2018年07月19日

ナカはまだ勇気が出ないの、、 お願いソトで。 夜の 「和バル」

 


sIMG_0059.jpg



ナカは・・・  ダメぇ!
    



ソトに出して、お願い。
   

このまま、もう少し。
だって踏ん切りがつかないんだもの。。 こわいの。

ナカはナカで、きっともっと気持ちいいんだろうなぁ… って妄想はする。
だけど、不安もやっぱり大きいの。
ソトならではの気ままさ が蜜を解き放して、快楽がクセになってる。
                                       
                                       
                                       

だからまだ、ほんのしばらくは、

ソト (外国) に出しといて もらえませんか?


※ 念のため断っておきますけど、トップ画像のは 【 疑似 】 ですからね!
  クリームとか白っぽいジェルとかですよ。 最近うるさい方もいらっしゃる んでね、一応w




ってことを、

shanghai32_20080630.jpg
ひしひし考えるようになった、今年7月。


海外生活10年目 突入。。



嗚呼ww


2009年6月30日の夜 に、片道切符を手に乗り込んだ上海行きの便。
蜜は忘れることはありません。
自分が思い描いていた人生設計にはあり得なかった 【 海外暮らし 】 の幕開け。

そして、それから時を経て横滑りとなる、
またもや想像だにしなかった、今度はジャカルタ・・・ (笑)


そのジャカルタでさえ、
自らの意思で好きで選んで少し長く残って過ごした 上海での 「 4年半 」
の長さを、 今月 ついに超えることとなった、感慨。



sIMG_0088.jpg
奇しくも、一時帰国していた日本からジャカルタへ戻ったこの日も 6月30日。


ちょうど丸9年後 の、同日の夜という既視感。



10年目を迎えるほど海外に長くいる予感も別に無かったけれど、
ここまで来る間には、
本帰国のことを考えなければならない局面もまたあった。

何かと便利な ナカ (日本) は、そりゃあ居心地よさそうだとは思う
半面、9年も離れてどう生きれば再適応していけるのだろうかと不安になる。
いつかは帰るのだ。 帰ったら帰ったで、どうにかする。

それは覚悟してるのだけど、
でも、その 「 いつか 」 は、まだ今すぐじゃありませんように…



もうちょっとだけ、ソトにいたいと願った10年目。
あと少し先延ばしにして、ソトでの日々を丁寧に過ごしたい。
ソトだからこそ生まれる貴重な人間関係を大切にしたい。


9年間で慣れたソトが、蜜にはとても生きやすい。




**********



そんな10年目の幕開け、今月2日 月曜からさぁ早速!!

sIMG_0038.jpg
馴染みの方と飲みに行けちゃう、この不自由の無さが 黒ハート


sIMG_0046a.jpg
もうたまらなく幸せなのねん♪ 蜜の生活は今やここにあると実感する瞬間なのねん♪



かねてより訪れたいと思っていた、

sIMG_0056.jpg
Pakubuwono の Veranda Hotel にある、 「和バル Wabaru Tsuki No Fune」 へ。


なにやらランチは量が多くてお得? なので人気らしいとの噂もあるけど、
よ… 夜はそれほど混んでない… (月曜だから?w)

メニューはかなり豊富で、しかもどれも迷っちゃうほど魅力的ぴかぴか(新しい)
お値段はマチマチ。 食材によって、それなりかな?


sIMG_0042.jpg sIMG_0043.jpg
マグロのたたきタルタル (的な一品) は高かったけど、鉄鍋餃子は Rp50,000 前後〜とか


すみません。。
ご馳走して頂いてるため明確な価格も不明だし、メニュー名すらあやふやw

ですが、 このマグロめちゃ美味っ黒ハート黒ハート

一切れのカットも贅沢に分厚いんですよ〜〜!
それなのに、口に入れた途端、
溶けちゃう!! どうしよ?! みたいな悶絶級の嬉しい驚きが♪



sIMG_0039.jpg
見た目にも楽しい、演出まで施されたメニューなどもあり、食べ応えを感じられるのも◎


sIMG_0040.jpg
溶岩プレートに乗せて自分で焼くこのお肉も、柔らかくってジューシー♪


かと思えば、こんなジャンキーな一面もあって、

sIMG_0044.jpg sIMG_0045.jpg
スパイシーカルボナーラ焼きそば(?) 的な名前の一品。 パンチのある味で飽きない☆


sIMG_0041.jpg
キノコ たっぷりの、この チーズが溢れ出る オムレツも、トロットロ なの黒ハート


↑ あぁ・・・ こういうのホント大好き (笑)

とにかく、おおよそ何を食べても全部おいしくて!!
日本から戻ってきたばかりでジャカルタで和食、なのにちっとも遜色なし。



となれば、当然お酒も進むわけで、、

sIMG_0080.jpg
この夜は、蜜が材料を持ち込んで 【 特製モヒート 】 を振舞ってましたw


お相手がキンミヤ焼酎を好きな方だったので、喜んで頂きたくて。。
これ 【 金宮モヒート 】 って言いましてね、

sIMG_0052.jpg 千葉・本八幡のせんべろ系飲み屋

で出てきて感動した、新感覚☆焼酎モヒートぴかぴか(新しい)
なんですが、用意するものは
ミントの葉に、ライム (ジュルクニピス)、炭酸があればイケる
わけで、これってジャカルタでも作れるよね? みたいな。



sIMG_9868.jpg
金宮さえお手元にあったら、お手製モヒート ぜひおためしあれ♪


ちなみに、コレね・・・黒ハート

1. 砕いたミントの葉を、さらに手の平で パンパン と叩き潰して 挿れる
2. じゅるじゅる ジュルクニピスをいっぱい絞り取って、皮ごと 挿れる



のが 美味しく仕上げるポイント なんですが、
こんなことをやっていると、


ssigawah_201807.jpg ちょっとくらいは目指してみたかった井〇遥

の、お酒を作る姿に気品漂う色っぽさからは

遠のく一方 なのがタマにキズです。

※ 少しはマネしてみたかったんだね、蜜。。。



**********



そんなわけで、
蜜の ソト出し10年目 がいよいよ始まりました☆

先日は、

sIMG_0090.jpg
KITAS 手続きのためシンガポールを往復。 これで1つの区切り(5年問題)もクリアw

… しちゃったもんで、もしかしたらこの先もまだまだ長い?!
かも分かりませんよねー。
なんて、クラークキーで飲みながら期待した。



思えば、海外生活という一大転機を境にブログ開設してからも、丸9年。
最近は細々としかアップできなくなり、
(そろそろ潮時かな。。) と閉じてしまおうか悩んだりすることも。


けれど日々、お会いする方々からや、メッセージ等で
『 ずっと楽しく読んでました 』 とか 『 近ごろ更新が少ないので残念だ 』
なんてお声を光栄ながら頂ける時が多くあると
やっぱりすごく嬉しくて。

やめるのは惜しくなってしまうから、少しずつでも書き溜める。


そんなことの繰り返しですが、本当に
蜜は、たくさん優しく周りに支えてもらえて幸せにソトで生きられてる
って、いつも心から感じます。

ありがたい…

10年目も、どうかお付き合いよろしくお願いします♪






↓「もっとブログ上げなさいよ」 の応援代わりにw バナー画像をポチッと!
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
昔の、ビールCMの健康美も。 今のハイボールCMの艶っぽさも。 永遠の憧れ…

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■和バル Wabaru Tsuki No Fune■
Veranda Hotel GF
Jl. Kyai Maja No.63, Pakubuwono, Gandaria, Jakarta
Reservations: 021-7391-0038/0039

 






posted by 蜜 at 17:44| Comment(0) | レストラン & バー>和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

ごめんなさい、その舌じゃイケない・・・  「魚魚魚 GYO GYO GYO」

 


舌… で感じる悦びが、オンナにだって ある。
  


sIMG_9016.jpg



温かく厚みのある "舌” の感触は、
目を閉じてじっくりと味わいたいくらいに、大切なの。
 
まるで飢えたカラダに沁みわたるような、愉悦のはじまりの合図。
 
それが素晴らしいものであればあるほど、
秘めていた欲がじわじわと昂ぶり、その後への期待でいっそう潤って、
めくるめく恍惚に身をゆだねたくなるものなの。。
                                           
                                           

そ れ な の に !




sIMG_9008.jpg

何なのよ、コレは。。。



"舌” ・・・・
そう、タンですよ。 牛の舌!!  ※ 牛以外のは、今はひとまず割愛


牛タンって、焼肉とかでは大体まず最初に焼きますよね?
もしそれが 厚みのある立派な "舌” だったら、
繊細な塩の味わいと共に、もぉ〜〜 目を閉じてじっくりと噛みしめたいし、

(お腹を空かせて) 飢えたカラダに 旨みが 沁みわたって、
いっそう 秘めていた 欲がじわじわと昂ぶり、
その次に焼くお肉への 期待でいっそう潤って (口の中が)

焼肉サイコー! 的な めくるめく恍惚に身をゆだねたくなる。。


・・・というほど、蜜にとっての "舌” (牛タン) は大切な位置づけ☆
つまり、いわば前戯黒ハート  ※ ね、大事でしょ?w




確かに、ここは焼肉屋さんではない。

sgyogyogyo1a.jpg
最近、タケノコ病院 (スディルマン) の地下に新しい居酒屋ができた、と聞いて。


夜に伺ってみました、 「魚魚魚 GYO GYO GYO」

… ってお名前なくらいだから、
焼肉屋どころかお肉よりもむしろ お魚がウリのお店 なんでしょうけどw


sgyogyogyo2.jpg sgyogyogyo3.jpg
木材が基調の内装は清潔感いっぱい◎ カウンターとお座敷、奥にはテーブル席の個室完備。


様々なシチュエーションでの使い勝手がとても良さそう。
厨房には日本人も (今は) いらして、安心感もある。 ※ 2018年4月時点


・・・だからこそ、もしかしたら、
蜜の抱いた期待値が少し大きすぎてしまったのかもしれない。


sIMG_9007a.jpg
先ほどの "舌” のお話。。  牛タン味噌漬け(Rp60,000)  


まずだ。 そもそもコレをオーダーしたわけではなくて、


厚切り牛タン (Rp80,000) を頼む
 ↓
牛タンシチュー? なるものが来る (価格不明)
 ↓
注文間違いなどはあるあるなので気にならず。作り直してもらう
 ↓
牛タン味噌漬け が届く…
 ↓
これも違うよ、と返すと 『 今はもうこれしか出来ない 』 と言われるたらーっ(汗)
 ↓
仕方なく、牛タン味噌漬けを頂く
 ↓
食感が。。。。。。。


と、明らかに
流れからして不利な状況 の中で、

こんなモソモソとした弾力のない、
成型肉を疑うような歯ざわりの牛タンもどき? しかもなんか冷たい…


なる代物を望んでもいないのに口にすることとなれば、
どーーーにも気分は盛り上がらなくて。。


まるで手際の悪いヘタクソな前戯
ごめんなさい、

そんな "舌” じゃイケないの!


※ 蜜、ゼータク言ってますよね。失礼を承知です




おい、なんだと? こちとら、

sgyogyogyo4.jpg

「魚魚魚 GYO GYO GYO」

なんだから、サカナで勝負の店 💢


なんだよっ! てことですよね?(汗)
お刺身も食べずに文句ゆーなですよね、ハイすみませんッ。




sIMG_9003.jpg


確かに、おさかな系のおつまみは
どれも美味しかったよママン。



sIMG_9001.jpg


特にね、この ↑ ビールと共に愛を込めて写したのが 炙りなめろう。
だってやばい・・・ これ 絶品 なんだもん黒ハート

なめろうは (日本で) よく頼むけど、
それが炙ってあるのなんて初めて食べた! 香ばしくて最高!!


上の写真、 ふぐの天ぷら も◎
こうして今からメニューを見直してみると、


sIMG_9011.jpg sIMG_9012a.jpg
種類豊富なお刺身だけでなく、 ふぐ一夜干しのから揚げ (Rp80,000) とか
キスのしそ巻きフライ (Rp52,000) なんてのもオツな感じで心惹かれるなぁ〜。。

※ こちらの2枚の画像はクリックすると拡大表示できますが、許可なしの都合で値段はあえて伏せます


「 はかたいざかや 魚魚魚 」 の名を掲げる同店で、
やはりサカナ系に関しては間違いのなさそうなお味だろうと想像します。


… ちなみに、右のメニュー写真の赤枠で囲ったところ…
「 はかたいざかや 」と銘打っておきながら
一部若干、

大阪風なメニューが見受けられる のも (゚ε゚)キニシナイ!!




sIMG_9002.jpg
お肉系でも、たとえば豚角煮とかモツ煮込みとか、このあたりは箸が進んだ♪


sIMG_9005.jpg
ハンバーグは、、ちょっと蜜の好みと違ったかな。 パテゆるくて、コクも少なめ。

↑ 似たような見た目の居酒屋ハンバーグなら、
ブロックМ 「穂の香」 のそれの方が個人的には大好物です。。



同店のお肉料理の完成度のばらつき以外にも、もう1つ、
もし望むことができるのならば、

せっかくの ジャカルタでは未だ珍しい「 はかたいざかや 」
というコンセプトなのだから、
博多 (せめて九州) に特化したメニューがもっと多ければ嬉しいのに
と思いました。  大阪っぽいラインナップとか出してないでさ…



だけどね☆
最後の〆のオタノシミとして残しておいた 期待の「 はかた 」の逸品が!!


sIMG_9006.jpg

裏切らない旨さの長浜ラーメン◎ぴかぴか(新しい)


実は入店する際、
レジ横に並べてあった長浜ラーメンのパックみたいなものが目に入った し、
もしかしたら、それをただ忠実に作った だけ なのかもしれない

けど!!!  ※ 失敬な推察でしたらご容赦ください…

求めてる味そのまますぎる長浜ラーメンで♪
そんなことでも感激できるのが、ここジャカルタじゃないですか☆
おいしい豚骨白湯に巡り会えるだけでも希少なんだから。



sIMG_9014.jpg
(パックの在庫数限り?) 『 期間限定 』 の文字が気になる・・・ お早めにご賞味あれ!



以上、

初めてカラダを合わせる男女のような気持ちで (初来店なので)
大事な前戯の "舌” の感触に、これじゃイケない! と不満を覚えたものの、
いざ営んでみると、ところどころ絶妙なツボを突いてくれて (なめろう炙りとか)

肉の具合はまだちょっと相性よくない感じだけど、
時々、あ… そこイイ… みたいな。 (モツ煮込みとか豚角煮)
そして、
フィニッシュは一気に昂らせてくれて、ふぅ満足♪ (長浜ラーメン)


蜜の 「魚魚魚 GYO GYO GYO」 の感想でしたw
たった一度絡み合っただけでは、よくわからないのもまた男女と同じ…


今度はナマ お刺身ちゃんと食べにイキます黒ハート






↓「舌もいいけど、指もどうだ?」 のつもりで バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
お願い、あなたの応援を舌でも指でもいっぱい感じたいの・・・

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■魚魚魚 GYO GYO GYO■
Sahid Sudirman Residence, LG/ 10A
Jl. Jend. Sudirman No.86, RT.10/RW.11, Jakarta
※ タケノコ病院(スディルマン)の下の階
Reservations: 021-2253-5396/2997

Instagram: https://www.instagram.com/izakayagyogyogyo/
※ お店の外観、内装のお写真は上記のインスタグラムから画像を拝借いたしました

 






posted by 蜜 at 11:30| Comment(2) | レストラン & バー>和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

オトナの EGG(水色)は夜の必需品 「Bubur Ayam Mangga Besar I」

 

ついに更新が3ヶ月ぶりとなってしまいました💦 
皆さま大変お久しぶりです。。


ブログにしばらく動きがなくても、いつもチラッと覗きにいらして下さったり、
ランキング応援 への変わらぬご協力に感謝するだけでなく、
更新が途絶えていた間に多数のメッセージを頂戴しました、その方々への
お返事もままならなかった
ご無礼を申し訳なく思っております。

様々なお声をかけて頂けることはとても嬉しく、
少しずつ返信してまいります。 お待たせして本当にごめんなさい!!
   

†・.。* +  pandaani14.gif  + *。.・†



新年くぱぁっと開けまして からも色んな出来事がゴタゴタありました・・・
一瞬血迷ってジャカルタ卒業?! なんて選択肢も浮上しかけたけど、
結局は一時帰国に落ち着いた 海外生活通算10年目。 (爆)
 

そんなこんなで日本を行ったり来たりしてると、
『 ジャカルタには無いからイイお土産になるであろう 』 と常々感じ、
男友達などに買って帰って配りたくなる、


sIMG_7825.jpg

オ ト ナ の タ マ ゴ 黒ハート



(水色) の話をしましょ☆
… ま、今さらな 定番 ですよねーっ★


このシリーズ、上海には企業進出してたんですが、
インドネシアでは難しいみたい。。 っていうか、う〜ん多分ムリ?w

規制がありますからね!
あ、だから 表向きは 個人のおみやげでも持ち込んじゃ NG ね!!
没収ね!!! なので自己責任でね♪



え、じゃあ蜜が挟んでる EGG ↑ はどうしたのって?
それはね・・・


s30118526_1640329949380319_1547670384_n.jpg

仲良くしてた駐在員♂から

本人の帰任時に大量に押し付けられた。




・・・・・。

何故っ? なにゆえ 蜜に 託していった?!
配る相手激しく間違っとるw

意図が見えないが、
蜜は残念ながら生まれつき備わった機能がすべてオンナなんで。

これじゃヒトリアソビできないのよ〜〜
いいなぁ、男の子はこんな可愛いタマゴで気持ちよくなれるんだぁ。。 とか
その快感を妄想しながらちょっとムズムズしてたら、



思い至った。




30118850_1637376259675688_1025446595_n.jpg

インドネシアにも、巷でよく見かける

【 水色 EGG 】が存在することに。




そして、コレが蜜の 夜の必需品♪ であることにも黒ハート




ただし、こちらは 『食べ物』 ね (笑)
Telur Asin = アヒルの卵の塩漬け。 よくゴルフ場の茶店でも売ってる
けど、蜜はやっぱり 夜にお世話になる ことが多いかなー。

それは、


ssDSCN0408.jpg
時折、発作のごとく定期的に ↑ このお粥をカラダが欲するから。 ※ 特に深夜



蜜は、上海時代からのクセもあり、
飲んだ後にお粥で〆たくなる晩がある。 しかも絶対おいしーやつで!

インドネシアでもブブール (お粥) 自体はポピュラーな食べ物。
ただ、蜜が求める中華がゆっぽいコクのある旨みは
あんまり望めない。 唯一、 Bubur KWANG TUNG のくらいかな。


・・・と、半ば諦めてもいた。


ssDSCN9992a.jpg
「Bubur Ayam Mangga Besar I」

    ここに1年半ほど前に連れてきてもらうまでは。



… とかなんとか倒置法?っぽくカッコつけて思わせぶりに書いてっけど、
1年半も ネタあっためてたんかい!
っちゅーね。。 もっと早くブログに上げなさいよたらーっ(汗)



s28233430_1587899664623348_936265343_n2.jpg s28233430_1587899664623348_936265343_n.jpg
それまでの間に、蜜はいったい幾多このお店を訪れたことだろう… ※ 途中、改装も経験w


その改装により、
お手洗いはめでたく男女も分かれ、だいーぶ綺麗になった (ありがたい)
ものの、まぁご覧のとおり中華系ローカルな店構え。

メニュー表なるものは一切なし。
注文も取りに来てくれません。 自分で入口の外にある調理場へ
口頭だけでオーダー & インドネシア語オンリー


しかも同店は、お粥もさることながら、

30180682_1641334699279844_523842541_n.jpg
一番のウリは、 鶏を1匹まるごと捌いていろんな部位の味を愉しむ


それが醍醐味って場所なもんで・・・
砂肝だの腸だのといった臓物系の単語、専門用語での注文が要るので、
初心者には か な り ハードルが高い (´・ω・`)ショボーン



けど!!!
↓ この道具さえあれば心配ないさ、のび太くんぴかぴか(新しい)


s28308210_1587897751290206_930676623_n.jpg s28313238_1587898021290179_2066879161_n.jpg
インドネシア語うまい人から教えを請うたメモ (左) を元に、蜜が作成したカンペ (右)
※ 不必要なこと甚だしいかもしれませんが、一応、上の2枚の画像はクリックすると拡大表示します…



右の、赤線をひいた数字のところだけ人数に応じて値を変えて、
カンペのまま読み上げれば、あとはおおよそ、


s30174116_1637386246341356_429003116_o.jpg

このように盛り付けられて。


新鮮でおいしい鶏のお肉を、丸ごと堪能できちゃう☆
そりゃもうカンペとか用意してる恥ずかしさとか吹き飛んでしまうほどの素晴らしさで!



あ、上の写真のは
カンペの @ (Ayam Rebus) C(水色 EGG! 笑) の組み合わせね。

C については後ほど語りますがw
@ の、脂の乗ったツヤツヤの鶏皮にプリップリの身、
臭みを感じない腸、コリコリと歯ごたえの良い砂肝とハツ・・・

どれも秀逸なお味!!



これらのお肉の上には、いつも調理場を見ていると

ssDSCN9996.jpg
2種類の、隠し味の調味油?なるものを必ず振りかけているのですが


↑ この仕上げがまたぴかぴか(新しい)  旨みを際立たせているのよねーっ。
食べた感じは、ゴマ油とニンニクを利かせたような、、
あとはたぶん企業秘密でしょうw


そこに更に、

s28275434_1587899627956685_795494674_o1.jpg  チャベ(唐辛子)& ケチャップアシン(醤油的な?)

が各テーブルに無造作に置かれるので、これに漬けて口へ運ぶと…

あぁ、その美味たるや 悶 絶 級 !!!




s28236452_1587899661290015_573373348_n.jpg  無限ビールいけちゃいそう☆★
※ 同店には、ビールだけはあります。 ただし、だいたい冷えが甘い。



ちなみに、ですが個人的な好みを言うと、

s28309933_1587899654623349_2000320896_o.jpg  カンペA (Ayam Panggang)

は、うーんタレがちょっと。。。
せっかくの鶏肉の素材の風味が消されちゃう感じで、蜜はやや苦手たらーっ(汗)



ssDSCN9999.jpg  カンペD (Nasi Hainan)

こちらは、まぁ一般的な海南ライスってことで、
@ (Ayam Rebus) を乗っけて食べたらもう間違いないでしょ◎




だ け ど ね 。



折角このお店を訪れたのなら、どーーしても選びたいのは
B (Bubur Ikan Asin)  ※ サイズ大/小あり
なんですよ…

だって、店名からして 「Bubur Ayam Mangga Besar I」 。
あんなに捌きたての鶏肉プレートが主役っぽいのに、看板は お粥 なの。
それに深夜に立ち寄ると、鶏はハビスでもお粥だけはちゃんとある。



そして、その大事なお粥の魅力を最大限に引き出すのに
これ以上ないアシストをしてくれるのが、

sDSCN0406a.jpg
オトナの EGG(水色)にどことなく似た、塩漬けされてるアヒルの EGG 黒ハート


・・・うん、
やっぱり、そういうものなのね。

ああいう 粘っこくて重い白く濁ったドロドロ の魅力 引き 出す には、
何かしら刺激となるようなタマゴなどを添えてみる のが
快楽へと導かれるセオリーなのよねっ♪



s30232433_1637386223008025_1018779575_o1.jpg
細かい 【 ご使用方法 】 については、多少の違いはあるでしょうけどw



そのまま口に入れたらしょっぱすぎる塩辛いアヒルのタマゴを、
そのままでも旨みたっぷりなお粥に加えて、ほぐしながら混ぜて食べると

昇 天 ぴかぴか(新しい)

しそうなほどの美味になるのがもう堪らず、
“ 深夜粥 ” の必需品としてカラダが求めてしまう蜜のそれは、

オトナのタマゴにお世話になる殿方の欲と、あるいは同じなのかもしれない。






↓「同じわけないだろ!」 の代わりに(笑) バナー画像をポチッと お願い♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ジャカルタ情報へ   
えぇ〜〜だって蜜、羨ましいんだもん。。 気持ちよさそーって想像するしかないんだもん!

↑1日1クリック ブログランキング応援 を頂けると励みになります☆
役立つジャカルタ情報ページ が開きますのでご参照を。



*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*:..:*
■Bubur Ayam Mangga Besar I■
Jl. Mangga Besar 1 No.46A, Jakarta
Reservations: 021-6280-474
OPEN: 10:30〜14:30 / 17:00〜0:30

※ 基本的に 席の予約は不可 な上に だいたい混雑 しているので、
  特に夕食時は並ぶのを覚悟か、早めに集まれる人だけで先に始めるのが無難です…