にもタバコや香水、革製品に化粧品などなども
すべてがもう、めっっちゃくちゃ安い!!!


普段、インドネシアで税金搾り取られまくってるぶん、


あ・ま・り・の破格のお安さ に、目を皿のようにしてアルコール眺めてきました☆




s11780453_840682299345092_325486270_n.jpg s11721389_840674992679156_1425705578_n.jpg
そもそも店頭に並んでいる 量からしてハンパない ですしね! 大多数のお酒が2千円以内ですよ?


↑ 種類がとにかく多いこと多いこと・・・ (感涙)
そして、たとえば

シーバスリーガル 12年が、 58RM = 約 1890円
手頃な白ワインで、 25RM〜 = 約 810円〜
ヨーロッパのビールなど、輸入モノなのに日本以上に激安で 1本 100円未満より!





異常だろ。。   ※ 蜜の脳内 BGM は、ベートーヴェン 『 歓喜の歌 』



いや、異常なのはむしろ、
高値をつけすぎてるインドネシアで買うお酒の方なのかもしれないけど。



ssDSCN0414.jpg  だからもう、喜び勇んで ← こんなに買っちゃってね…


もちろん、
これらをチャプチャプ言わせながら インドネシアに持って帰るには、
免税範囲というものがあるので、旅の途中で半分以上は消費しちゃいましたけどね♪


だいたい、レストランでワイン頼んだって安いんだよぅ〜。
3000円以内でスパークリング1本飲めた。
幸せすぎる。。。




そんな、蜜にとっては天国のようなランカウイ島には、

ssDSCN0012.jpg
島の東側にある、 ウェスティン に1泊して・・・


お部屋のバルコニーから、プールと海が見えるロケーション。
SPG 特典でレイトチェックアウトもできたので、
のんびりホテルステイを満喫。



ssDSCN0056.jpg
AM 11:30 まで楽しめる朝食ビュッフェでは、なんとスパークリングワイン飲み放題☆


↑ やぁーん黒ハート  もう、気分はシャンパンブランチですよ黒ハート
このサービス、最高っ。
個人的に一番テンション上がったかもw





で、その後2泊は、

ssDSCN0173.jpg
ずっと夢だった 水上コテージ 宿泊を、島の最西端にある ベルジャヤ ランカウイリゾート にて。



ssDSCN0094.jpg
リビングの向こうに続く、大きなバルコニーの真下が、海!!!



っていうか、

ssDSCN0169.jpg

部屋全体が、波打ち際の真上!!!!



まぁ、水上コテージなんですから、当たり前っちゃ当たり前なんですが… (笑)

でも、これはものすごーーく新鮮な体験でしたぴかぴか(新しい)
何がって、もう音が。



窓際やベランダからだけでなく、
リビングで TV 見てよーが、ソファでお酒飲んでよーが、寝転んでよーが、
果てはシャワー浴びてても トイレ してたって (!)


四方八方から、サラウンドで
波の音が耳に飛び込んで、途切れることがない



なんて、なんか感動モノよ?






・・・ただですね、


ちょおぉっっっと時期がビミョーでして、、


sBzMwv0ZCQAEsUch1.jpg

NHK をつければ、日本の台風ニュース真っ盛り


なタイミングに、丁度ぶつかってしまい。。。



↑ ご帰国中の方も多かったでしょうから、皆さまご苦労されたことと思います。
でも、それがランカウイにいる蜜にどんな影響を及ぼしたのか? って、


寝ている間、
自分のカラダを 360度包み込む波の音を

高潮 だとか 川の増水 の音とかと 空耳 して、

何度も土砂災害の悪夢 を見ては、目が覚める





… という、
あまりにもこういった水上コテージならではの贅沢さなどに不慣れなのが丸出しの、


ムードもへったくれもない女


に成り下がってしまったのねんたらーっ(汗)



ええ、蜜なんて所詮はその程度の、ロマンも解せない生き物ですよ。。
でもね、寝る前に災害ニュースいっぱい見ちゃった後に、
普段聞き慣れない大きな水音が傍まで襲ってきたら、やっぱビクッてなりません?w




ssDSCN0234a.jpg

まぁ実際、その後 凄い暴風雨 に遭ってるし。



水上コテージ2日目の夜、
ベルジャヤ・リゾート内にある、海に囲まれたレストランで食事しようと♪



sv_thaiR.jpg
こんなふうに 洋上に浮かぶように建てられた、素敵なタイ料理レストラン なんですが・・・。



訪れた、最初のうちは良かった。

ssDSCN0230.jpg
ここでもまた波の音に包まれ、生暖かい海風に吹かれながら飲むビールは最高で☆



お料理も美味しかった。 雰囲気は抜群だった。
ただ、食べ始めて間もなく、
次第に雨が、ポツ… ポツポツ……


ザザーッ! バシャバシャ!!    やん、土砂降り黒ハート


(いや、ハートマーク付けるとこじゃないが)
それはそれはひどいスコールに、運悪く見舞われてしまって、
ひとまず屋根の下の席に避難はしたものの、

もんのすっごい強風 と、それによる 横殴りの大雨、 果ては 。。。




いえ、別に普段ジャカルタに住んでるんですから、
スコールなんて珍しくも驚きもしないんです、もちろん。 ただ、


ssDSCN0237.jpg

場所が悪かった。



↑ 陸の孤島・・・?
いやいや、っていうか海の上だし。 ほぼ 360度、見渡す限り、荒れた夜の海!!!


その海から襲ってくる爆風に、息も苦しいほど。。
タイカレーのペースト、 真横に吹っ飛びましたからねw

雨も吹き込んできて、寒いし。  ※ ここ南国


それに致命的なロケーションゆえ、暴風雨が止むまで帰るに帰れま10。
お試しかっ!
この時、タイ・レストランにいる人たちは運命共同体。
一種の奇妙な連帯感まで生まれ・・・。




ssDSCN0116.jpg
まぁ、そういうのも旅の微笑ましい思い出の1つです♪


ベランダに干しっぱなしだった水着が、
なんとか飛ばされず、床にへばりついてくれてたのが不幸中の幸い☆




ssDSCN0097.jpg
その他はもう、のーーんびり ゆるゆる〜な水上コテージライフを満喫しました黒ハート



約 12時間ごとに巡り来る、干潮と満潮の差を肌で感じて大興奮しながら。

売店で買い込むビールやワインさえ、めちゃ安だしっ。
バルコニーでだいぶ飲んじゃった♪
波の音チャプチャプ、お腹もチャプチャプ、あそこもチャプチャ…


こら、蜜ッ!w





↓「水上コテージいいね!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
sblogmura_bn_a.jpg   
あぁ、もっと大胆に放送コードにチャレンジしたい。。  (もういいよ)

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 





posted by 蜜 at 07:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅>マレーシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

胸元に白いものをぶっかけて…  それからマレーシア!

 

まさに、タイトルの通りです。
 


日焼けあとが色濃く残る小麦色のデコルテと、白いままの双丘の膨らみの境目に、




ssDSCN9930b.jpg




白濁したそれ をぶっかけて、塗りたくってしまいました。
   



生暖かさと体温で、みるみるうちに垂れて広がってゆくのを、
おもむろに指先ですくいながら。
 
独特の香りが匂い立つのに誘われて、ほんの少し悪戯っぽく舐めてみたりもして。
・・・あぁ、甘酸っぱい。。
                                    
                                    
                                    



scomment_1507hiyake2.jpg

だって ヨーグルトですから 黒ハート





蜜が、 前記事で ↓ このような戯言 を申しましたところ、

scomment_1507hiyake.jpg


↑ このように、
エロイ方 … 違う、エライ方  というか、 博識でお優しい読者様
蜜の疑問にちゃ〜〜んと答えて下さって♪

ありがとうございます!!


しかも、


白濁したのを胸元に塗りたくる、という

絶妙なビジュアル までご提案して頂いて ぴかぴか(新しい)



こ・れ・は、、 もう☆
このまま実演してみて、ご披露しないテはないでしょう〜 と (笑)

え、美白効果?



うーーーん。。  ジャカルタの、どこだったら
“濃いめ” の精・・・ いえ ヨーグルト って手に入るんですかね??w

1回だけじゃよく分からなかったのと、
近所のスーパーでは一般的なものしか売っていなかったので、なんとも言えません。




そ、、 それよりも微妙にショックだったのは、
【 あっちのプロの女優さんの日焼けあとは、特殊メイクによるもの 】
だったと知り・・・

?! じゃあ 蜜のリアル日焼けは、すぐには戻らないかもってこと…? (汗)


今どきのメイク技術って、すごいんですねー。。
撮影で、あんなに 激しく絡み合ったりロー○ョンでヌルヌルになったりする のに
ちっっとも日焼けっぽい小麦色が取れちゃわないんだからねぇ。。。







えー  ところで、


sKL_thumb5.jpg

レバラン休暇は、 マレーシアへ行くことにしました♪



KL にも、もちろん立ち寄りますが、
マレーシアの離島の水上コテージででも、のんびりしようかなぁ〜っと黒ハート




sp_berjaya02.jpg





このレバラン休暇の旅先も、今週頭に急に決めたんですが  ← いつもギリギリw
最近のジャカルタの Kinokuniya って、


sDSCN9893.jpg
ぜんっぜん ガイドブック無くなっちゃったんですね…。


1年ぶりに立ち寄ったら、 去年より大幅すぎるくらいに冊数が激減してて驚き。。
どうしてこんな残念な展開に? (泣)


これではちょっと本屋さんには頼れそうにないので、



kualalumpur88_31_nf.jpg  ブログ村 クアラルンプール情報


↑ 先日の バリの空港閉鎖 時に味をしめた (笑) 現地のナマの声の情報検索☆


… と思って、 期待を込めてクリックしてみた ものの、、
どうもちょっと。。。   やや過疎ってます?たらーっ(汗)


失敬な印象でしたらごめんなさい!
で、思い直して、



malaysia88_31_nf.jpg  ブログ村 マレーシア情報


↑ こっちにアクセスしてみましたら、

こちらはこちらで、 だいぶ予想外な様相 を呈していまして。
ちとビックリw


いえ、非常に、盛り上がってはいるんですがね・・・?
ページとしても充実はしてるんですけど・・・
なんか株とか年金とかリタイアって文字が飛び交ってることが、個人的には新鮮で。




というわけで、
社会勉強 (?) にはなりましたが、自分の欲しい情報には遠そうだったので、
結局 Kindle でガイドブックをダウンロードしました。
便利な世の中だわー☆




sp_resort01.jpg



16日の未明にジャカルタを発ち、今はランカウイ島・2日目です。

ずっと夢だった 水上コテージ に泊まって、
海から聴こえる、絶え間ない波の音に包まれながらお酒飲んだり微睡んだり。。


そして夜は、お魚たちの真上で熱く激しく乱れるのです黒ハート
※ という願望。 妄想。 あくまで。






↓「もっと日焼けすんじゃないの?w」 の代わりに、 バナー画像をポチッと お願い☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 




posted by 蜜 at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

ひ や け あ と 。   (え? バリ行ってないのに??)

 


おんなのこの ひやけあとは お好きですか。
   



s2545888.jpg




『 日焼けあと 』
これ意外にも、フェチな殿方の割と多くいらっしゃるジャンルなんですよねー。。
  


蜜がまだ未熟な果実だった頃、  ← お前、いつからフルーツになったんだ?
この身にたっぷりと仕込みを施した、だいぶ年上の恋人が、

「 水着跡くっきり、とかいいね。 抱きたくなる 」

と呟いたことで、以来それがそのまま蜜の価値観へとすり替わるという、
そんな従順な恋をしていた頃もありました。
  



それまでは全く魅力的に見えなかった小麦色と白色のまだらな肌が、
やけに淫靡に感じられ、羨ましいほど眩しく、
ふしだらな対比に思わず貪りたくなるオトコの気持ち も分かるような気がしました。



hiyakeato_yo_aki.jpg




なのに・・・
自分ではどうしても、日焼けあとを作るのを躊躇った。


だって、だって!
キレイに消えなかったら困るじゃん? 一生、うっすら水着跡は、イヤーー!!たらーっ(汗)
今でさえ、ゴルフで半袖灼けした二の腕が元に戻るのは諦めてるのに。
これ以上どこかを小麦色にして段差作りたくないっ。




蜜は…  い、いわゆるですね、、

その道のプロの女性の画像・動画

などを 普段からよく見てオベンキョーさせてもらってるのですが、

【 どうして彼女たちは、1本のタイトルで
  あんなに濃くハッキリくっきり灼いても、次の撮影までには白肌に戻れるのか? 】


もう無性に気になってました、そこ。 今までずっと!!
どうして?
そこはやっぱプロだから? 日焼けあと戻すお金と設備が違う??

どなたか教えて下さい。 エロい人 (笑)






・・・話が逸れたように見せかけて、

実はこれが、本記事のテーマです。




s2545894.jpg
先週末は、結局 土日で シェラトン・バンダラ に1泊 してきたんですよ。



前記事のとおり、
7/10 出発予定だったバリ旅行が、火山灰による まさかの空港閉鎖
で中止と相成ったため・・・ せめてものホテルステイってことで、2度目のこちらへ。

シェラトン・バンダラの感想については、 過去記事 をご参照下さい☆



ssDSCN9882.jpg

バリ “風” ガーデン、と謳っている (笑) 同ホテル。



… に泊まってみたら、ちょっとは気が済むかなとw
前回のレイクビューの部屋でなく、
今回は、ガーデンテラス? とかいうカテゴリーのタイプを選択してみたら、



ssDSCN9879.jpg

これが なかなか良かった 黒ハート




1F の客室の外に専用テラスがあって、

ssDSCN9793.jpg ssDSCN9794.jpg
そこから続いて広がる裏庭の緑に囲まれて。 噴水の涼しい水音も響いて。 お散歩もできちゃう〜♪



バリ気分?? (苦笑)
まぁ、それは分かんないですけど、とにかく楽しい週末になったので OK ☆
去年同様、ワインに缶詰も持ち込んで 部屋でのーんびり。


そして、


ssDSCN9892.jpg

暑くなれば、時々プール 黒ハート





・・・そんな、極楽な日曜日の昼下がりに、悲劇は起こった。
すべては蜜自身の不注意によるものだが。。




ssDSCN9818.jpg
朝ごはんから早速、ビールを飲み干して。   ※ 画像だけ爽やかさを装ってるのは何故?



いい気分になって、お腹いっぱいで、
日差しが暑かったのでちょっとだけホロ酔いのままプールに入って、
あとはタオルを巻きながら、


ssDSCN9833.jpg
デッキチェアに横たわり、あまりの心地よさに、ついウトウト zzz…



ビーチパラソルの下にいるから、と油断していた。

しかも、もともとは朝食だけですぐ戻るつもりで部屋から出たわけなので、
日焼け止めなど 1mm たりとも塗っていなかった。。。





ssDSCN9872.jpg

ヤッてしまった・・・・・



ああぁぁぁああ゛ぁぁあーーーーっ (悲痛)




これまで必死で守り通してきたものが、

一気に崩れ去る音が聞こえた。
  ※ 幻聴






ssDSCN9865b.jpg
蜜にとって、デコルテ (赤くなってるトコ) 顔の一部 なのに!


↑ 胸元の大きく開いた普段着ばかりなので、ここ目立つんです。。
なのに、この色ムラはゆゆしき大問題!!!



プロ ほど、くっきりした灼け具合ではないにしろ。。
いや、むしろ水着でなくキャミソールワンピの形にデコルテから肩が色づいたせいで、

折角のメリット = 卑猥さ までもが、逆に足りないーっ (号泣)


もっと淫らな境目なら許容できたのに…
ただただカッコ悪い まだら
たらーっ(汗)





ssDSCN9889.jpg



日焼け止めも塗らずにプールサイドで寝こけた自分を呪いながら、
とにかく応急処置的に、ホワイトニング・クリームを塗りまくって2日経つけど・・・

消えない……。


たかだか数百円/月レベルの美白化粧水と乳液じゃ、限界あるのかなぁ。
↑ 蜜が美容に使う金額なんて、こんなもんw



一刻も早く、日焼けあとを無くす方法をブログで問いたくて、
書くための材料に、 プロ『 ひやけあと 』 画像を探しまくってたら、

たまらなく淫靡すぎて、久々に どストライクで悶々

としちゃって自分のそれと見比べては溜め息をつき、
ちっとも筆が進まなかったことは、、   秘めておけませんでした♪






「いっそ、もっと灼いとく?w」 の代わりにw バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
おっきなバナナに思わず頬ずりしちゃったわー♪ (笑)

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります。
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Sheraton Bandara Hotel■
Jl. Tol Prof. Dr. Ir. Sedyatmo, Bandara Soekarno-Hatta, Tangerang, Banten
Reservations: 021-559-7777

 




2015年07月10日

煩悩バリバリ、再び☆ ⇒ まさかの空港閉鎖・・・

 

あの、自分ではどうしようもなくムクムクと湧き上がる果てしない欲望が、
1年ぶりに、再び蜜の中に生まれてしまいました。。
   



しかし、今年は、



devi01-thumbnail2.jpg
某夫人にお叱りを受けるような誇大妄想 をすることもなく・・・
  


s2014_bali_mp-thumbnail2.jpg
昔買った水着のヒモがプチン! してて、ひとまず縫ったものの途中で切れて おっぱいポロリ?


したらどーするんだ!
お嫁に行けないじゃないかっ!! 


⇒ いや、すでに この日

  ポロリ済みだが。
      チーン…
   




などという去年の心許なさとは違って、

ssDSCN8567-thumbnail2.jpg
もう水着は新調してある から、なんの心配もないもんね〜ん♪
 


と、 なんか気味悪いくらい 【 バリ 】 への旅立ちまでの流れがスムーズ だった。
1年前の迷走 がウソのように。



ま、しいて言えば、
本日 AM 7:15 発のガルーダ航空を予約していたので、
今朝は4時起きしなきゃいけなかったのに、


昨夜は午前1時過ぎまで、某バーで飲んでた


っていう 睡眠不足と、たぶん残ったままの酒臭さ?? くらいがせいぜいの問題で、
そんなものは瑣末なことだ。
これからバリで思いっきり遊んで、飲むことを考えれば〜♪
↑ また飲むわけね…




しっかりバッチリ余裕で空港に着き、

sIMG_9060.jpg
旅立ちの朝にはコレ☆ の、定番 Roti boy を片手に、、



sDSCN9763.jpg
BNI カードラウンジで、ひとやすみ。


こちらは、

sDSCN9765.jpg sDSCN9764.jpg
飲み物にアルコールがない のは残念だが、  ※ 迎え酒する気満々ね?


置いてあるゴハンは、そこそこ立派。
ナシゴレン ※ 味は微妙 に、アヤムゴレン的なのやサラダバーなど。
ブブールも美味しそう。


蜜は、

sDSCN9767.jpg
ここのスープが、いつも好き。 具のお肉がほろほろー♪


二日酔いなどもないし、元気いっぱい Roti boy のパンも一緒に頬張る。
ガイドブック をペラペラめくりながら、煩悩を膨らます。


そろそろ搭乗時刻。



s2543066.jpg

 じゃ、行ってきまーーす 黒ハート



と、意気揚々ゲートへ。



ん?



sDSCN9769.jpg
なんだ。。  お決まりの (?) 遅延か。



と、この時はまだあまり気に留めていなかった。
スタッフに聞くと、30分遅れという。


ってことは 1時間だな。


と判断しw  とりあえず待合室で待つこと1時間 (やっぱり) 。



まだボーディングにならない。
そのまま1時間半が経とうという頃、再度スタッフに状況を尋ねると、


ス 「 今、デンパサールの空港がクローズしている。 」
蜜 「 クローズ?! なんで? 」

「 不可抗力により。 」





理由になってないし。





埒があかないが、とりあえず待機するしかないので、再びじっと耐える。
ヒマなので flightradar24 のサイトなど見ていたら、


sfl24_201507.jpg
確かに、あらゆる飛行機が、バリの上空を避けている。。。


↑ 普段なら、小さなバリ島の上に、飛行機マークがうじゃうじゃしてるのに。

なんで? クローズしてる理由は??
スタッフに聞いても無駄。
ググッてみても、何も出てこない。

こんな時、もしやと・・・



bali_blogmura_bn.jpg  ブログ村 バリ島情報


クリックされてみて下さい。

 めっちゃくちゃ役に立ちました
ぴかぴか(新しい)




素早く情報をアップして下さった方に感謝です!!!
どうやら、

『 デンパサール (バリ島) ングラライ国際空港は、
  ジャワ島、東ジャワ州にあるラウン山の火山活動に伴う火山灰の影響で、
  現在滑走路が閉鎖されております。
  この影響により、発着便にキャンセルや遅延が発生しております。 』


とのこと。。   バリツアー.com さんから引用させて頂きました



火山灰?!

自然災害相手じゃ、文句をいうところもありません…。
これはもうホントに仕方ない (泣)
火山灰が飛行機のエンジンに入ったら、止まって大事故になる恐れもあるし。


運が悪いとしか言えず、
そういう事情じゃ、いつ飛べるかも分からないし最悪行けないかも? と案じていたら、
【 欠航 】 のお知らせ。   キタ━(゚∀゚)━!





sDSCN9772.jpg

振替便の受付カウンターが、また長蛇の列 たらーっ(汗)



・・・もう、ここで諦めて、
今回のバリ旅行をキャンセル することにしました orz  pandaani206a.gif


火山灰が相手じゃねー、、
今夜だって明日飛ぶかだって見当つかないし。

完全に仕切り直し、にすることにして市内にあるガルーダデスクへ行こう、と。
(その方が、まったく進まない空港カウンターの列に並ぶよりマシで)



sDSCN9782.jpg

帰 る 。




こればっかりは仕方ないよね。。
何を恨んでも、どーもなるもんでもないし。。。


っていうか 朝も早よから4時起きで、空港を単純往復 って、

いったい、なんの罰ゲームなんでしょうねw



… んっ?  もしや、こ、こここれは 【 天罰 】 ?!
蜜の普段の行ないが悪いから!?
日々、煩悩バリバリ忠実に奔放に 性を 生を謳歌してるから、、 なのかなぁ (ショック)






↓「そうかもね。。」 の同情?代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 




posted by 蜜 at 15:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅>バリ島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする