2014年08月29日

でも夜のプールが蜜を冷やし喘がせ続けていると思う。

 

今朝。 蜜は、なんだかスゴイ夢を見てしまった。。
 


あの 壇蜜さん (33) が、

実は、我々の目に触れる淫靡すぎる女体は、仮のお姿であり、
   


なんと本当は・・・
     





dm_kigurumi.jpg

着ぐるみで、 中の人は日本にいる蜜の親友 (年齢不詳)
 


… であった衝撃の 事実 !!  という、


至極くだらなすぎる

アホな夢を見てしまったんですぅ〜黒ハート
  




しかも♪ しかもねっ
 
「 蜜も着てみる? 」 と親友に誘われ、
大喜びで、その 壇蜜スーツ を借りて身に付けたら、
街を彷徨い歩き、虜になったオトコたちと、


あーんなこと や そーんなこと をして、ハァハァしちゃう黒ハート黒ハート


という、
オマエは妄想する思春期男子かっ! とツッコミたくなるような顛末つき… (苦笑)






この夢見は、一体なんの暗示なのか、

本気で誰かに占ってほしい。

( ジャカルタ在住 1年未満 : 蜜さんからのお悩み )    







・・・それから、まっっったく脈絡ないですけど、

pool1408.jpg
最近、泳ぎを始めました。    ※ ホントに関係ないね。。




夏に日本帰ったら、なんかジャパニーズ女子はみんな細くて!!

ほら、季節柄、この時期に帰国すると、街中とかノースリーブだらけじゃない?
二の腕にめっちゃコンプレックスのある蜜 は、
それが眩しくて仕方なくてたらーっ(汗)



上海からジャカルタに来て、 2-3kg は自然に落ちたけど、
まだまだ。

あと 5kg は絞らねばっ (最低でも)

と気が引き締められたわ。。




だってー、
たとえばこの地が、上海や日本なら、

巡りくる四季という甘え が、まだ (?) 許されて、
秋や冬になれば、服でちょっとは隠せちゃうというテクも多少〜あるかもだけど、


年じゅうあっついジャカルタ = 常に薄着 = 誤魔化しがきかないどんっ(衝撃)


という厳しい現実に生きていますからね。。。
適度な運動をして、ボディラインにもっとメリハリつけないとねっ!




いつか着る、 壇蜜スーツ も、ちゃんとしっかり似合うように黒ハート

( いや… いくら痩せても ↑ それは着られないと思うよ…? )






↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  a_03.gif
※ よく誤解? されるんですけど、蜜は 「蜜」 の名を 2009年の上海から、特に由来なく名乗っております…

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
もっとずっと役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 




posted by 蜜 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

ありのままの煩悩… からの、プランバナン遺跡

 

sAntique_a.jpg



飲む打つ買う 【のむうつかう】
  大酒を飲み,博打(ばくち)を打ち,女郎を買う。 男の悪行の代表的なもの。
 「 −の三拍子」
     ※ 大辞林 第三版の解説より

     



・・・らしいですね。

どうやら、ずいぶん昔から言われている オトコの煩悩 のようで、
世界最大級の仏教遺跡である、ここボロブドゥール遺跡内のレリーフにも、
それらの様子がしっかりと刻まれていますw
   



sDSCN4554.jpg
すっかり朝日も昇って、 太陽の光を浴び全貌が眩いばかりのボロブドゥール遺跡。
 


世界遺産に指定された同遺跡は、
1814年に発見されるまで、1,000年近く密林の下に眠っており、
建造された理由や背景はおろか、そもそも仏舎利塔か霊廟か寺院なのか?
すらも謎に包まれたまま… といわれる建造物。



ま、とにかく 仏教 だというのだけは確かなようで、
仏教思想に基づいた 三界 (欲界・色界・無色界) の様子が、
ボロブドゥール遺跡の、その階数ごとに分かれてレリーフで描かれているという。



shekiga.jpg
こんな感じで、すべてに物語や意味があって壁画が延々と続いています。


日本語ガイドさんが、絵について分かりやすく説明してくれますが、
コチラ によくまとまっていますので、ご参照を。




・・・数々の煩悩にまみれた “欲界” の代表格みたいな蜜 のような人間は、


sDSCN4529.jpg
悟りを開くため家を出ようとする息子の仏陀に、
裸のオンナ達を与えて 引きとめようとする父の図




が、一番印象に残ったレリーフでしたが…たらーっ(汗)


「 おとーさぁーんw 」 って思わずツッコミ入れちゃったわよ (笑)






ssDSCN4521.jpg ssDSCN4511.jpg
そして、無色界にひしめくストゥーパ (仏塔) には、中に仏様がいらしたり、塔だけ崩れたものも。


まだまだ明らかになっていない謎も多いという、
神秘的な、世界最大級の仏教遺跡ボロブドゥールを、この目で見たのは感動☆

高校生の頃、世界史が好きで熱心に勉強していた蜜 にとって、
資料集の中でしか眺めることなく想いを馳せた場所へ、実際訪れる未来なんてね。。。




… そう、そうなんですよ!

この蜜にだって、
ピュアで真面目に、リアルセーラー服に身を包んでいた
そんな時代だってあったんですよ!!   ( リ、リアル…? )




世界史を学びながら、 『 デカメロン 』 などに興味を持ったりして・・・


ss61J0rQau+aL._SL500_AA300_.jpg  ← コッチじゃないよ?w


dm_index.jpg  ← 一応、こっちね★  ルネサンス期の作家・ボッカッチォ作の。

(まぁ、内容の 俗物エロっぽさ 的には、両者ともたいして差はないのだが。。。)
        ↑ これのどこがピュアなんだ?





って、

あー もうっ たらーっ(汗)

こういうムダ話を挟むから、記事が先に進まないのよ!







駆け足で参りましょう。

sDSCN4577.jpg
(そう、まだ朝なんですョ)  宿泊のホテル・ハイアットリージェンシー まで戻って、


sDSCN4576.jpg
豪華な朝食を、お庭のプールサイドでリゾート気分で頂いたら♪



チェックアウトして、
ウェンディーツアーのスケジュール に従い、マリオボロ通り散策へ。




ジョグジャカルタ一の繁華街といわれる、

sDSCN4588.jpg
マリオボロ通りを、まずは ベチャ という自転車タクシーに乗車体験して見物!


ssDSCN4595.jpg ssDSCN4602.jpg
丁度この日は、 8/17 インドネシア共和国独立記念日 だったので、式典やパレードが盛んでした。


sDSCN4604.jpg
・・・特に寄るところもなく、マリオボロ通り散策はあっさり終了 (笑)



↑ でも、オランダ統治時代の洋館がいくつも並んだ街並みは、
コタのファタヒラ広場 を彷彿とさせる、レトロなモダンさが漂っていました。






さて。
ここから、次はどこへ行くのかと思えば・・・


もう ランチのお時間 なのですw   ※ さっきホテルの朝食を済ませたばっかりよ?



s1408tour_lunch.jpg
これがまた、予想に反して (?) ずいぶんと洒落た風情のレストランで、美味しいインドネシア料理を黒ハート



予想、というのはですね。。

我々ご一行3名は、みな上海生活経験者であり、
中国人向けの格安・現地ツアーにも平気で混ざって観光してきた
という経緯で、
つい、それと同等の昼食程度だろう、と勝手に思い込んでしまい。



schinatour_ex1.jpg  つまりは… このレベルなのだが。

入口のドアもないような、吹きっさらしの田舎道に面した食堂? で、
中国人と一緒に、白米とオカズ (農村料理) をかき込む。




… といったような、ある種の味わいあるローカルツアーにしか、
ここ数年、参加してこなかったものですから、感覚が完全に狂ってましたw

そりゃあそうですよね〜。
US$ 400 前後する、日本人向けツアー ですもの。
こんなに落ち着いていて、立派なランチに恵まれるんだわ◎






そして旅は、最後の見所である、

sDSCN4632.jpg

プランバナン寺院遺跡群へ。



ご覧の通り、一部の遺跡が崩れて石が散ってしまっているのは、
非常に残念なことに、大地震による影響なのだそう。


sDSCN4636.jpg


復元を図るも、残った石の数が足りず、
他所から運んでくるには、同寺院が世界遺産たる基準が失われてしまうらしく…。



けれど、そういったエリアを過ぎて、

sDSCN4637.jpg
遺跡群の中へと入っていけば、やはり荘厳です!!




sDSCN4644.jpg
残念ながら、ヒンドゥー教の破壊神・シヴァ神が祭られた ↑ この大きなお堂には、改修中で入れず。


相次ぐ火山の噴火で、シヴァ堂に積もってしまった灰を取り除く作業らしい。
自然災害のダメージを過分に受けてきた遺跡なんですねぇ。




sDSCN4641.jpg

sDSCN4659.jpg sDSCN4650.jpg



その他のお堂には、自由に入って中を見物して OK 。

蜜は不勉強で、ヒンドゥー教についてほとんど精通していないため、
ガイドさんの話を聞いて知りましたが、


sDSCN4663.jpg
神を安置している ↑ この部分というのは、

リンガ (男性器の象徴) と ヨーニ (女性器の象徴) の2つの部分からなり、
そこは交接し、性交した状態を示しているのだとか!



そう分かってて見ると、そこばかり意識して凝視してしまうから、
ヒトって不思議よねー。。
    ※ いや、蜜だけだよ orz





sramanaya1408.jpg
ライトアップされたプランバナン寺院を背景に、野外で行われるラーマヤナ舞踏

なるイベントも 定期的に行われている そうで、
その様子はきっと圧巻だろうな〜と想像すると、いつか観てみたくなる♪




sDSCN4669.jpg



非ッ常ーーーーーーーに長くなりましたが、
ジョグジャカルタ1泊2日の旅の記録、これにて終了です!!!

拙い記事にお付き合い下さった読者の皆さま、本当にありがとうございました黒ハート
… もっと精進が必要ね、蜜。






↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  a_03.gif
プランバナン遺跡公園内にて・・・。

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。

# 冒頭の漫画イラストは、 『西洋骨董洋菓子店』 (よしながふみ著) 1巻より引用
 



posted by 蜜 at 00:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅>ジョグジャカルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

朝帰りじゃないのよ、ボロブドゥール遺跡で朝日!

 

sDSCN4490.jpg



今日くらい、マトモな書き出しで記事を始めようと思う・・・。
  


なんかほら、神聖なる仏教遺跡をテーマにする のに、
あんまり不埒な浮世話でむやみに飾り立てるのも、失礼極まりないですしね?

バチとか、当たりそうだし。。  ← 小心者w
     




というのは、表向きの理由で黒ハート
   

  


本音は、 『 サクサク書いていかないと… 終わらん!! 』 
ただでさえ旅の記録が苦手なのに、
いつまでもダラダラ引っ張っていては、せっかく読んで下さっている方にも
ご迷惑でしょうし。。  最近、更新遅いしたらーっ(汗)
 



☆ 前回の、 いらない前置きの長すぎたジョグジャカルタ行き からの続きです ☆

ウェンディーツアー でお願いした日本語ガイドさんが、
翌朝 4時にお迎えに来てくれて、
ボロブドゥール遺跡公園内を歩いたってところから。




懐中電灯が要るほど、まだ暗い公園を進むと、

sDSCN4438.jpg
なんか碑が見えてきて、


それを過ぎてすぐくらいに、目の前に遺跡がバーン! と立ちはだかるので、


sDSCN4443.jpg
その急な石段を、どんどん上っていって・・・


上りきったところで、背後を振り返ると、




sDSCN4452.jpg




・・・。



… なんか、 すでに若干空は明るい ような気もするけどたらーっ(汗)
※ AM 5時過ぎ


これからもっと、朝日が山の端からしっかり顔を出せば、
太陽光の強さはこんなもんじゃないらしい!




というので、ひたすら待つ、待つ、待つ。。。

そのハイライトは午前 6時ごろ だというので、だいーーぶ待つ (笑)
いい空気吸うくらいで、他にやることもないけど。
この日は運良く、お天気は最高♪





sDSCN4494.jpg

出たっっ!!



あぁ… お日様の光って、なんかすんごいパワーなんですね。。。

その明るさといい、暖かさといい。
圧倒的すぎる存在感と、神々しいまでの有難み。
まさに、朝日の洗礼。





・・・今まで、“ アサヒ ” といえば、


sasahibeel.jpg   喉越しのよい ← コッチ のことか、


sP3251275a.jpg  「 ふふ♪ 今夜もいっぱい遊んじゃった黒ハート



という類での充足感のイメージ

しか、蜜の中では無かったもんだが…



なんて不健康なw




sDSCN4512.jpg

『 そういうものを洗い流しなさい 』



と、人間たちと同じく強い日差しを浴びて更に輝かしさを増した仏像に、
たしなめられた気・・・  は別にしない。


なぜなら、
ボロブドゥール遺跡を、この後じっくり見まわっていくと、
そこには 数々の煩悩にまみれた欲界 なるものまで描かれていた現実があったから。



続きはまた次記事にて☆

肉欲と酒、息子にオンナを与える父親の図、
それから所変わって宗教も変わって… ○○器に至るまで、一気に!






↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  a_03.gif

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 


posted by 蜜 at 13:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 旅>ジョグジャカルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

私をジョグジャに連れてって♪

 

先日までの一時帰国 で、日本にいた時。

 
両親が毎週楽しみに観ているという、 BS か何かで放送中の、
某温泉番組に、蜜は目を奪われた。



それは、夜 11時前くらいだったから、
深夜と呼べるほどまでの時間帯でもないというのに…!
   




j_onsen1408.jpg




BGM もナレーションもなく、
ただひたすら、彼女の肌を包むお湯の跳ねる水音だけ が、静かに延々と流れる・・・



という、その
 

じわじわくる淫靡さ
 
が、もう、、 スゴイのっ。
攻めてくるの!!
  


わっかりやすいお色気の安っぽさではなく、
むしろ上質な気品と癒しすら保ちつつも官能的な入浴シーンに、
思わず 鼻血が出そうなほど 見入っちゃったじゃない黒ハート
   



※ 画像はイメージです。
※ はっきり言って、記憶からの後付け なので、ここまでキワドく胸とか出ちゃってなかったと思いますw
  あくまでイメージね、イメージ。 蜜の妄想が多分に加味されてます♪







あぁ… 日本には今、なんてセンスのいい旅番組があるんだろう〜
と感嘆させられながらも、


sm_twi_1408.jpg


なんていう刺激も受けずにはいられなくて。
↑ どこ目指してんの?w




実は、
旅を面白く記録するのが、あまり得意ではありませんたらーっ(汗)
まだまだ力量不足なもので。。

※ 面白さ = 蜜的エロ度指数に著しく素直に正比例




そういえば、バリに行った時だって、

ssn_tooasa2a-thumbnail2a.jpg  ← こんなような絵でゴマかして、


ダイジェスト版 しかお届けしていないまま、早2ヶ月以上 ですしね (苦笑)






だ っ て 。


だってですよ? この蜜が・・・



ssunrise_b.jpg

『 神聖なる場所で、気持ちよく朝日を浴びましたぁ黒ハート


だなんて…っ!!
なに、その 似合わなすぎる健康的な記事ww




誰がどーーーーー考えたって、


a_Kayumanis_3-thumbnail2.jpg

↑ コッチの方が、蜜の筆が乗るに決まってる! (笑)






けど。。。
苦手でも、なんとか書かなくちゃ。
逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだっ  ( by. 碇シ○ジ )






sswendy_trip1.jpg
※ 上の画像をクリックすると、 旅行会社のツアー紹介ページ に飛びます


前記事 でもちょっと触れましたが、
今回のジョグジャでは、 ウェンディーツアー さんにお世話になりました☆



ボロブドゥール遺跡サンライズ観光 は有名なので、
他にもパンダバスさんであったりとか色んな旅行会社の企画がありますが、
ウェンディーツアー を選んだ理由は、


swendy_trip2.jpg
↑ このスケジュール表からもお分かりになる通り、


ほぼ遺跡と寺院を見るだけ!
余計な見学や、お土産センター回りなどが一切ない!!



とってもスリムなツアー内容なのが、気に入りまして◎
しかも、ジャカルタを夜に出発する便なので、忙しい合間にもぴったり。




sDSCN4419.jpg
ジョグジャカルタへの到着は、21時ごろ。 夜風が涼しくて驚き!


基本的には、往復ともガルーダ航空に乗るツアーです。
我々は手配がギリギリで、復路だけ Lion Air になってしまいましたが、
ウェンディーツアーさんのご対応は、迅速かつ丁寧でとても好感が持てました♪

あ、 KITAS 割引き がありますので、
インドネシアご在住でお持ちの方は申し出て下さいね〜。




ジョグジャの空港で日本語ガイドさんと落ち合い、

sDSCN4426.jpg
プライベートツアー感覚の車で、ホテル (ハイアットリージェンシー) へ。


↑ 他の団体さんと混ざることなく、
終始、我々の組だけで観光させてもらえる専属ガイド&車で、そこも大満足◎


ボロブドゥール遺跡公園内に位置するマノハラホテル
は、すでに予約の段階で満室だったので、
ハイアットリージェンシーに相成りましたが、さすがのリゾート感いっぱい☆




チェックインが夜の 10時で、
翌朝 AM 4時 には、朝日鑑賞ツアーのお迎えが来ますから、
あとはもうとにかく、さっさと就寝!! (笑)




sDSCN4430.jpg
AM 4:40 頃には、ボロブドゥール遺跡公園の入口・受付に到着。


ここでガイドさんから、チケットや足元を巻く布、
あとは 懐中電灯 を手渡されて、



sDSCN4432.jpg
いざ! まだ暗い公園歩きに出発☆




あぁ・・・


蜜が、こんな夜明け前に 起きて外出 だなんて…!



この時間まで飲んでる とか、
帰る ことは、しょっちゅうあっても  ( … どこから?w)



sDSCN4434.jpg

未明から 出かける なんて。。



ゴルフの時にしか発揮しない力よ!
偉業よ!!

なんだか1日がやたら長そうで、早起きは三文の得しちゃいそうよっ黒ハート





・・・なんてウキウキしているうちに、もう、


sDSCN4441.jpg
世界遺産・ボロブドゥール遺跡が、目の前に。



ここを登って、山の端から朝日が覗くのを待ちます。
神々しく差し込んだ力強い太陽の光 は、また次の記事にてご紹介♪



今回のブログ、、
不必要な導入部分が全体の 2/3 を占めてる、
いつもに増してムダの多い構成で、誠に申し訳ございません (笑)






↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  a_03.gif
(近ごろの日本のテレビってば秀逸なのね。。。)

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
バナー画像は妖しすぎ ですが、 真面目なジャカルタ情報ページ が開きますのでご安心を!w
 



posted by 蜜 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅>ジョグジャカルタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

ハードすぎて喘ぎが止まらぬ週末

 


s300c-_1030151.jpg   『 ハァハァしてる? 』
   



してます。。。。
   




毎晩・・・  どころか、 朝まで。
 

それでも飽き足らず、 昼下がり にだって、
 


ベッドでも、 お風呂でも、 玄関でも、 キッチンでも、




喘いでいます。
 



もう… とにかく立て続けに、息も絶え絶え、喘ぎまくってる日々です黒ハート
                                  
                                  
                                  
                                  



sseki.jpg  気管支炎? を、ひどくしてて。。



咳が止まらず、ハァハァしちゃう。
ワルい隠し事なんて何ひとつ無くっても、胸が痛むのは何故なのかしら?


あ、一応ちゃんと病院には行ってるんですけどね。
それでも、ここ2ヶ月治まらない・・・





と、そんな体調の中で、

sm_room1408.jpg
先週金曜の夜から、日本に住む友人がインドネシアまで遊びに来てくれたので、部屋の大掃除を☆



ウチにお泊めするには、
ほぼ物置・其の一と化していた、使っていないベッドルームを片付けねばならず。
寝具を洗って干して、整理整頓して、飾りつけて・・・


で、こうなると一気に全体をキレイにしないと気が済まないタチなので、
玄関もリビングもバスルームも、すべて美しく!!



徹夜 でですよ、えぇ (苦笑)   ← 普段からやっとけ! なんて叱っちゃイヤン♪





そうやって、ちょっと無理をしたら、
もともとコンコンやってた咳が、なんだかさらに悪化してたらーっ(汗)


それでも、よく体を休めるヒマもないまま、


swendy_trip1.jpg
慌ただしく手配した、ジョグジャカルタ観光 1泊2日ツアーに参加すべく、



あちらのホテルに、 夜 22時ごろ到着 する便に乗り、



sYogyakarta1.jpg
初めての、ジョグジャカルタへ〜♪



そして、なんとかシャワーを浴びて早々にベッドに入っても、
睡眠時間3時間 ほどで、
朝 4時には、もうホテルを出発せねばならずたらーっ(汗)




… なんで、こんなハードスケジュールな旅になっているのか? というと、




sYogyakarta2.jpg

ボロブドゥール遺跡の サンライズ鑑賞 プランだから☆



世界遺産の遺跡から眺める、力強い光を放つ朝日。
それはそれは神々しく美しくて、とっても感動 しましたが、それは次記事にて。





そのまま日曜日は、長い1日ずっとジョグジャ観光して、
体力を使い果たしたら、 だんだん気管支が痛んで息苦しくなってきた (涙)


… ものの、また夜の便でジャカルタへ舞い戻ったら、


sDSCN4686.jpg  深夜 2時 まで、積もるハナシは尽きなくて。



そうして、 明け方 5時 には出て行く友人を、空港までのタクシーに乗せ、
お見送りしたら・・・



もう、その後は死んだw



力尽きてしまい、とてもブログもメールも書けず orz
でも、咳とのどの薬を握り締めながら、
昨日ようやく休んだら、今日はだいぶ回復しましたので、ご心配なく☆

まだハァハァしてるけど…



今週も元気に飲まねばなりませんので♪ (笑)  倒れている余裕はないのでーす黒ハート






↓「イイネ!」 の代わりに、バナー画像をポチッと お願いします☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ  a_03.gif
最近ブログ更新が滞りがちですが、ここからまた頑張ります♪

↑ブログランキングの応援に、1日1クリック して下さると励みになります♪
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。
 


posted by 蜜 at 12:42| Comment(6) | TrackBack(0) | ジャカルタ生活>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする