2014年12月31日

甘苦ジャカルタ  ―「Midori」〜「CACAOTE」

 

少し前の話題になりますが、
『 甘苦上海 』 という小説が日経新聞に連載されていた のをご存知ですか?


当時から書評は賛否両論だったようで (苦笑)
特に上海在住者の一部からは呆れる声なども聞かれましたけど、 蜜は好きでした。

いや、だって、この作品の 何がスゴイ って・・・
 


sshanghai_pmap1412.jpg
↑ 上海の、旧フランス租界エリアの地形 を以てして、ですよ?
 

『 …ここが桃江路…桃江路から岳陽路…あ、ここにはプーシキンの像が立っていたわね…
  プーシキンの頭にいっぱいキスしちゃおう…プーシキン…プーシキン…
  あなたは何故ここで、そんなに威張って…岳陽路をUターンして…
  これから東平路に入ります…わたし、ここ、好きよ…すごく… 』    ― “甘苦上海” 45話




といった具合に、
数日前に男と交わった回想をする女主人公のモノローグが入り、
先ほどの地図の通りは、彼女の唇が右往左往したという男の下半身 に比喩され、


sshanghai_p1412.jpg  ← 実在するプーシキン像w

にいたっては・・・  ××× (自主規制) に例えられるという。。



今にして思えば、

衝 撃 的 に 斬 新 す ぎ る

切り口と、土地の見方だと思う。。。
さすが! 尊敬しますわ、高樹のぶ子先生っ!! (笑)

その奇想的な視点、少しでも見習いたい。  ← どこ目指してるの? 蜜。




* * * * * *




そんな 『 甘苦上海 』 の結末も、読み直さないと忘れてしまったのだけど、
(プーシキンのくだりは、あまりにも印象が強くて記憶から消えないw)

読んで字の如く、甘さも苦さも残る上海での出来事をタイトルにしたのだろうか?
もしもそうなのだとしたら、きっと、
あそこに暮らす誰もの胸に、そういう想いの1つや2つは抱えてるはず。

そして、
蜜にとって、住んで間もなく1年を迎えるジャカルタにだって、
甘いこと・苦いことが徐々に積み重なってきている…





s2376149.jpg
午後の 「国立博物館」 見学 の後、夕食にはメンテンにある 「Midori」 へ。


なんちゃって系の日式 (風) 居酒屋なのかと思えば、
もうちょいレベルは高かった。 とは言っても、やっぱり所々ちょっと妙だけど。
おでんとか、メニュー写真からして明らかにおかしかったりたらーっ(汗)


sIMG_7922.jpg
エビフライの、海老が薄切り (でも美味しいw) だったり、ポテサラも。。。


↑ ただ、まぁ全体的にタレは甘めなものの、そう悪くない味に仕上がってる。

「 でも俺の作るポテトサラダの方が旨いけどね♪ 」
って、知らんし (笑)
そういえば、わりと何にでもそういうコト言う人だったなーと思い出す。
懐かしい定型句の冗談を聞き流す役は、いつぶりだろう。




sDSCN6171.jpg
生演奏のバンドも入る同店。 ロックじゃなく、もっとゆったりした歌と音が心地いい◎


楽器の響きが大きすぎないところが、蜜も好感を持てた。
「 選曲も良い! 」 と喜んで、楽しそうにノッてる横顔を見ると安堵した。



・・・こうやって、このまま、
触れたくないことには敢えて触れずに、なるべくゆるい話題で、
でも今のお互いの近況を少なからず窺い知れる会話がずっと交わせたら、
蜜は、それだけで十分シアワセ、だったのに。



sDSCN6172.jpg



たいして酔ってはいなかったと思う。
一緒に飲みたいと、日本から持ち込んだ彼の好きなブラックニッカを
まだ開け始めた頃くらいに、
何故か、不意に始められた “そんな話” に――


ただ蜜は、心の準備が足りなかったのだ。


耳に流れ入ってくる言葉を、どれほど途中で遮りたかったことか。
けれど無力で…  本当に無力で、受け止めるしか他に方法を持たなかった。
あまりにノーガードすぎて、その痛みに視界すら霞んだ。



sDSCN6174.jpg



酢の物は、残念ながら味付けが甘ったるいそうだけど、
もう蜜にはよく分からなかった。 好物の枝豆も、砂を噛んでいるように思えた。

こちらが、一体どんな顔をして、
どう切り返せば “上手” なのかを戸惑ってるうちに・・・
目の前の相手は、さらに突飛な発言を口にして、蜜の心を違うイミで掻き立てた。



「 あぁ、甘いものが食べたい。 ケーキが食べたい! 」




… あのー。。  もう夜10時近く なんですけど?たらーっ(汗)

モールも閉まっちゃうから買えないし、
このジャカルタ。 そんな深夜遅くまでやってるケーキ屋さんなんかあるわけ・・・・・





あ る で し ょ う 。






s2376209.jpg



Jl. Senopati に佇む 「CACAOTE」 。
ここなら、ケーキも間違いなく美味しい。 雰囲気も抜群。
なにより 深夜1時まで営業 されている☆


1F にあるショーケースに並べられた、宝石のようなスイーツ達を選ぶ。
蜜は、ここに来たら必ず味わうのは、

塩キャラメルのマカロン とエクレア黒ハート

と決まっているのだけど、
店名が 「CACAOTE」 というくらいなのだからチョコもさぞや極上なのだろう…
そう思い、ケーキ2つとマカロン2つをお願いして 2F (喫煙可) へ。



・・・普通さ、こう買ったらさ。
仲良く1つずつ分け合いながら、シェア とかするじゃない?



ssDSCN6175.jpg

明らかに 配分おかしいしww



… だけど、すごくご満悦そう。
まずチョコケーキにフォークを入れて、、 一言。 「うまい!」
ジャカルタ見直した〜とまで感激されたお墨付き◎
その反応に、蜜もホッと安心して、エクレアも少し食べてみる? と勧めたら、


「 なに言ってんの。 そっちも俺のでしょ。
  いいけど、一口くらいならあげても


と返されたからな。。。 orz   ※ 彼の脳内におけるケーキ配分率を悟った瞬間




しかも、しかもだ。
ゴハンも食べて飲んだ後なのに、ほぼケーキ2個! あっという間に完食!!
・・・いや、よく知ってるけどさ。 スイーツ好きなのは。。

それでも、 まだちょっと物足りなさそうにしている相手 を見て、
目を丸くしながら、蜜はつい言ってしまった。


「 折角だから、もう1個、あのケーキも食べてみる? 」




s2376171.jpg


“ これを食べると、3日間 HAPPY になれる ” ケーキなんだって♪ (笑)


最初に買う時、店員さんからそうオススメされた品で、やっぱりちょっと気になり。。
これも一口もらってw  うん。 確かに美味しい!
甘いものを幸せに頬張れる心の余裕が、この時の蜜には無かったけれど。



ただ、スイーツに囲まれてすごく嬉しそうにしている姿を、
見ているだけでも満たされたのも、本当だよ。

多くなんて望まない。
でも、わざと何も知らないまま、もしもその夜を過ごせていたら・・・
甘々な 「CACAOTE」 に溶かされ、苦みなんか感じないで済んだのに。 なんてね。

最後まで壊さずに、大切にしていたかった、だけ。




* * * * * *




『 どうにもならない 』 というプレッシャーと、
複雑な気持ちが尾を引いた、 2014年の締め括りの月となってしまいましたが、、
これをそのまま来年にまで持ち込みたくはないな、と思う。

新しく ならなくちゃ。
乗り越えることは難しくても、時折振り返っても、
どこかで整理をつけて、また “前” へと流れ進んでいかないと!



だから最後に、心の大掃除をした。



作業中はツライものと向き合い続けたけれど、終わったら少しスッキリかも☆
これも断捨離の一種かしらね?
書き 「残し」 たのに、なんだかむしろ 「捨てた」 気分w







↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 


*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Midori Japanese Restaurant■
Jl. KH Wahid Hasyim No.106, Kebon Sirih Menteng, Jakarta
Reservations: 021-314-7813

CACAOTE Patisserie Brasserie Bar
Jl. Senopati No.80, Jakarta
Reservations: 021-2930-6127
http://www.cacaoteindonesia.com/

 



2014年12月30日

白昼堂々、その声に抱かれて 「国立博物館」

 

少し媚びた甘え声。 冷静な低い声。
物欲しげに潤んだ声。 意地悪く歪めた声。
男を誘う声。 女を哭かせる声。
艶めいた喘ぎ声。 いやらしく湿った声。
永遠を求める、素直な声。 刹那の愛を囁く、優しい声。
     


・・・そういう声さえも、記憶の奥深くにはきっと刻まれているのだろうけれど。

日常的に反芻されるのは、
普段なにげない会話を交わした時のトーン。 話し方。 口癖。
かつては名前を呼んでくれていた、声。
  



ssIMG_7913.jpg

 『 時々思う・・・  声って いつまで覚えてられるんだろう
   不安になって 頭の中で何度も再生を繰り返す
   思い出せる まだ 思い出せる
   でも もし このまま二度と逢えないとしたら
   最後まで残るのは 姿だろうか   ・・・それとも 声なのだろうか 』

                               ― “ハチミツとクローバー” 羽海野チカ




蜜は、誰かを想い起こす時、
相手のお顔はもちろんながら、声も一緒に記憶の棚から取り出される。

声って、意外と覚えてるものよね?

そして不思議なことに、声が似てる同士って、結構あるのだ。
何の関係もないあの人とあの人の声が重なるなーとか、自分の中で密かに楽しむ。
時にはそれが、息を飲むほどに同じすぎて胸が締め付けられることも…




* * * * * *




その日は、昼過ぎからの待ち合わせ。
前の晩 に偶然、相手の予定が空いているのを聞いて、観光に同行しようと。


出かける前に、ホテル近くで腹ごしらえした、

sDSCN6116b.jpg

 ↑ この中華麺が、すっごく美味しく感じて 黒ハート
  ( 中華麺って・・・。 他にもっと表現方法ないの?w )



多分、、 ここは 香港をコンセプトにしたお店っぽい んだけど、
香港ちっともカンケーない料理も沢山あったし、
この中華麺も、どっちかというと台湾風味 な気もするのよね。。 (笑)

いや、むしろそれが美味しいんだけど☆
前に一緒に食べた、あの B級グルメ 「覇焢肉」 の味に似てない?
なんて、つい呟いてしまったり。



sIMG_7909.jpg
サリナデパートの向かい、 Jl. Sunda No.5 にある 「Hong Kong Cafe Thamrin」 です。




お腹を満たした後は、
サリナ前からトランスジャカルタに乗って 「国立博物館」 へ向かうつもりが、

ここで、まさかのスコール たらーっ(汗)

いや、まぁ… 雨季なんだから、まさかもナニもないんですが、
でも何もこのタイミングでなくても。。 博物館の閉館時間も迫ってるのに!
しかも、運悪くものすごい強風の暴風雨で、
ホテルで大きい傘は1つ借りても、飛ばされそうで身動きできぬ!!



結局、サリナで雨宿りして待つしかなく・・・
博物館は夕方4時には閉まっちゃう ので、諦めムードに何度もなりかけたものの、

かと言って、他に何も観光のないジャカルタ

なので、とりあえず行くだけ行ってみようよ! と鼓舞w
うん。 でも雨風でキャーキャーはしゃぐ一幕さえも、蜜には楽しかったけどね。




sDSCN6125a.jpg
なんとか TJ に乗車。。。  (古い車体に、少し残念そうにしてましたね。笑)


それにしても、
いつからトランスジャカルタは、 IC カードでの乗車必須 になったんだ??
なんか噂には聞いていたけど、
以前は単発 Rp4,000 くらいの切符 (つーか紙切れ?w) でも乗れましたよねぇ。

Rp20,000 のデポジットに、 Rp20,000 ぶんの乗車賃込みで、
初期費用 Rp40,000 (=約400円) の IC カードが必要な乗り物になっちゃった。




モナスの駅で下車すると、目の前に、

sDSCN6126.jpg
(駅名モナスなのに、 モナスより明らかに “国立博物館前” の方が正しい ような駅の位置… )



sDSCN6129.jpg

真っ白で、気品ある佇まいは、とっても素敵!!


さすがは、インドネシア随一の博物館と称されるだけのことはある建物。
近代的な香りを漂わせながらも、古き良き趣きも残しつつ。

Rp10,000 の入館料を支払って、中へ。
※ KITAS を見せると Rp5,000 だったらしいけど、この時は知らず。。



sDSCN6131.jpg
入口正面の、仏像の間を抜けると中庭が。 こちらには、ヒンドゥー教の石像が多く並ぶ。



sDSCN6130.jpg sDSCN6144.jpg

sIMG_7910.jpg



石像や仏像、古くから何かを象ったような創造物を眺めるのが、
特にお心惹かれるようで。 (蜜も好きですが)

奇遇にもちょうど3年前、
木枯らし吹く中、一眼片手に 「上海博物館」 へ連れ立った遠い日を思い出す。
そういえばあの時も、熱心に見回っていた。
『 陶磁器とかには、どうも興味わかない 』 と、同じことも言っていた。



・・・ま、だからって、 超真剣に、

sDSCN6152a.jpg

ソ コ に  集中してご関心を示されるのもどうかと思いますけどぉーw
※ 対象物はモザイク処理を施しております。 展示品はあくまで芸術です。




sDSCN6153.jpg

↑ あとは、これが見たかったらしい。 ジャワ原人。


sDSCN6154.jpg
発掘を行なった際、ジャワ原人の骨がこのように見つかったと紹介された展示は、足元に。



古い時代のものばかりでなく、
インドネシアの多民族文化に触れる造りになっているので、

sDSCN6146.jpg
バリの風が、ここに。  これ、ガムランですよね? 蜜も大好きな音色♪



… なんかもありーの、
でも、、 個人的に一番気になって仕方なかったのは、


sDSCN6155.jpg

端にあった ↑ この展示物の意図。




* * * * * *




やや慌ただしくも、なんとか 「国立博物館」 をサラッと見学して、
その後は・・・ 定番すぎるけどコタでも行くことに。


sDSCN6160.jpg



“ もしも縁があって、再び逢えることがあるのなら。
  一秒一秒を、もっと大事にすればよかったという後悔を、もう後悔しないように ”


そう思って、それだけを心に決めて、
余計な感情にはなるべく振り回されないようにしながら、蜜はそこにいた。

本当に、それで嬉しかった。 充分だったのだ。



再び TJ に乗って終点コタで降り、
まだ小雨が止まぬ中、1つの傘を分け合いながら歩いた。
ファタヒラ広場の歴史博物館は未だ改装中で、ハリボテ状態に布を被せてあり、
女握り だけ紹介した後は、早々にその場を退散となった (笑)

帰りの TJ の中でも、交わす会話は途切れなかった。
お互い知らないまま過ぎ去った2年ちょっとの空白を補うように、沢山話した。
他愛もない言葉を紡ぐ声に、ただ包まれていた。

本当に、それだけで良かった。







↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 


*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Hong Kong Cafe Thamrin■
Jl. Sunda No.5, Jakarta
Reservations: 021-310-7868

■国立博物館(Museum Nasional)■
Jl. Medan Merdeka Bar. No.12, Jakarta
月曜〜木曜 8:00-16:00
金曜 8:00-11:30 / 13:00-16:00
土曜・日曜 8:00-17:00

 




2014年12月27日

そっと四角い箱にしまった乙女心 「pizza e birra」

 

かつて蜜に、
『 ブログで、出逢う 』 ということの醍醐味 を教えてくれた人 がいる。
 

もう8年半も昔の話だ。
 


stokyo_g_200606c.jpg



当時は “読み手側” でしかなかった自分にとって、
初めての、目覚しいほどに鮮やかな影響を残したその体験が、
後に上海で生活をリスタートさせた際に、今度は “発信する側” となった原点。


そして、それから更に数年が経って・・・   
蜜をこんなふうにした、
 
妖しげなブログを世に晒して、エクスタシーを得る

などという歪んだ方向転換に踏み切らせた、、 張本人? (笑)



… かもしれないし、実のところ あんまり関係ないのかもしれない。。
もともとワタシ、こんな女だったのを開放しただけだしw





* * * * * *




sDSCN6085a.jpg
一夜目は、メンテンにあるドイツ料理店 Ya Udah Bistro へ。


ここはさ、なんだかんだ豚肉も置いてあるし、
もちろんソーセージも種類が色々あって、しかもお値段抑え目だし重宝する◎
クーラーないけど、少し汗ばんで飲むビールは美味しいよ。



… 蜜が、 大好物のソーセージ を撮ろうとすると、

どうもアングルが いつも ド迫力?

な感じがするのは、きっと気のせいだろうと自分では思ってる。




* * * * * *




二夜目は、プラザインドネシアまで歩いて向かう流れになった。
途中、 pullman とプラザ側を結ぶ歩道橋を渡る時。


sDSCN6094a.jpg



ここは、いつ見てもなかなかの絶景ポイントだよね。
ちょっとスリが怖いから気をつけながらも、つい足を止めて、
手持ちのカメラで写真を撮りたくなる気持ちは、住んでいても同じかもしれない。



・・・まさか、このジャカルタのシンボルを共に見つめる夜が来るなんて、
思いもよらなかったけれど。
ただ、そこに横たわるのは、そんな甘いものばかりじゃなく、
残酷なまでに現実的な、 “今” の距離感。




s2368290.jpg



途中ブランクはあるものの、あれから8年半という月日の流れ。

当時、東京のあの思い出深い街角で、梅雨の晩に初めて出逢ってから、
幾ばくか重ね合った時間を経て、
今、こうして南半球のジャカルタで、肩を並べてツリーの前を横切る なんてね…

よく考えれば、とても数奇な気がしてくる。




sDSCN6392.jpg sDSCN6394.jpg
「ピザでも食べる?」 って話になり、向かったのはプラザインドネシア 5F の pizza e birra


店内奥の窓際の席からは、ちょっと夜景も見えたりして、
カジュアルだけど、その軽妙さが心地いい。



sDSCN6099.jpg



「 フライドポテト、いいの? 頼まなくて 」

なんて不意にそんな、ぶっきらぼうに言われたものだから、
少し意表を突かれて返事に間が空いてしまった。
・・・うん。 食べたい。
でも、好きなのよく覚えててくれたね。 当時からそんなに連呼してたっけ?w


そして 「pizza e birra」 のフレンチフライ、美味しい♪
店員さんが、スパイシーよ!と言って勧めてくれたチキンウィングは、
残念ながらそこまで辛くはなく、味も普通かな。



sDSCN6106.jpg sDSCN6110.jpg
なんと、ハッピーアワーが夜9時まで という太っ腹なお店!!


おかげで、 Bali Hai お得にいっぱい飲めちゃった☆
それが終わった後は、フルーツビールカクテルなんて飲んでみたり。
それも Rp45,000 くらいだったかな? 安い。

マンゴーとか、そういうフレーバーが結構何種類もあって選ぶの楽しいんだけど、
チョイスを誤ると、なんか凄い味のが出てきて、笑ったりして。



sx_DSCN6103a.jpg sx_DSCN6105a.jpg


ピザは、定番のマルゲリータを。
かなーり薄くてパリパリな超クリスピータイプの生地に、
チーズや具もさほど濃厚に乗ってないので、あっさりしすぎる後味だけど悪くはない。

バルサミコ酢の利いたキノコのサラダは、
ピザより後に来る (= 一番最後) という、インドネシアあるあるw




何かが際立って本格的、とかいうお店ではないものの、
どこか丁度いい居心地なせいか、喫煙席などは閉店近くまで程よく賑わっていた。




s2368309.jpg



蜜の、強い記憶の中の彼は、煙草を吸う人ではなかった。

結局のところ、相手の長い人生のうち、
たったほんのひと握りを取り出して共有した部分を、知っているにすぎない。
少しだけ分かち合ったものが、ずっとそのまま同じだとも限らない。


だから蜜にとって、その煙草を見つめることは、
“変化” を理解することなのだ。
容赦なく過ぎ去った時の流れと、今ある現実と、これから保ってゆくべきスタンスを。



・・・そんなこと、ちゃんと分かっているから。

帰り道、その四角い空箱を強く握りしめながら、
ひとりタクシーの中で、こっそり涙ぐむ乙女心くらい、許してほしい。







↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
pizza e birra
Plaza Indonesia Lv.5 / A22
Jl. M.H. Thamrin No.28-30, Jakarta
Reservations: 021-3192-8070
http://www.ismaya.com/pizzaebirra
※ 全6店舗あり。 その他の店舗情報については コチラ

 



2014年12月25日

『 もう恋なんてしないなんて 言わないよ絶対 』

 


s2368259b.jpg




上海からジャカルタへと居を移し、
新たな環境で、きっとそれなりに心穏やかに “前” へと、自然に進んでいけていた
と思う、そんな 2014年もあと残すところ1ヶ月ほど・・・
   
という時に、
蜜は、この青みがかった冴々と美しい光を放つクリスマスツリーの前で、
「その人」 が現れるのを、息を詰めて待っていた。
   



残念ながら、 『 〜ほんとうはサンタクロース♪ 』 ってわけでもないのよ (笑)
そんな生易しいもんじゃない。

思いがけぬプレゼントが、吉と出るか凶と出るかなんて、
この時にはまだ、本当に分からなかった。




まるで、ついにここまで来たはずの自分自身を、試すかに思える時間。
この幾年かを振り返れば、信じられないようなはずの奇跡。

高まる緊張感の中で見上げた寒色のツリーは、もう蜜の目の奥に焼きついて離れない。







↓「…それはそうと、メリクリ☆」 の元気づけに バナー画像をポチッと お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 



posted by 蜜 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

[Merry]  200回目の、コトバ責め。  [X'mas]

 

38度を超えない微熱 が下がらぬまま、
夜遊びしに出かける以外、ずっと寝てカラダを休めていた数日でした。
 
もう誰にも恋なんてしてないはずなのに、
一体なんの患いなのかしらね・・・?  これは♪
  

( …というよりもまず、 夜遊びだけは入念に、抜かりなく ハメ外してたってわけね? 蜜ったら。。w )
     




そ、そうこうしてるうちに、
世間はもう クリスマス クリスマス クリスマス とやらですよ!
 

夜遊びとかしない、

ちゃんと寝てる良い子には

プレゼントなんかも届くんでしょうよ?!


↑ いぢけてるw
   



・・・この際、シーズン的なアレなどは完全アレして、
【 おかげさまで、本日にて当ブログは 200記事目 を迎えました☆ 】
などという極めて個人的な話にでも触れていいですか? (笑)




sjakarta32_101.jpg

101記事目に達した、今年の 5月20日 には、このような記述を残しておりますが。



年内じゅうに、どうやら 200回も

恥ずかしいタイトルを考えちゃった 黒ハート



みたいですね。。。 orz

いえ!!
これもひとえに、そんなコト書き散らして人様に晒しちゃうようなドM女でも
皆さまが温かい眼差しで応援し続けて下さっているからこそ、です♪




基本的には、自分でもグッときて燃える台詞しか
拾ってきて並べないので…  蜜自身 200回は感じた というわけですね ///

言葉責めには弱いの。 ホント (照)




って、なんの告白?w
実はもうすぐ、このジャカルタ・ブログ始めて1年になるのですが、
よくこんなこと 200回も続けたなと半ば呆れておりますたらーっ(汗)

でも、その 200回の間には、様々な嬉しい出会いの機会が沢山ありました。

記事の1つ1つにご興味を持って下さり、
コメントやメッセージを交わす中で、実際にお会いした方々も多くいらっしゃいます☆
大変ありがたいことです・・・

が・・・・・





近頃わりと何度か、そのようなお声を頂く のがですね。。
  ↓   ↓   ↓


■ 『 これ書いてる人、ホントは オッサ… 中年男性 じゃね? 』

  とか、

● 『 オッ… が、ノリノリで面白おかしく オンナ出してるぜ 』

  とか、、 果ては、

◆ 『 蜜さんって…  本当にいる んですね… 』

  などと、
  蜜を間近でマジマジとご覧になって、感嘆されながら仰られる始末!! (苦笑)




いるって! アタシはここにっw
ただ筆者が男と間違われるだけならまだしも、なぜに 中年?
確かに古典的官能ほどツボですが、そんなに昭和の香り漂います・・・??

あと一体、 ど ん な ゴ ー ス ト ラ イ タ ー や ね ん w




上海にいた頃から、たまに誤解を受けることはあったので慣れてはおりますものの、
蜜は、紛れもなく今 ジャカルタに生息 しており、
オンナであり、夜ごと遊び歩いており、
体内はエロとアルコールと下手な横好きゴルフで出来ており、

紛らわしい写真 (?) が多いかもしれませんが、



s_shanghai32_c.jpg    これも、


ssIMG_5615.jpg    これも、


ssPC115034-thumbnail2.jpg    これも、


s51ha1AeOw-L._SX500_CR17,25,300,300_.jpg    これも、



ぜーーんぶ 蜜 ですってば!!




( オ、オマエ…  今、最後に ひどい嘘ついたよな?
  同じ 蜜 は 蜜 でも、一緒に並べるのすら失礼すぎておこがましいような 某 “蜜” プロ を、
  よくも恥ずかしげもなく引き合いに出せたよな…?!  ← 震え声





・・・どうでもいいが、こんな赤紫色の横乳きわどいドレスとか着てみたい。

本ッ当〜に1つもクリスマスらしいお話できませんでしたねw
そうなの。 つまり、
イヴだけど何の予定も無い、寂しい女なんです黒ハート






「 200記事おめでとう!」 メリクリ☆ の代わりに バナー画像をポチッと お願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
こんな 200記事目で、果たしてよかったのだろうか・・・。  クリスマスという言葉だけに浮かれて、つい。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 




posted by 蜜 at 10:33| Comment(4) | TrackBack(0) | others>ひとりごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする