2014年12月27日

そっと四角い箱にしまった乙女心 「pizza e birra」

 

かつて蜜に、
『 ブログで、出逢う 』 ということの醍醐味 を教えてくれた人 がいる。
 

もう8年半も昔の話だ。
 


stokyo_g_200606c.jpg



当時は “読み手側” でしかなかった自分にとって、
初めての、目覚しいほどに鮮やかな影響を残したその体験が、
後に上海で生活をリスタートさせた際に、今度は “発信する側” となった原点。


そして、それから更に数年が経って・・・   
蜜をこんなふうにした、
 
妖しげなブログを世に晒して、エクスタシーを得る

などという歪んだ方向転換に踏み切らせた、、 張本人? (笑)



… かもしれないし、実のところ あんまり関係ないのかもしれない。。
もともとワタシ、こんな女だったのを開放しただけだしw





* * * * * *




sDSCN6085a.jpg
一夜目は、メンテンにあるドイツ料理店 Ya Udah Bistro へ。


ここはさ、なんだかんだ豚肉も置いてあるし、
もちろんソーセージも種類が色々あって、しかもお値段抑え目だし重宝する◎
クーラーないけど、少し汗ばんで飲むビールは美味しいよ。



… 蜜が、 大好物のソーセージ を撮ろうとすると、

どうもアングルが いつも ド迫力?

な感じがするのは、きっと気のせいだろうと自分では思ってる。




* * * * * *




二夜目は、プラザインドネシアまで歩いて向かう流れになった。
途中、 pullman とプラザ側を結ぶ歩道橋を渡る時。


sDSCN6094a.jpg



ここは、いつ見てもなかなかの絶景ポイントだよね。
ちょっとスリが怖いから気をつけながらも、つい足を止めて、
手持ちのカメラで写真を撮りたくなる気持ちは、住んでいても同じかもしれない。



・・・まさか、このジャカルタのシンボルを共に見つめる夜が来るなんて、
思いもよらなかったけれど。
ただ、そこに横たわるのは、そんな甘いものばかりじゃなく、
残酷なまでに現実的な、 “今” の距離感。




s2368290.jpg



途中ブランクはあるものの、あれから8年半という月日の流れ。

当時、東京のあの思い出深い街角で、梅雨の晩に初めて出逢ってから、
幾ばくか重ね合った時間を経て、
今、こうして南半球のジャカルタで、肩を並べてツリーの前を横切る なんてね…

よく考えれば、とても数奇な気がしてくる。




sDSCN6392.jpg sDSCN6394.jpg
「ピザでも食べる?」 って話になり、向かったのはプラザインドネシア 5F の pizza e birra


店内奥の窓際の席からは、ちょっと夜景も見えたりして、
カジュアルだけど、その軽妙さが心地いい。



sDSCN6099.jpg



「 フライドポテト、いいの? 頼まなくて 」

なんて不意にそんな、ぶっきらぼうに言われたものだから、
少し意表を突かれて返事に間が空いてしまった。
・・・うん。 食べたい。
でも、好きなのよく覚えててくれたね。 当時からそんなに連呼してたっけ?w


そして 「pizza e birra」 のフレンチフライ、美味しい♪
店員さんが、スパイシーよ!と言って勧めてくれたチキンウィングは、
残念ながらそこまで辛くはなく、味も普通かな。



sDSCN6106.jpg sDSCN6110.jpg
なんと、ハッピーアワーが夜9時まで という太っ腹なお店!!


おかげで、 Bali Hai お得にいっぱい飲めちゃった☆
それが終わった後は、フルーツビールカクテルなんて飲んでみたり。
それも Rp45,000 くらいだったかな? 安い。

マンゴーとか、そういうフレーバーが結構何種類もあって選ぶの楽しいんだけど、
チョイスを誤ると、なんか凄い味のが出てきて、笑ったりして。



sx_DSCN6103a.jpg sx_DSCN6105a.jpg


ピザは、定番のマルゲリータを。
かなーり薄くてパリパリな超クリスピータイプの生地に、
チーズや具もさほど濃厚に乗ってないので、あっさりしすぎる後味だけど悪くはない。

バルサミコ酢の利いたキノコのサラダは、
ピザより後に来る (= 一番最後) という、インドネシアあるあるw




何かが際立って本格的、とかいうお店ではないものの、
どこか丁度いい居心地なせいか、喫煙席などは閉店近くまで程よく賑わっていた。




s2368309.jpg



蜜の、強い記憶の中の彼は、煙草を吸う人ではなかった。

結局のところ、相手の長い人生のうち、
たったほんのひと握りを取り出して共有した部分を、知っているにすぎない。
少しだけ分かち合ったものが、ずっとそのまま同じだとも限らない。


だから蜜にとって、その煙草を見つめることは、
“変化” を理解することなのだ。
容赦なく過ぎ去った時の流れと、今ある現実と、これから保ってゆくべきスタンスを。



・・・そんなこと、ちゃんと分かっているから。

帰り道、その四角い空箱を強く握りしめながら、
ひとりタクシーの中で、こっそり涙ぐむ乙女心くらい、許してほしい。







↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
pizza e birra
Plaza Indonesia Lv.5 / A22
Jl. M.H. Thamrin No.28-30, Jakarta
Reservations: 021-3192-8070
http://www.ismaya.com/pizzaebirra
※ 全6店舗あり。 その他の店舗情報については コチラ